※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バカとノートと機関銃  ◆m8iVFhkTec




  "Everything that can possibly go wrong will go wrong."
「不都合を生じる可能性があるものは、いずれ必ず不都合を生じる」

1990年代前半に広く流行した経験則「マーフィーの法則」における表現の一つである
物事がうまくいかなくなる可能性は常にあり、それは重要なタイミングに限って起きやすいものだという事
簡潔な例を挙げれば、
「高価なカーペットを敷いてる時に限って、トーストを落とした時にバターが塗った面が下に落ちる」
と言えば理解していただけるはずだ
もっとも、これはただ単にそのような不運に見舞われた印象が強く残るだけであり、実際の確率に左右される訳ではないのだけれども

だが、正直今の僕の状況はまさにその法則に当てはまってしまったようだ
かつて僕は、これほどまでに計画倒れしたことがあっただろうか?
いいや、ここまでひどい結果になる事はなかった。しかも最悪のタイミングで…
では、ここまでの僕の経緯を順を追って説明しようか




僕の名前は夜神月…、数年前に死神のノートと出会い、
この力を使い、「キラ」として善良な心を持つ人々だけが住む世界を創ろうとしていた
かつて幾多の危機に陥ったが、自身の知力と計算を駆使して乗り越えてきた
そしてついに、僕の考えを悪と決めつけ、反逆を行った探偵「L」を葬った
そう、敵を殲滅させた今、これから本当の新世界を創り上げるという、まさに『これからがいい所』だった


そんな時に僕は、どこぞのキチガイによって「殺し合い」に巻き込まれてしまった


「…リューク、いないのか?」

死神の名前を呼ぶが、返事がない。デスノートも持っていない。主催者に奪われたのだろう
言わば今の僕は普通の一般人と同じ状態。他の人間と全く対等な条件にされているようだ

無論、僕の信念はこの程度の不都合で挫折する程脆くはない
このような自体になった時、自身がどうすべきなのかは既にわかっている

―――この『殺し合いからの脱出を図る』。これに尽きるだろう

まず、僕のような一般人がまともに人を殺して回ったとしても、戦闘のプロと鉢合わせたらそこで敗北するのは必然
単体で負けるのならば数を集めればいい。同じ考えを持つ者同士で固まれば、少数派にならざるを得ない殺人鬼相手に優位に立てるのだ
ではそのチームの目的は何か? 主催者打倒? いいや、首輪がかけられている以上、そのような余計な反逆心は自らの命を縮めるだけだ
それを踏まえ、並外れた知力、そしてカリスマ性のある僕が「脱出」の目的を掲げ、それに賛同する参加者を味方につければ安全性を確保することが出来る
中には無理やり主催者に立ち向かおうとする無謀物や、低脳がゆえで足を引っ張る役立たずも出てくるだろう
そういう輩を排除し、同じ考えを持ち尚且つ有能なメンバーのみで構成すればチームの生存率は飛躍的に上昇する
そして脱出に関してだが、主催者とて完璧な人間ではない、これだけ大がかりな舞台を使うからには必ずどこかに穴が生じるはずだ
僕ならばそれを探しだし、網の目を抜けることも不可能ではないだろう…、いいや、可能にしてみせる!


ここは病室、いくつものカーテンで仕切られたベッド、シンプルな間取り、窓の景色から見ておそらく3階くらいの高さだ
まずは自分に支給された武器を確認することにした
拳銃や鈍器など、経験のない僕でも扱えるような武器が入っているのならば申し分ない
仮に扱えないような武器―――例えば技術が必要なライフル銃、重量がある鉄球など―――は、他の参加者と交換すればよい
どのような複雑な武器であろうと使い道はあるし、持ってて困るような事は無いだろう
そして僕はデイバックの中身を探った




△ ▼ ◇ ▲ ▽ ◆ △ ▼ ◇ ▲ ▽ ◆




「なるほど、僕に支給された道具は、ファービー、バカに付ける薬、そしてPDAに収録されているzip画像ファイルか…」
僕はそう呟くとデイバックの口を閉めた


―――クソッ!!やられた!!


武器の使い道がどうのこうのとか、それ以前の問題だ!
こんなジョークグッズなんか、交換取引すらお断りなレベルじゃないか!

