※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アクシデントは突然に  ◆i7XcZU0oTM






 やる夫とやきうのお兄ちゃんの2人で、気絶したままのグンマーを、民家の中に運ぶ。
 それを尻目に、ダイニングの机に腰掛け、PDAをチェックするマッマ。
 何故このような事をしているのか?答えは、案外単純である。
 そろそろ定時更新の時間だと言う事で、安全な場所でPDAをチェックしようと、マッマが提案したのだ。
 その為に、手頃な民家に入り、万が一のために、見張りとしてチハを外に置いておくと言う算段だ。
 最初は渋っていたチハだったが、マッマの説得で、渋々見張り役を引き受けたのだ。

「……」

 神妙な面持ちのまま、ジッとPDAを見つめる。
 ……やがて、その表情が悲しげな物へと変化して行く。

(6時間の間に、15人も殺されてるなんて……信じられない)

 だが……これは、紛れも無い事実。
 先程見かけた、3体の遺体同様に、どこかで、誰かが殺されている……。
 その事実が、マッマの胸を締め付ける。

「ちょ、ちょっと見せてほしいお……」
「しょうがないね…………ほら、アンタの名前、ここに載ってるわ」
「ホンマや」

 まさか本当に載るとは、と言った感じで、やきうのお兄ちゃんが驚く。

「ホンマや、じゃないわよ。これがどういうことか、アンタ分かってんの? 他に名前が出てる奴と共に、
 "危険人物"と、まあ十中八九思われるでしょうね」
「ふーん」
「もしかしたら、アンタが殺した人の知り合いが……アンタに復讐しに来るかもね」
「……ま、まあ誰が来ても返り討ちに……ぐえっ!?」

 その言葉を言い終わる前に……。
 マッマの鉄拳が、やきうのお兄ちゃんの腹に叩き込まれた。

「アンタはつくづく救いようのない馬鹿だね。これ以上罪を重ねるつもりかい?」
「そんなん言うても……ワイに復讐しようとする奴が相手でも、殺したらアカンとでも言うんか?
 そんなんワイは絶対に御免や。そもそも、れっきとした正当防衛になるやろ!」
「さっきも言ったけど、アンタに選択権なんて無いの。無駄口すら叩けなくしてあげようか?」
「くっ……」

 いくら身体的に勝ろうと、精神的に負けていてはどうしようも無い。
 口では強がっていても、やはりやきうのお兄ちゃんにとってマッマは恐ろしいのだ。
 マッマの畜生発言を見れば、恐れる気持ちも良く理解できるであろう。
 まあ、大抵の畜生発言が放たれる原因は、やきうのお兄ちゃんの方にあるのだが。

「…………全く、無駄な時間を使っちゃったよ。ほら、この禁止エリアを覚えておくんだよ」
「分かってるお。流石に、そんなので死にたくないお」
「この近くで禁止エリアになるんは……D-1か。まあ、あんま関係ないわ。ここは、D-1ちゃうしな」
「……」


 2人が反応を示す中、マッマは一人考えていた。


 ……人がいなさそうな場所から禁止エリアになっている。
 と言う事は、徐々に逃げ場をなくして、嫌が応でも戦わせようと言う意図だろう。
 だとしたら、ひろゆきは随分と酷い事をするものだ……。
 ここに連れてこられている者全てが、戦えるほど強い訳ではないのに。
 もしくは、深い理由なぞなく、適当に選んだだけなのか。


 それと同時に、これからの事もぼんやりと考えていた。


 殺し合いに乗っている奴の名前が出た。即ち、全員が警戒心を強める事に繋がる。
 ……出会う相手が、名前が出ていた殺人者ではないか。それとも、そうじゃないのか。
 これを見た誰もが、そう思うかもしれない。だが、この情報は……参加者全員が閲覧できる。
 つまり、名前の出ている殺人者自身も、これを見れるのだ。
 当然、自身がこれから警戒されることも、十分なほど分かるだろう。
 となると……やはり、そうそう姿を現さなくなるかもしれない。
 だとすると、危なくておちおち外も歩けない。だからって、別に諦めはしないけど。


