※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銃火器




アイテム名 出典 解説 所持者変遷
モシン・ナガンM28 現実 フィンランドの白い悪魔ことシモ・ヘイヘ愛用の狙撃銃。元々はソビエト軍の主力だった普通の狙撃銃を改良したもの。
装弾数は5発。120cm以上と長い銃身を持つ。モララーよく扱えたなオイ。ボルトアクション方式。
モララー
H&K USP 現実 セミオートでダブルアクションのハンドガン。ドイツ製。ドイツ連邦軍や日本のSATが採用している。
弾薬の規格等は現在不明。9×19mmパラベラム弾なら15+1発、40S&W弾なら13+1発、45ACP弾なら12+1発装弾出来る。
一等自営業
→やきうのお兄ちゃん
グロック17 現実 装弾数は17発。オーストリアの銃器メーカーが開発。弾は9mmパラベラム弾。
独自の安全機構を採用するため、素人が使うと暴発しやすい。
801の姐さん
125ミリ2A46M滑空砲 現実 125ミリ口径の主砲。最大射程は約2120メートルを誇る。
神様補正があればあらゆるものが破壊できるが……。砲弾は没収されている。
T-72神(初期装備)
NSVT重機関銃 現実 12.7ミリ弾を使用し、ヘリコプター程度なら撃墜できる。装弾数は50発だが、銃弾は没収されている。 T-72神(初期装備)
デザートイーグル 現実 装弾数7発。使用弾薬は.50AE弾。数ある銃の中で、結構な知名度を誇るのではないだろうか。
それ故、色々な作品で攻撃力の高い銃として登場したりしている。身体能力の高い8頭身がどう使いこなすか。
8頭身
イングラムM10 現実 装弾数32発。使用弾薬は9mm×19弾。もはやお馴染みの短機関銃。ぱららら。 ゆっくりしていってね!!
→タケシ
20cm単斜砲 現実 射程 30000m というとんでもない射程を誇る。半径30kmが射程圏内だが、弾薬は没収されている。 加賀(初期装備)
25mm連装機銃 現実 射程は5500m。↑のせいでまともに見えるが、ロワの中では十分にぶっ壊れた性能と言える。
加賀のサブ武装であるが、弾薬が没収されていて本当によかった。
加賀(初期装備)
H&K G36 現実 ドイツ製突撃銃(アサルトライフル)。装弾数は30発。予備マガジンも1つついてきた。使用弾薬は5.56x45mm NATO弾。
1996年製造と比較的新しい銃ということもあってか、最近のフィクション作品で結構起用されているらしい。
ゆうすけ
アヴェンジャー 現実 A-10サンダーボルトの固定武装。30mmガトリングガンの威力は、T-72神すらをも蜂の巣にする程。
射程は6500m、命中精度的には1000m~2000mか。8秒間の射撃につき、1分間の風速冷却が必要。装弾数は1350発。
他の軍事系参加者の初期装備同様、これも弾薬は没収されている。
A-10神(初期装備)
MINIMI軽機関銃 現実 装弾数200発の自動小銃。A-10神の座席あたりに取り付けて装備しており、フロントガラスをすり抜けて発射される。
A-10神がどうやってそこに装備したのか、どうやって引き金を引いているのか? その辺の原理についてはお察しください。
5.56mm NATO弾を使用する。
A-10神
ベレッタM92 現実 装弾数15+1発、使用弾薬9mm×19弾。 信頼度、知名度共に高い拳銃らしい。 カーチャン
トカレフTT-33 現実 ソビエトで生まれた、東側諸国を代表する自動拳銃。日本でもヤクザものの作品ではおなじみ。装弾数は8発。
スターリンに支給されているのは奇縁といえよう。1933年生まれのトカレフTT-33、スターリンは当時書記長としてバリバリの現役である。
スターリン
UZI 現実 原作でもおなじみのイスラエル製短機関銃。使用弾薬は9mmパラべラム弾で予備マガジンも1つついている。 サバンナ
56式自動歩槍 現実 ソビエトのアサルトライフル・AK-47(いわゆるカラシニコフ)をベースに中国で製造されたアサルトライフル。
外見がほとんどAK-47と同じであることから、映画などではAK-47の代用品として敵方の武器になることも。&br模造品であるため、性能は本家本元と比べると落ちる。
特に廉価版では連射をすると銃身が熱くなり陽炎が出来るため照準を合わせづらくなるという声も。
使用弾薬は7.62mm×39。
(現地調達)
ダディクール
→夜月神
サイガ12 現実 90年代に開発された、セミオート式散弾銃。装弾数8発。ある程度の連射も効くので使いこなせば恐ろしい武器になる。 原住民orエルメェス
→やきうのお兄ちゃん
→やる夫
→グンマー