「ボクネムーイ、オナカスイター、アーアーアーーーー」

デイバックの中からファービーの声がする。…コイツ電源は切れないのか…?
隠れていてもこいつに騒がれたら敵に位置がばれる。持ってるだけで不都合だ。最悪

月が頭を抱えていると、コツコツと廊下の方から歩く音が聞こえてきた
丸腰のため相手が殺し合いに乗っていたらアウト。だがファービーがいるためおちおち身を潜める事もかなわない
不注意なことに病室の扉も全開。もはや接触以外に選択肢は残されていなかった。慎重さが足りなかったか…

「あの、すみません…あなたもこんな殺し合いに巻き込まれたんですよね?」
「ナデナデシテー」

相手を刺激しないよう、声量を絞り、なおかついかにも善良そうな口調で話しかける
僕の存在に気づいた相手は足を止め、ゆっくりと振り向いてきた
妙に腹の立つすまし顔に、猫耳の生えた変な人型生物だった

「オー、エクスキューズミー、クールボーイ」

全身から「クールなアメリカ人」みたいな雰囲気を醸しつつ、英語で答えてきた
悪いが発音が完全に日本語だ。日本語使え

「あの、普通に話していただいて大丈夫ですよ」
「ワーオ、リアリ?」
「ナデナデシテー、ナデナデシロー」

なんだコイツ…まともに会話する気が無いのか?
いい加減な態度に苛立った月は、自分も英語で答えてみた
「Participant too? I am against killing. If you are not willing,please help me. I'm nervous because I have not a self-defense tool.
(訳:君も参加者?僕は殺し合い反対派だけどさ。君も乗ってないならちょっと助けてくれない?護身武器がないから不安なんですわ。)」
「…見栄張ってごめん、英語出来ないんだ」
「でしょうね…」
「でも、クールだったでしょう?」
「いえ別に…」
「そう…」

月は深くため息をついた。コイツ、こういう状況だと言うのにあまりにも緊張感が無い…
こういうモチベーションの違う相手と会話するとなると少々面倒だな…


彼はダディクールという名前だそうだ。お父さんなのか?
はたしてそれが本当に名前なのかは不明だが、面倒なのでそれで納得することにした

自己紹介が済んだところで、月は本題を切り出す

「支給品が全てハズレだったので、良ければ何か武器になるものを分けていただけませんか?」

ダディクールはうなずくと、デイバックからスタンガンを取り出した
月は礼を言いながら手を伸ばそうとすると、その手を制し首を横に振った
どうやら、何かと交換することが条件のようだ。そんな雰囲気を醸している

「しかし、僕の支給品はこんなのしかありませんが…」
「オロシテ!オロシテ!オロ…オオゥ、オケー」

ファービーとバカに付ける薬を取り出して並べる
zipファイルに関しては譲渡が不可能なので伏せておいた

しばし、ダディクールは二つの支給品を見つめていたが、やがて彼の右手がスッと前に出た


                                  /\___/ヽ
    (.`ヽ(`> 、                      /''''''    '''''':::::\
     `'<`ゝr'フ\.                 +  |(●),   、(●)、.:| +
  ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                 |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::|   「バカにつける薬をいただこうか」
  ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                .+ |   `-=ニ=- ' .:::::::| + .
       \_  、__,.イ\           +     \   `ニニ´  .:::/    +
        (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|  .
         ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ


                 _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
                /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
               //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
              〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
              i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
              l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
              li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
              !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   「どうぞ」
              ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                 Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                iN \.  ` ニ′/}'
                 丨   丶、  /
              ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
           _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
     /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
     |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
    ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

こうして、互いに満足の行く取引がここに成立したのであった
なんというか、思ったよりもちょろかったな
ダディクールはさっそく、バカに付ける薬を飲み始めた。もう手遅れだろ

さて…と



―――僕もさっそくスタンガンを使って、このバカに眠っててもらおうかな―――



役に立ちそうもないバカは足を引っ張るだけ
つまり、他の有能な生き残れる可能性を減らす原因になる
コイツが持つ他の支給品も、僕の方がまともに使えるだろうしね

僕はスタンガンを構え、ダディクールの隙を伺った



だがその時、廊下側の方の窓から突然荒々しい怒号が響いた

(あの女みてぇな唇のクソッタレ野郎め!!オカマ野郎のF-16の20㍉にでもファックされちまえ!!)