「マッマ、どうしたんや。さっきからずっと黙っとるけど」
「アンタと違って、私はいろいろ考えてるのよ。とりあえず……アンタ達、ちょっとこの家調べてきなさい」




~~~~




「……15もの命が奪われていたなんて……」
「……」

 PDAを見ながら、悲しげな表情を浮かべるいわっち。
 だが、それ以上に悲しげで、かつ恐れた目でPDAを覗くしぃ。

「それなのに、私と来たら……情けないものです」

 肩を竦め、溜息を突く。
 いわっちの言う通り、あれから……ギコ猫と別れてから、誰にも出会えていない。
 時折、何処かから銃声のようなものも聞こえて気はしたが、それ以外は、何も無い。
 ただ、人がいないかどうか確かめながら、ここまで歩いてきたが、結果はこの有様であった。
 誰にも出会う事はなく、ただここまで辿り着いたのみ。
 だがこれは、同時に危険人物にも出会わなかったと言う事にもなる。
 その点では、ある意味幸運だったのかもしれない。
 しかし、情報を訊きたいと思っているいわっちにとっては、あまり好ましいことではなかった。

(…………それに)

 "異世界"の可能性……。
 本当に異世界から人が招かれていたり、自身の知らぬ世界から物が持って来られているのか。
 ……それを感じさせる事象に何度も遭遇はしているが、未だ半信半疑な状態だ。
 それを完全に裏付け出来る程の"何か"が、現時点では欠けている……。
 "停戦"を持ちかける前に、できればそれもはっきりさせたい……。
 そんな考えが、いわっちの頭の中に変わらず有った。

「……?」

 どうしたのだろう、と言った目線で、いわっちの顔を見るしぃ。

「あっ、いいえ、何でもありませんよ。少々、考え事をしていただけですよ」

 ……こんなところで、思い悩んでも仕方が無い。
 今は、立てた目標目指して、進むしか無いのだ。
 緩みかけた意思を再度引き締め、いわっちは歩き出した。

(……)

 辺りも明るくなるころだと言うのに、いわっちの心には、重苦しい暗雲が居座っていた。
 ……人である以上、恐怖からは逃れられない。
 未知の事態への、自身の死への、自身の計画の成否への、恐怖。
 それが、じわりといわっちの心に影響を及ぼして行く。
 微小なウイルスが、徐々に人の体を蝕むように。静かだが、確実に……。



「あッ」

 不意に、しぃが声を上げる。

「どうしました?」
「あれ……もしかしテ……」
「ん……!?」

 少々離れた民家の前の道路。そこには……戦車らしき物が、停まっている。
 ――――何故戦車がこんな所に。まさか、誰かの支給品?
 何となく危険な気がしたので、いわっちはしぃを抱えて物陰から様子を窺う。

(あれって絶対……戦車、だよネ?)
(間違い無く、戦車です…………)

 小声で、会話を交わす。
 それと同時に、いわっちの頭脳が、急に回転しだす。

 何故こんな所に?と言うか、そもそも何故戦車があるのだろうか。
 こんな状況自体が普通じゃないが……あえて普通に考えるならば、誰かに支給された物だろう。
 そして、支給された戦車に乗ってここまで来た、と言った所だろうか。
 だが……今の所、戦車に人が乗っているような気配はない。なら、どこにいるのか?
 流石に、戦車を乗り捨ててはいないだろう。壊れてもいない戦車を、捨てて行く理由はない。
 なら……近くにいる、と考えるのが自然だろう。

(私の考えが正しいならば、戦車に乗っていた人物は近くにいるはずです)
(どうして分かるノ?)

 先程の考えと結論を、しぃに小声で伝えるいわっち。
 説得力があるような結論に、ただただしぃは感心するばかりだった。

(そこで……少々危険ですが、近づいて調べてみようかと思います)
(ええッ!?)
(勿論、しぃさんを危険な目に遭わせたりはしません。私の後ろに隠れていれば、大丈夫ですよ)

 そう言って、つかつかと停まっている戦車まで歩いて行こうとすると……!

(あっ! ……お姉さーん! 誰か来たよー!)







「で、あなたがいわっち、そっちの子がしぃ、ね……」
「そうです」
「渾名みたいな名前ね……まぁ、私も人の事は言えないけど」

 民家の中。
 いわっちとしぃ、それとマッマは、ダイニングで向かいあって座っていた。
 簡単に自己紹介を済ませ、2人は一息ついていた。
 ……やきうのお兄ちゃんとやる夫には、別室で未だ気絶したままのグンマーと共に待機させている。
 あの2人がいると、話がややこしくなると考えたマッマの措置だ。

「あなた、目標はあるの?」

 マッマがそう言うと、いわっちは地図を取り出し、森林公園を指差しながら言った。

「まず……一緒に来ていただける方を、この公園に集めるつもりです。その後……」
「それで?」

 ススッと指先をテレビ局の所まで持って行き、話を続ける。

「できれば12時までには、テレビ局にて、停戦の意思を伝えるつもりです」
「停戦?」

 その単語に、マッマは怪訝そうな顔をする。

「ええ。ひろゆきに、テレビ局を通じて停戦の意思を伝えます」
「それ…………問題ありまくりよ」
「な、何故ですか!?」

 一呼吸置いた後、マッマは話しだした。

「まず、幾ら停戦しようと訴えた所で、相手が乗らなきゃ意味が無いじゃない。私たちをこんな所に連れてきて、
 なおかつ殺し合いさせるような奴が、そんな誘いに乗ると思う? まず、無視されるか突っぱねられるでしょ」
「……」
「第一、テレビ局からあいつらに何か言う事って出来るの?」
「おそらく、出来るのではないかと。テレビ局から映像を流せば、あちらの目にも停まるでしょうし」
「まあ、その可能性はあるでしょうけど。あっちだって、私たちが逃げ出さないように見張ってるだろうしね。
 でも、その問題を乗り越えても、まだ大きな問題が残ってるわ」

 ふう、と一息つき、なおも喋り続けるマッマ。
 その声には、幾分かいわっちに対する呆れと怒りが籠っていたかもしれない。

「もし停戦が受け入れられたとして、その後はどうするのよ?」
「……その後?」
「そうよ、その後よ。停戦が運良く受け入れられたとして、その後はどうすんの?」
「その後は……」

 さっきとは打って変って、黙りこんでしまったいわっち。
 そこを突くように、マッマはさらに踏み込んでいく。

「それも考えずに、今までやってたの? ……私としては、その案を実行に移すのはやめた方が良いと思うけど」
「……で、ですが」
「言いたい事は良く分かるし、あなたを責めるつもりもないわ。でも、考えてみてよ。さっきも言ったけど、
 こんな所に無理矢理連れて来てるような奴が、こっちの言う事なんてまともに取りあう訳がないわ」

 ……何とも言えない、気まずい空気が、部屋を包んでいる。

「……ごめんなさいね、しぃちゃん。さっきから私が喋ってばかりで。怖かったでしょう」

 そう言いつつ、今までにない優しい目線を、しぃに向ける。

「大丈夫……。怖く、なかったヨ」
「ならよかったわ」

 ほんの少しだけ、空気が変わった時だった。





「うわあああああぁぁぁっ!?」





 ――――叫び声が、その空気を打ち破った。





