※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このことは多分、誰も知らない。

中3になって、親友が学校に来なくなりました。
理由は、家庭の事情ってやつです。
学校ではいつも、その子と一緒にふたりでいました。
だから、その子がいなくなったことは、非常に大きなダメージでした。
表面的には明るく振舞っていたけど、笑顔は確実に減っていきました。
毎日が暗く、まるで深海で一人ポツリと泳いでいるようでした。
何かにかけて、自分は一人なんだと嘆き、密かに泣きました。
ボンヤリと日々が過ぎていきました。
そして、とうとうおかしくなりました。
ブレーキが壊れるような。雪の重みに耐え切れなくなった屋根が、突然潰れるような。
ふっと自分が壊れました。
薬をたくさん飲みました。ポケットにあった薬を全部。
フラフラになって、学校を早退して。
もう目の前は真っ暗に、絶望になりました。

何を大袈裟な、と思うでしょう。
でも、その子の存在はそれくらい大きなものでした。
私が壊れても、世界は回ります。時は進みます。

ある日、大きな光を見つけました。
黒く、暗く染まっていく私には眩しすぎる光でした。
目を瞑り、身を小さく閉ざしても、その光は見えました。
周りに、「必要以上に構うな」というオーラを出していたのに、その光は、彼は、
無遠慮に近づいてきました。
彼は、ニコニコと私にいたずらを仕掛けて、それに引っかかるとケラケラと笑いました。
私のちょっとした趣味に合わせてくれ、楽しそうにしてくれました。
この人のようになりたいと、微かに思い始めました。

彼は、自分の趣味を教えてくれました。
そして私を誘ってくれました。その話をする彼は、とても生き生きとしていました。
彼の趣味が、私の趣味にもなりました。
話が合うと嬉しくて、もっとたくさん知りたいと努力しました。
彼のような人になりたいと、努力しました。

気づいたら、笑顔が増えていました。

親友を忘れたわけではありません。
今でも大好きです。
ただ、その子への依存を解きました。

深海から引っ張り上げてくれて、
クラスから浮かずに済んだのは、
彼のおかげです。
彼もまた、私を助けたなんて、微塵も感じていないでしょう。

だからこれは、
誰も知らない、私だけの話。
だけど、知ってほしい気持ちもあります。そしてお礼を言って、伝えたい。



ありがとう。