吐き捨てるように、聞き捨てならないような悪態がぶちまけられている
流石に無視できないため、月はスタンガンをしまい、声する方を覗いてみた

なんと、そこには一台の戦闘機が駐車場のスペースいっぱいにドンと置かれていた
あろうことかその怒号は、戦闘機から響いていた
中で誰かが大声で叫んでいるのか? いや、だとしたら外にこれほど明瞭に聞こえるはずがないのだが…
まるで脳内に直接響いているような感覚…骨伝導のようなそれに近いものだった…

戦闘機は声だけに留まらず、舌打ちをしたり、前輪を地面に叩き付けたりしていた
まるでそれは、戦闘機が意志を持って言葉を話し、地を蹴りつけているかのようだった

月が呆気に取られていると、外に出ていたファービーがあろうことか「ファッキューファッキュー!ウェハハハハ!」と鳴き出した

(あぁん! 貴様、それは俺に対して言っているのか!?)
「ばっ…このフクロウがっ!」

僕は咄嗟に3階の窓からファービーをぶん投げた
ファービーは落下中に「ドゥーウェーイ!ターノシ…ウオオォォォォ!?」などと悲鳴が聞こえた

(誰に対してファッキューと言ったんだと聞いてるんだ! 答えろこのもやし野郎!)
「ご、誤解です!それは今僕が投げたおもちゃの鳴き声で…」
「Oh!miss spell」

そこへ突然、ダディクールが割り込んできた
何がミススペルなのかわからないが、発音が流暢になっている
バカに付ける薬が効いたのだろうか…?
ダディクールは窓から顔を出して、小さく深呼吸をした
そして真っ直ぐな瞳で戦闘機を見つめ、ただ一言

「Fuck you」

それは実に完璧な発音だったといえよう
彼はファービーと戦闘機の間違った発音に対して、クールにお手本を示したのだ

直後、バラララララッと音と共に戦闘機から機銃が放たれ、ダディクールに襲いかかった
ダディークールはすかさず両手を前に伸ばし、飛んでくる銃弾を見極める…ッ!そして…


 __l__  /\ l |    /   ─‐┬‐┐ ___ __
 ┌┴┐  ‐┬‐ | |  ┌┴─┐  、 |  |  |_| ヽ /  l   |
  |三三|  | ̄| ̄|  |  |____.|   ×  |  |_|  X   |   |
 ───   ̄| ̄   |  |    |  ./  ` | __|_|  / ヽ  ヽ  |
 /  \ /\ ヽ、l  └──┘    ヽノ    l ´   `   、ノ


       /\___/ヽ        _.,.,_      
 ・    /::::::''''''   ''''''\      ///;ト,
  ∴∵・|:.,(●), ● 、(●)|     ////゙l゙l
 ・   |:::::.  ,,ノ( ,_,)ヽ、,,, |     l   .i .! |
     |:::::::. `-=ニ=- '  |     |    | .| 
     \:::.  `ニニ´  /     {   .,).,) 
      |ヽ    、 -´/7:::゛`  ̄!/   / |
     /゙i.  ) / ,.イ::::::::::::: | /   人  \

彼の無謀な健闘も虚しく、銃弾の一発が彼の眉間に命中した

(ははっ、ざまぁみやがれ!!)

戦闘機はそう言って機体を揺らして喜びを表現していた



何がなんだかわからない…




△ ▼ ◇ ▲ ▽ ◆ △ ▼ ◇ ▲ ▽ ◆




「…という訳で、この全部このおもちゃの仕業だったんですよ」
「\フヒヒ、クスグッタイヨ!/」
(そうだったのか。ならば先程俺を怒らせた処遇については不問に処そう)

こちらを狙撃しておいてよくもここまで上から目線で言えたもんだな
だがなんとか誤解が解けた。友好的な態度で自己紹介をする
どうやたこの戦闘機は「A-10神」と呼ばれているそうだ。アメリカ空軍の信仰対象らしい
何故乗り物が言葉をしゃべるのかがよくわからない、最先端のAIでも搭載されているのかもしれない

