※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死亡者名鑑・た行




ダディクール

 ::::::::::::::::::。::::::::::::::::: ,,,:::::::::::::::::::,,,:::::::::::::::: ゜.:::::::::::::。:::...... ..::。
   ~" ̄ ̄"-─-っ:::::::,,,,,、、、::::::::::;;、  ゜:::::::::: ...:: ::::::::::::::::::::
       ヽ- ゝニニニつ、  """;;::::;;  :::: :::::::::.....:☆彡::::::::::
    """ ̄ヾ、 ゝニニニフ__/ヽ ;;:::::;;  :::::::::::::。::::::::::: . . . ..:
  ヽ、_ 〃⌒)イ /''''''   '''''':::::::\  :. .::::::::::::::........ . .::::
:: : :: : ... ... `""~~ |(●),   、(●)、.:| + :.... .... .. . :::::::::::.... ..
::::。::: :: :::::: :: ::  ;|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  :::::::::::.... .... .. .::::::::::::
::::::::::::::::::::::::: :: : : : |   `-=ニ=- ' .:::::::| + :::::::::::::::::::::::: ゜.:::::。::::::
:::: ::::: : : :: ::: :::. `: \  `ニニ´  .:::::/  ::::::::::::::::.... .... .. .::
::::::::. ... ... . .. .:,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.  :::::::::::::。::::::::::: :::::
:::::::::::::。:::::::::    |  '; \_____ ノ.| ヽ i :::::::::::.... .... .. .:::::::::::::
::。::::::::::::::::::: :: :::   |  \/゙(__)\,|  i |  :::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::::::::::::゜:::
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ....
初登場作品 バカとノートと機関銃
死亡作品 絶望ダディ/壊れた救世主
登場話数 4
関係の深い人物 夜神月、A-10神
関係の深い支給品 麻薬、牛刀

A-10神の武器を取りに行くために夜神月と共に砂糖工場に潜入。
砂糖と思って舐めた粉は麻薬、精神がハイになり彼は夜神月に襲いかかった。
もみ合いの末に頭を打ち気絶する。再び意識を戻した時、自分は夜神月に殺されようとしていた。
妖怪の血を持つ彼は簡単には死ねない。全身を貫く銃弾、牛刀の刃を受けながら彼は己の生き様を振り返る。
普通の人と大きくズレていれども、彼の生き方は『クール』の一言に尽きる。
その生き方を貫けた事に満足し、目の前に迫る死へとその身を委ねた。
そんな彼が最後に口にした言葉は、ターミネーターのモノマネ。
傍から見ればふざけているようにしか見えないが、それもまたクールな末路だと言えるのかもしれない。
ただ、彼のその態度はNOTクールな同行者、夜神月の心を甚大に歪める結果となった。


寺生まれのTさん


初登場作品 バトロワでも寺生まれはスゴイ!
死亡作品 寺生まれはスゴかった
登場話数
関係の深い人物 八尺様、内藤ホライゾン、クマー
関係の深い支給品 木刀

開始早々八尺様を襲おうとしていたやる夫を、得意の「破ァ!」で撃退する。
その後、漂う邪気の発生源探しと、何か役に立つ物を探すため、八尺様と共にD-2方面へ。
だが探索の甲斐なく、邪気の発生源は特定できず、役に立つ物も見つからなかった。
そして立ち寄った一軒の民家内で、ひろゆきに対して何も出来なかった事を、後悔する。
だが、八尺様に慰められ(?)、何とか自分らしさを取り戻す。そんな所に、内藤ホライゾンが民家を尋ねて来た。
その後、クマーの話を聞き、内藤ホライゾンの恐怖に共感する。
内藤ホライゾンの怯えようから、「一緒に行動するのは無理か?」と判断し、どうするか考えていたときだった。
……クマーが民家の明かりに気が付いて、襲ってきた。
民家内での戦闘はキツいと判断したのか、クマーを光弾で吹き飛ばし、路上での闘いに持ち込む。
クマーの攻撃をかわしつつ攻撃を加えて行くが、制限のせいで思うようにダメージを与えられない。
それについて考えていた隙をつかれ、大きく吹き飛ばされる。
その時の衝撃で片腕が折れるも、何とか戦闘を続行することができた。しかし、やはりダメージと疲労には勝てなかった。
攻撃を食らい、右肩に傷を負い、片目を切られる。そんな状態でも、Tさんは諦めなかった。
傷があるとはいえまだ動かせる右腕で構え、全てを賭けた光弾を、クマーにブチ込んだ後、倒れた。
倒れた後、傷口からの出血多量により――――失血死した。
命を賭けて放った光弾は、惜しくもクマーの命を奪うまでには至らなかった。だが、大ダメージを与える事はできた。
このTさんの思いを、誰かが受け継ぐのか、それとも……。


ドクオ

======
   ∥
  ('A`)
   l( l)
    | |

初登場作品 【戦車攻め?】喪男×戦車×腐女子【喪男受け?】
死亡作品 心の闇
登場話数
関係の深い人物 T-72神、801の姉さん、クタタン
関係の深い支給品 参加者位置探知機能、ネメア

今振り返ってもロクでもない人生だった。
今年で三十路だと言うのに、恋人なんて出来たことないし、ヒキニートやってるし……。
しかもある日目が覚めたら、突然見知らぬ部屋にいて「殺し合いをしろ」とか強要されたし……。
会場に飛ばされたら、初っ端から変な腐女子に「同人誌のモデルになれ」とか強要されたし……。
支給品はハズレだし、カリスマ全開の戦車やさっきの腐女子に振り回されるし。
それでも、俺以外の連中はみんな立派な志をもってやがるんだぜ?
劣等感がもうね、ホント自分で自分が情けなくなってくるわ。

最終的には危険な男が放った猛獣に爪で引き裂かれて終わり。
はぁ、マンドクセ……どうだい、これが俺の人生だったのさ。
所詮俺みたいなやつは競争したって勝ち残れるわけがない、そんなのわかってたことだろ?
あぁ、マンドクセー……。