~~~~





 マッマといわっち達が、別室で会話していた頃。
 やきうのお兄ちゃんとやる夫は、別の部屋でグンマーと共に待機していた。

「くそ、何でこんな仕打ち受けなアカンのや……」
「全くだお……」

 ハァ、と2人が同時に溜息をつく。
 殺し合いの最中だと言うのに、何故かここだけ妙にダラけた雰囲気に包まれていた。
 それもそのはず、畳敷きの床に寝転がり、ダラダラと過ごしていたのだから……。

「この家を調べた結果も、つまらん結果に終わっただけやしなあ」

 そう言ってボヤくやきうのお兄ちゃんに、やる夫が話を振る。

「そう言えば、少し気になってたことがあるお。さっき、何でお前はこいつの言う事が分かったんだお?」

 ……少し頭を捻ったあと、やきうのお兄ちゃんは言った。

「なんでやろな? 何か、何となく言うてることが分かったんや。不思議な事にな。何でやろな?」
「そんなの知らないお。あいつに聞けお」

 それで、会話は終わった。……また、何とも言えない倦怠感を含んだ空気が、部屋を包む。
 ……お互い、会話はほぼない。
 話すこともないし、特に話題が噛みあうようなことも無い以上、仕方の無い事である。

(何で、やる夫がこんな目に遭わなきゃならないんだお……)