軍人気質な性で荒っぽいが、戦闘機が味方についてくれればこれほど心強いことはないだろう
無差別に誰かを殺すという気は無いみたいだし、僕は交渉をすることにした

「単刀直入に言います。僕と協力して、この殺し合いから共に脱出しようとは思いませんか?」
(ふん…そいつは名案だな。脱出手段はあるに越したことはなかろう。だがな貧弱もやし、俺はあのクソッタレにケツを向けて逃げる気なんざねぇ!
 あのクソッタレタラコめ…この俺から兵装を全て奪い取りやがった! ゴミどもを吹っ飛ばす術を奪い取って、何が殺し合いだ!
 兵装のねぇ戦闘機など鉄クズだ! つまりこれは恥辱であり、俺に対する宣戦布告なのだ! 決して生かしておかん!)
「はぁ…。え、でもさっきダディクールを殺した機銃はあなたの装備ではないんですか?」
(舐めてんじゃねぇ! 俺の本来の装備なら、間違いなくさっきの男は首ごと持ってかれてるはずだぜ?
 あれは俺に支給されたマシンガンだ!こんな玩具同然の武器じゃ、虫も殺せねぇ!)

そう言って窓際にいる月に座席が見えるように車体を傾けた
なるほど、そこにはマシンガンが設置されていた。出来ればどうやって撃ったのか、原理も説明してもらえないだろうか
それにしても…もしコイツが兵器を積んでたら、躊躇いなく全参加者をなぎ払ってただろう…ある意味、制限に感謝すべきだったかもしれない

(そんなわけで俺はクソ主催者を跡形もなく吹っ飛ばすつもりだ!)
「でも、そんな事企てたら主催者に首吹っ飛ばされるんじゃ…」
(一にも二にもクソ度胸だ!そんなのにビビって戦ってられるか!
 一応貴様に聞いておこう。あの主催の野郎をぶっ飛ばすのに協力するよな?)

そう言ってマシンガンをこちらに向けてきた。おい待て、最初に協力するかの話を持ちかけたのは僕じゃなかったか?
だが残念ながらスタンガン一丁の僕には、異を唱えるという選択肢なんてもはや存在しなかった

「わかりました…共に主催者を倒しましょう…」
(いい返事だぞもやし体型!まずは俺の兵装となり得る道具を探してくるんだ。アヴェンジャーならなおよし
 道が狭く、滑走路もない…つまり俺は身動きが取れない。だから貴様ら二人の活躍に期待している!)
「え、二人って…僕以外に誰が…?」

振り向くとそこには元気にビシッと親指を立てるダディクールの姿が!
額には絆創膏が貼られている、どこからか調達してきたのだろう

「馬鹿なっ!? さっきA-10神に撃たれて死んだはずじゃ…!」
「ギリギリ急所を外していたため、なんとか一命を取り留めました」

そうクールに言い放った。待て、眉間って急所に入らないのか?
いったいどういう生命力をしているんだ…イラっとする笑顔がなんか得体の知れないものにも見えてくる

(はははっ、流石にあんなヘボい銃弾一発でくたばる程ヤワじゃねぇようだな!気に入ったぜ!クールガイ!)

いや、普通の人はあんたらみたいに銃弾食らって平気でいられませんから
あとダディクール、褒められて嬉しそうな顔してこっち見んな、腹立つ



そんなわけで、僕が理想としていた状況とは全く正反対の立場に立つ羽目になってしまった
リーダーはA-10神…荒っぽい強引な指揮しか取れないんじゃないか?
そして主催者打倒派、この考えで賛同してくれる参加者は限られるだろう。まず僕自身が賛同できないんだが
さらに切り捨てるべき『役立たず』は生命力が異常に高く、排除することが非常に困難…
マーフィーの法則…まさに最悪のタイミングで考えうる限りの不都合が怒涛のごとく降りかかってる

幸い、A-10神から離れて行動出来るというのは救いだった。もちろん、大人しく奴に従っても生き残っていける望みは薄いだろう
脱出を求める他の参加者に助けを求め、さらに戦力があれば邪魔なA-10神を破壊してもらえれば今後楽になるはずだ
そう、不運の重なった負のスパイラルは、僕自身の腕で打ち破らなくてはいけないんだ!
きっと、ダディクールも僕の脱出への考えには賛同してくれるは…ず…?


