※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

葛藤は時として人を毒蛇に変えてゆく  ◆m8iVFhkTec




「…さっきの奴はもう追ってきていないようだな…」

ミルコクロコップは振り向き、化け猫の姿が無いのを確認し、足を止めた
…まったく、こんな殺し合いに本気で乗る奴がいるとはな…
そういう連中は願いを叶えるために、本当に何十人と殺す覚悟が出来ているのだろうか?
あぁ、他人の考えなんてわかったもんじゃないな…

ミルコは側のガードレールに寄り掛かり、背負っていたデイバックを下ろした
アイツに接触する前に中身は確認していたんだが、あまり当たりとは言えない
赤いスニーカーにロープ、そしてダンボール箱…
運の悪いことに、武器と呼べるものは何一つ入っていなかった
拳銃の一つでも入っていればアイツは死なずに済んだかもしれなかったというのに…
そう思いながら、ミルコは夜空を見上げてため息をついた

不意に後ろから、ガサッと言う音と共に、パタパタと足音が聞こえた
振り向くとそこには、でかい剣を振り上げた猫男が目の前に迫っていた

「ウラーーーーー!!!」

思いきり振り下ろされる大剣
ミルコはほとんど反射的に身をそらしてかわした

ガンッと、強烈な音が響き、ガードレールが大きくへこんだ
…チッ、またしても化け猫か…!
しかもコイツも殺し合いに乗ってやがる…!?

猫男は大剣を持ち上げると、柄を両手で掴み遠心力をかけて振り回した
ミルコは冷静にバックステップで距離を取る
大剣のリーチは長いが、一度離れてしまえばそんなもの当たらない

…すると今度は、あろうことか大剣を持つ手を離しハンマー投げの要領で投げてきたではないか

しかし、素人がハンマー投げをしたところで狙ったところに飛ぶはずがない
勢いのつけられた大剣は明後日の方向へ飛び、付近の塀にひびを入れた

丸腰となった今、大きな隙が出来ている。今がチャンスだ!
すかさずミルコは猫男の眼前へと距離をつめる
そして猫男が反応するより早く、左足を高く上げてハイキックを放つ…!

「ウラッ!?」

一撃必殺! 加減こそしていたものの、側頭部にクリーンヒットしたハイキックによって猫男はそのまま倒れた
ミルコはデイバックからロープを取りだすと、猫男の両腕を縛り上げた

「…ったく、危険な奴だ…」


○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●


「放せええぇぇ!!放せウラーーーッ!!死にたくないウラー!!」
「落ち着け、話を聞くだけだ。落ち着け!」

縛られたウラーはさっきから泣きながら暴れていた
パニックになってるな…仕方ない、若干手荒だが頭を冷やしてもらおう…
ミルコはデイバックから水を取りだし、ウラーの顔にパシャッとかけた
ウラーは驚き、喚き声が途切れた

「落ち着け。俺は殺し合うつもりはないし、お前を殺すつもりもない。
 だからまず、お前の話を聞かせてくれ」

ミルコの言葉がやっと耳に届いたのか、ウラーは大人しくなった

「まず、お前は殺し合いに乗ってるのか」
「…何を言うウラ、乗るしかないじゃないかウラ!」
「何故だ? 多くの人を殺してまで叶えたい願いがあるのか?
 本当にそんな覚悟があるのか?俺にはわからないな…」
「…そんなこと言うのは自殺発言ウラ! 死んでも知らないウラ!」
「自殺発言? …お前は何を言ってるん? 殺し合いに乗らないことが自殺と何の関係が…」
「アンタも聞いたらだろウラ! 殺し合いに不都合な事をしたら首輪を爆破するって!
 だから、乗らないとひろゆきに殺されるウラ! だからもう、嫌でも殺し合うしかないんだウラー!」

そう叫んでウラーはまた涙を溢した

…そうか、俺は少し考えが浅かったようだ…
殺し合いに乗る奴は皆、賞品に目が眩んでるもんだと思っていた
だが、最初の怯えていたアイツと同じように、ただ死にたくないと怯える奴がいる
そんな奴が死の恐怖のあまりに、殺し合いに乗る可能性があるということか…
まったく、本当にクソッタレなシステムだ…