 一人、心の中でグチグチと文句ばかり垂れるやる夫。

(思えば、ここに来て良い事なんて1つも無かったお! 初っ端から痛い目に遭わされたりしたし、
 滅茶苦茶グロい光景を見てしまったし、今だって、こんな訳の分からない奴の弾除けにされてるし。
 お先真っ暗だお……)

 いっそのこと、こっそり抜け出してしまおうか。

(トイレに行くフリして、こっそり外に出れば……でも、荷物持ってトイレに行くのは怪しまれるお。
 でも、何も持たずに外に出るのはどう考えても自殺行為だお…………一体、どうすればいいんだお)
「……ちょっとトイレ行ってくるわ。その間、お前あいつ見張っとけや」

 思い悩んでいるやる夫に、やきうのお兄ちゃんが唐突に声をかけた。

「えっ!? ちょ……」

 有無を言わさず、サッと部屋を出るやきうのお兄ちゃん。
 そんな態度に、一人やる夫は愚痴をこぼす。

「何なんだお」

 あまりの苛立ちに、不貞寝でもしてやろうかと思った、その時だった。
 ……ある物が、やる夫の目に入った。

(あいつ……鞄を置いて行ってるお! まあ、おかしくはないお。トイレに持って行っても……)

 そう……やきうのお兄ちゃんの鞄である。

(……そう言えば、あいつ鞄の中にいいモノ入れてたお! そいつをやる夫が手に入れれば……!)




『ああっ、"それ"ってワイのやないか!』
『油断してたお前が悪いんだお! これからは、お前がやる夫の弾除けになるんだお!!』
『ぐうっ……流石に"それ"相手やったら勝てへんわ……』
『やる夫を馬鹿にしてたからこうなるんだお……!』




 やる夫の脳内に、都合のいい妄想世界が広がる。

「ヒヒヒ……それじゃあ、早速頂くお!」

 こういう時だけは、行動力が高いのがやる夫である。
 素早く鞄を引き寄せ、手早く必要なモノを取り出す! ……はずだった。
 あの"良いもの"が、なかなか出てこない。どうでもいい物は、すぐ出るのに。
 そんな物たちより、あの"良いもの"を。

(早くしないと、あいつが帰って来るお……!)

 ……やきうのお兄ちゃんの、下品な足音が近づいてくる。
 それに同調するように、やる夫の鼓動も早まっていく!

(何でこいつ、鞄の中身片づけてないんだお……!)

 やきうのお兄ちゃんの手が、襖にかかったのと同時に。
 やる夫の手が、"良いもの"を掴んだ……!

「……!」
「へへへ……これで、やる夫の勝ちだお」

 勝ち誇った様に笑うやる夫と、対象的に静かに怒るやきうのお兄ちゃん。
 ……やきうのお兄ちゃんは恐れていた。"ええの"が、やる夫の手に渡ったのだから。

「ワイのモン盗りやがって……お前、死ぬ覚悟はできとるんやろな……?」
「それはこっちの台詞だお。拳銃で、ショットガンに勝てると思ってるのかお?」


 やる夫の持つ銃であり、かつてやきうのお兄ちゃんの"ええの"であった物。
 それは――――立派な、散弾銃だった。


「やる夫の言いなりになるなら、殺しはしないお。とっととその銃も捨てて、やる夫の言いなりになれお!」
「フン、調子乗ってると痛い目に遭うで?」
「それはこっちの台詞だおwwwwwwこの状況で何言ってるおwwwwww」

 この状態……広くない部屋で、お互い銃を向けあっている状態。
 普通ならば、まずやる夫の方が有利であろう。
 だが、1つだけやきうのお兄ちゃんが勝っている部分がある。それは……人を殺した経験だ。
 どれだけいい武器で威嚇しようが、そこから先に進むのは、また別の事だ。
 その点では……既に3人手にかけているやきうのお兄ちゃんの方が、上だった。
 しかし、それでも拳銃と散弾銃の差は大きい。

