※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビルマ・ミッチナの従軍慰安婦の尋問調書(その1-2)


ビルマ・ミッチナの従軍慰安婦の尋問調書(その1-1)のつづき

文書A
ATIS Research Reports No. 120 Amenities in the Japanese Armed Force, Nov. 15, 1945,
連合軍通訳翻訳部(ATIS)調査報告第120号 日本軍における各種アメニティー 1945年11月15日
の b. BURMA  の項

のつづきです。小見出しは私がつけたものです。



【“雇用”の実態】
“Every “comfort girl” was employed on the following contract conditions. She received fifty percent of her own gross taking and was provided with free passage, free food and free medical treatment. The passage and medical treatment were provided by the Army authorities, the food was purchased by the brothel owner with the assistance of the Army supply depots.

The owners made other profits by selling clothing, necessities and luxuries to the girls at exorbitant charges. When a girl is able to repay the sum of money paid to her family, plus interest, she should be provided with a free return passage to KOREA, and then considered free. But owning to war conditions, no one of prisoner of war’s group had so far been allowed to leave; although in June 1943, 15 Army Headquarters had arranged to return home those girls who were free from debt, and one girl who fulfilled these conditions and wished to return was easily persuaded to remain.
「慰安婦」はみな、次のような契約条件で雇用されていた。慰安婦は自分の水揚げの50%を受け取り、無料の通行、無料の食事、および無料の治療が与えられる。通行と治療は陸軍当局が提供し、食糧は、陸軍の酒保の支援を受け、売春宿経営者(以下「楼主」)が購入する。

楼主たちは、衣類、生活必需品、および贅沢品を女性たちに法外な値段で売り、そこからも利益を得ていた。家族にたいして支払われた合計金額とその利子を返済したときは、女性たちには朝鮮までの無料帰国通行券が与えられ、その後の身分は自由ということになっていた。しかし戦況悪化のために、捕虜(楼主)の慰安婦たちの中には、帰国を許可された者はいなかった。1943年に、第15師団司令部が借金がなくなった女性は帰郷させようと措置したのだが、これらの条件を満たして帰国を希望した1名の慰安婦は、即座に、留まるよう説得されてしまった。

【収入と支出】
“In prisoner of war’s house, the maximum gross takings of a girl were around 1500 yen per month, the minimum around 300 yen per month, or by rule of the house, the girl had to pay to the brothel owner a minimum of 150 yen per month.
捕虜(楼主)の慰安所では、慰安婦の一人の最高総売上は1ヶ月あたり1500円前後、最低総売上は1ヶ月あたり300円前後であった。けれどもこの慰安所の規定により、女性は最低でも1ヶ月あたり150円を慰安所の楼主に支払わなくてはならなかった。 


【料金と時間帯】
“The scale of charges and time-table was fixed by instructions from the regiment, the time-table being so contrived that officers, noncommissioned officers and men would not meet each other at the same time. The schedule was strictly adhered to: and noncommissioned officers and men were supposed to visit the brothel only once weekly, officers as often as they wished. Payment was made on a ticket system, the girl retaining the ticket, which was of cardboard about two inches square, bearing the name of the house, the regimental seal, and the price of the ticket. In prisoner of war's house the schedule was originally laid down as follows:
Soldiers 1000-1500 hours charge 1.50 yen
Noncommissioned officers
1500-1700 hours charge 3 yen
Officers 2100-2359 hours charge 5 yen
Officers 2359 morning charge 20 yen
料金と時間帯は軍の指導で決められていた。時間帯は非常に巧妙に練られており、将校、下士官、および兵卒、同じ時間帯に違う階級が顔を合わせることはなかった。スケジュールは厳格に順守されていた。下士官と兵卒は週1回しか売春宿に行くことができないものとされた一方で、将校は望むだけ行くことができた。支払いは(前払い)チケット方式であり、女性がチケットを持っていた。チケットは2インチ四方の厚紙で、慰安所の名前、師団の印、およびチケットの料金が書かれていた。捕虜(楼主)の慰安所では、当初、以下のようなスケジュールが定められていた。

  兵卒    10:00~15:00  料金   1円50銭
  下士官   15:00~17:00   料金   3円
  将校    21:00~23:59  料金   5円
  将校    23:59~朝     料金  20円


【丸山大佐の命令で変更】
“But on orders of Colonel MARUYAMA, the charge were later reduced as follows, the time-table remaining as before
Soldiers 1.50 yen
Noncommissioned officers 2 yen
Officers 5 yen
Officers midnight morning 10 yen
しかし、後に、丸山大佐の命令で、時間帯は以前のまま、料金は以下のように減額された。

  兵卒    10:00~15:00  料金   1円50銭
  下士官   15:00~17:00   料金   2円
  将校    21:00~23:59  料金   5円
  将校    23:59~朝     料金  10円 


※)丸山大佐については後述します。


【慰安所の監視監督】
“The house was controlled by 114 Infantry Regiment, Captain NAGASUE of regimental headquarters being the liaison officer in charge. Usually two men of regimental headquarters were detailed to the house for the purpose of identification of those frequenting the brothel, although men of other regiments were permitted to visit the brothel if they happened to be in a party of 114 Infantry Regiment men. A military policeman was also on patrol duty at the house. The daily attendance at prisoner of war's house was 80 to 90 noncommissioned officers and men and 10 to 15 officers.
この慰安所は、歩兵第114連隊が管理しており、連隊司令部の永末大尉が連絡将校の任に就いた。常時、慰安所常連客を誰何人定するために連隊司令部より2名が慰安所に派遣されていた。他の連隊の兵士であっても、歩兵第114連隊と共同作戦を組んだときには、その兵士が慰安所を訪れることは許可されていた。また、憲兵1名も慰安所の巡回任務に就いていた。捕虜の慰安所における1日あたりの来所者数は、下士官および兵卒が80~90名、将校が10~15名であった。

【酒類】
“In the brothels, liquors (local variety) were sold freely to the men, but the military police personnel took care that there was no excessive drunkenness or quarrels. If in spite of this control a man drank too much, the military policeman usually took him out of the house. Occasionally quarrels also broke out and were similarly suppressed.
慰安所では、酒類(地元産)は制限なしに利用者に販売されていたが、過度の酔っ払いや喧嘩がないよう憲兵が目を配っていた。この取締りにも関わらず、飲み過ぎる者が出た場合、憲兵はその者を慰安所からつまみ出すことが常であった。喧嘩も起きたが、同様に鎮圧された。

(つづく)