※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

やすうらハウスをぐぐてみたら


やすうらハウスについて面白い記事がありました。
「ばとこいあ通信」といって、フォークソング同好の人たちの会報PDFのようです。

http://www9.plala.or.jp/batokoia/pdf/13th.pdf

そのなかに、10ページ目
『軍都マーチ 2003.6.16』
という一文がありまして、軍都横須賀ならではの歌の歴史とオリジナルソングの歌詞が紹介されています。

(以下 引用)


軍艦マーチはパチンコ屋さんの音楽として今や定着している。 おかしな歌、変な歌、そして横須賀の雑踏の自衛官がセーラー服で闊歩する中で歌うと実にこの街によく合う歌です。 

(中略)


東京 東雲楼の娼妓のストライキ(実は廃業届をだして救世軍に駆け込む)


同じ頃横須賀の柏木田遊郭でも同じような事件がおこっていた。 

一方安浦かいがさく という新興の遊郭はいわば国(軍部)の後押しでつくられた遊郭でありました。かいがさくという地名はみんなで作った町と言う意味であったそうです。 


安浦にはいまだに売春地帯があり、ここは小泉潤一郎の自宅の裏にあります。 彼が総理大臣になった後でまさかの取り締まり強化で風俗店が営業できなくなリ倒産。店主が焼身自殺し店の下にあった運送屋が消防の水をかぶって飛んだとばっちりとは私の会社のことです。




写真説明は
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/165938/


軍都マーチ (歌詞)



ごみをあさって生きてきた 

アメリカ基地の残飯や 米兵のばら撒く
チョコレート 

パンパンガールやシューシャイン 

軍都の歴史はいつまでつづく 

軍都の歴史はもうたくさんだ


幕末横須賀製鉄所 

日清日露の戦役や 大陸侵略そのたびに 

犠牲を払って生きてきた 

軍都の歴史はいつまでつづく 

軍都の歴史はもういやだ



震災復興の名を借りて 

安浦埋め立てバラックに

88軒誘致して 

貧しい娘を買い集め 

軍都の歴史はいつまでつづく 

軍都の歴史はもういやだ 



かしわぎだ  やすうら  かいがさく 

さんざん流れた女の涙 

戦に負けたそのあとまでも 

GIならんだ安浦ハウス


軍都の歴史は奴隷の歴史 

軍都の歴史はもういやだ



非核の三原則を踏みにじり 

平気な顔で出撃し 

付き従えと自衛隊 

付き従いし護衛艦 

軍都の歴史はいつまでつづく 

軍都の歴史はもういやだ 



強制連行外国人 

借金背負った日本人 

闇に沈んだ女の涙 

暗い歴史のその上を 

プラスチックで飾り立て 

コンクリートで蓋をして 

その町の名は 平和都市横須賀 



守るも攻むるもくろがねの  浮べる城ぞたのみなる 

うかべる此城日の本の  皇国の四方を守るべし 

真金のその船日の本に 

仇なすくにを攻めよかし



以上引用おわり


また

さよならメリーさん
http://www.k2.dion.ne.jp/~dambala/top/merry.html


第5章 横須賀

http://www.k2.dion.ne.jp/~dambala/top/c-5.pdf

には、



●三大遊郭の興亡
 明治時代より軍都として栄えた横須賀には柏木田、安浦、皆ヶ作(かいがさく)の三大遊郭が男たちの欲望に応えて
きた(柏木田は公娼地、安浦と皆ヶ作は私娼地/岡場所 *注1)。横須賀に進駐した米兵たちも三大遊郭に頻繁に出
入りしていたといわれている。横須賀の花街も元はといえば、神戸同様、外国人のためにつくられたのが始まりだ。

 

(以上 ホンの一部引用)