ミルコはウラーを縛っていたロープをほどいた
ウラーは脳震盪を起こしたのか、やけにフラフラとしながら立ち上がり、大剣を拾いに行った

「俺はこれから、首輪を外す方法を探すつもりだ。よければお前もついてこないか?
 確かに首輪を爆破されるリスクは高いが、どちらにせよ俺は殺し合いには乗らないと決めている。
 …お前はどうする? 少なくとも、単独行動よりは危険も減るはずだが」

逃げようとしたウラーはピタリと足を止めた
…どうしよう…、このままこの男についていけば、ひろゆきに殺されるかもしれない…
でも、ただでさえ体が不調なのに、またこの男みたいな強い参加者に会ったら間違いなく負ける…

「俺は…いったいどうすれば…」
「お前もそんなこと言うのか…。他人に選択肢を委ねて、それを貫けるのか?
 自分がどう行動するか、それはお前自身が決めることだ」

しばしの沈黙が続く
ウラーは悩みに悩んだ
死にたくない、ただそれだけの願いなのに…
どちらの選択もその願いを叶えてくれそうにない…!
何故こんなに、葛藤に悩まされなくてはいけないんだ…

数分後、沈黙が破られる
ウラーは涙をこぼしながら口を開いた

 A_A     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( TAT)つ <  ついて行くウラ…!だから…だから…
(つ   )    |  俺を、俺を生きて帰らせてくれウラァ…!
と_)_)    \____________________

「わかった。保証は出来ないが、お互いベストを尽くそう
 …俺の名前はミルコ・クロコップだ」

ミルコはあっさりとそう言って手をさしのべた

…出来ることなら、アイツのような犠牲者はもう出したくない
なるべく多くの弱き者を救ってやりたい
それが元警察官であり、格闘家としての責務だからだ

誇りを胸に宿した彼は決意を新たに、目の前の猫男と握手を交わしたのであった


【B-1/路地/一日目・黎明】

【ミルコ・クロコップ@AA】
[状態]:健康、後悔
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、キック力増強シューズ@少年漫画(名探偵コナン)、ロープ@現実、工具セット@現実
[思考・状況]
基本:殺し合いに乗らない
1:首輪を外す術を探す
2:ウラーと行動する
3:化け猫(お断りします)を警戒
4:‥‥‥すまなかった
※シューズが武器だとはまだ気づいていません



表向きでは和解しているものの、ウラーはまだ死に対して強い恐怖感を抱いている
そしてショボーンと違い、自分が生きるために「誰かを殺す」という選択肢を選ぶことが出来るタイプである
そんな、ある意味では危険な人物と呼べるような相手と同行することになったミルコ・クロコップ
これは彼の慢心によるものだが…はたして、この安易な判断が今後どのような結果へとつながるのだろうか…



【ウラー@AA】
[状態]:死に対する恐怖、脳震盪(軽度)
[装備]:バスタードソード@FF&ドラクエ(FF7)
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品(0~2)
[思考・状況]
基本:生存最優先
1:ミルコ・クロコップについて行く
2:とにかく死にたくない…



《支給品紹介》
【キック力増強シューズ@少年漫画(名探偵コナン)】
コナン君がいつも履いてる赤いスニーカー。側面のスイッチを入れるとキック力が高まる
原作ではサッカーボールを蹴り上げ、犯人にぶつけて気絶させたりする等に使われる
VIP では時おり蘭のケツを蹴り上げ、「しんいちーッ」の悲鳴を聞くために使われる

【ロープ@現実】
ごく普通のロープ。数十メートルくらいのが束ねられている
高いところから降りる時や敵を縛り上げる時、首を吊る時などに便利

【工具セット@現実】
ペンチやスパナ、ドライバーなど、様々な工具が入っている
車板では、こだわりの工具について語られている

【バスタードソード@FF&ドラクエ(FF7)】
FF7の主人公クラウド・ストライフの愛用武器
かなり巨大なサイズの大剣だが、クラウドは軽々と振り回している
クラウドさんの私物だと思われる



No.28:権力に飢えた扇動家 時系列順 No.30:Nightmare、そして現実へ
No.28:権力に飢えた扇動家 投下順 No.30:Nightmare、そして現実へ
No.06:Across the――――/お断りします ミルコ・クロコップ No.45:カルネアデスの板
ウラー No.45:カルネアデスの板