「頑張ろうな」
「フォオオォォォ!フォオオォォ!」

ダディークールは僕の肩をポンと叩いて、いい笑顔でそう言った
コイツは乗り気ですか。しかも厄介なことに僕が投げ捨てたファービーまで拾ってきている、何を考えてるんだ


…あぁ、今日の僕はどこまでもツイていないようだ。…この不運が命にまで関わらなければいいのだけれども…はぁ…



【C-3 病院付近/一日目・深夜】

【夜神月@AA(DEATH NOTE)】
[状態]:健康、A-10神のパシリ
[装備]:スタンガン@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、zip画像ファイル@画像も張らずにスレ立てとな
[思考・状況]
基本:殺し合いからの脱出
1:脱出目的を持つ参加者orA-10神を倒せる善良な参加者を探す
2:一応、ダディクールと共にA-10神が使える兵器を探す
3:出来ればダディクールを排除したい


【ダディクール@AA】
[状態]:眉間に銃痕(絆創膏で処置)、A-10神のパシリ
[装備]:
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0~2、ファービー@現実
[思考・状況]
基本:クールに行くぜ
1:A-10神が装備できる兵器を探す
2:常にクールなダディを貫く

※バカに付ける薬@コピペを消費しました
※何故か生命力が異常に高いです。決して不死身ではありません
※二人は工場方面に向かいました


【C-3 病院 駐車場/一日目・深夜】

【A-10神@軍事】
[状態]:損傷無し、燃料満タン、
[装備]:マシンガン(188/200)@現実、アヴェンジャー(0/1350)@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0~2
[思考・状況]
基本:「敵」は全て殲滅する
1:月、ダディに兵器を探させる間、病院駐車場で待機する
2:アヴェンジャーを奪った主催者は絶対に殺す
3:兵器が手に入ったら、存分に暴れる



《支給品紹介》
【ファービー@現実】
みなさんご存知おしゃべりな鳥のおもちゃ。本ロワでは何故か割と自由に喋り、無駄に頑丈のようだ
かわいいペットロボットだが、2chにおいては、時おりキモがられて処刑される(チョップされる、レンジでチンされる、頭から落とされるなど)
無茶な遊び方をしなくても、勝手にイカれる時もある(自分のまつげを目の裏に巻き込む、奇声を無限ループするなど)
イカれてなくても、夜中に突然「ア゛ーーーーーー!!!」と騒いだりするためタチが悪い

【バカにつける薬@コピペ】
バカにつける薬を買ってきたwwwwwwというスレにおいて、すでに3本も飲んだという発言に対し「つける薬なのに、飲んじゃったのかよ…」と返された
どのような効果があるのかは説明書にも記載されていない。ダディクールがクール過ぎるあまり、効果が出てるのか出てないのか、どんな効果なのかよくわからない

【zip画像ファイル@画像も張らずにスレ立てとな】
麻呂だけでなく、男なら誰でも求めるロマンが詰まっている画像ファイル
PDAのデータフォルダに収録されている。データの受け渡しは出来ないようだ

【スタンガン@現実】
携帯型護身具。高電圧を与えて相手の動きを一時的に不能にする
気絶させたり、感電死させる効果は持っていないが、ショックによる心肺停止とかはある

【アヴェンジャー@現実】
A-10サンダーボルトの固定武装。30mmガトリングガンの威力は、T-72神すらをも蜂の巣にする程
射程は6500m、命中精度的には1000m~2000mか。8秒間の射撃につき、1分間の風速冷却が必要。装弾数は1350発。

【マシンガン@現実】
装弾数200発の自動小銃。A-10神の座席あたりに取り付けて装備しており、フロントガラスをすり抜けて発射される
A-10神がどうやってそこに装備したのか、どうやって引き金を引いているのか? その辺の原理についてはお察しください


No.22:ステマ ~Stealth Murder~ 時系列順 No.24:この愛を、世界に
No.22:ステマ ~Stealth Murder~ 投下順 No.24:この愛を、世界に
夜神月 No.33:馬鹿と天才は……
ダディクール No.33:馬鹿と天才は……
A-10神 No.55:暇を持て余した神々の馬鹿騒ぎ