「……撃たへんのか?」
「そっちこそ、とっとと降伏した方がいいお……」

 お互いがお互いに狙いを定めたまま、じわじわと時が流れて行く。
 それを、打ち破ったのは。




「ザケンナ、コラ――――ッ!!」
「なっ、うわあああああぁぁぁっ!?」

 3人目の男――――グンマーだった。
 全く警戒していなかった相手からの攻撃で、やる夫はなす術もなく殴り飛ばされる。

「チイッ……目覚めとったんか!?」

 少し呆然としていたやきうのお兄ちゃんもハッと我に帰り、拳銃をぶっ放す。
 ……だが、大して狙わずに撃ったせいで、グンマーにはかすりもせずに、空中を貫くばかり。

「……お……ぐ……」

 腹部を思いっきり殴られ、ピクリとも動かずに気絶するやる夫。
 その手から、散弾銃がもぎ取られる。

「コイツハイマカラオレノモンダ。ヨビノタマトカネェノカ?(この武器は俺が頂く。予備の弾はないのか)」
「……」

 グンマーの問いかけに答えず、拳銃を構えたまま動かないやきうのお兄ちゃん。
 ……この騒ぎを聞きつけて、マッマ達も来た。

「死にたないなら、こっち来いひん方がええで」

 散弾銃の銃口をやきうのお兄ちゃんから逸らさずに、近くの鞄を探るグンマー。
 ……そこから弾倉のような物を取り出し、懐に仕舞う。

 (お前、他にも仲間がいただろう? だとすると、相手するには多勢に無勢だな)
「オマエ、ホカニモナカマイタダロ? アイテスルニャチトオオスギルゼ!」

 相手するには数が多すぎると判断したグンマーは、踵を返し、全速力で……。

「コンドアッタラ、ブッコロスカラナ!(次に出会った時は……容赦しない!)」

 窓を突き破り、外へと飛び出して行った。

 ……壊れた窓と、ぐちゃぐちゃに乱れた部屋の中を交互に見ながら、マッマは

「一体何があったのか、教えてもらおうじゃない」
「……教える事なんかあらへんわ。これ見れば十分やろ」

 明らかに苛立った口調で、やきうのお兄ちゃんが返す。

「アンタねぇ……!」
「ちょうどええタイミングやし……ワイはワイのやりたいようにやらせて貰うわ」

 そう言って、自分の鞄を拾い上げ、家を出ようとするやきうのお兄ちゃん。
 だが、その肩を掴み止めるのは……マッマだ。

「どこ行くのよ!」

 その答えの代わりに……やきうのお兄ちゃんはマッマの額に拳銃を突き付けた。

「……ッ」
「ワイはアンタの持ち物やない。……これからはワイの好きにやらせてもらうで」

 そう言って、やきうのお兄ちゃんも出ていった。




~~~~




「大丈夫かお?」
「私は大丈夫よ。そういうあんたはどうなのよ。気絶してたじゃない」
「……少々記憶が飛んでるけど、まあ大丈夫だお……」

 あの後。
 気絶していたやる夫を叩き起こし、全員で何とかチハに乗り込んでいた。

「……あいつの事は、もういいのかお」
「ええ。本人も言ってる通り、もうアイツとは"赤の他人"よ。でも、人殺しを放っておく訳にはいかないから、
 チハに乗ってあいつを追いかける。……向かった方向は確かに見たのよね?」
(うん……北東に向かってたみたいだよ)

 どれだけ畜生な発言をしていても、親は親。やはり、子供は大事なのだ。
 ……とは言え、さっきの事でその気持ちは80%程無くなってしまったのだが。


(あの2人は、放っておいて良かったんですか?)
「……ま、あれだけ言っておけば、作戦を良く考えるいい機会になるでしょ」

 ――――とにかく、"停戦"を持ちかける前に、それが本当に有効か考えてみて。
 家の前で別れる際に、マッマはしつこい程にいわっちに念を押しておいた。
 ……とは言え、最終的にどうなるかはいわっち次第なのだが。

「とにかく……できるだけ急いでよ。取り返しが付かなくなる前に、あの馬鹿をとっつかまえないとね」
(……とりあえず、無理のない程度で速度出すよ)



【D-2/一日目・朝】
【やる夫@ニュー速VIP】
[状態]:負傷(中程度)、血が付着、テンションsage、擬似賢者モード
[装備]:無し
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0~2(確認済み)、しょうゆ一㍑(1/4消費)@現実
[思考・状況]
基本:性欲喪失。とりあえず今は生き延びる
1:アイツ(やきうのお兄ちゃん)は怖いけど……でもマッマの言う通りにする
2:チハからは離れたくないけど、畜生マッマから離れたい。今のとこ出来そうにないけど
3:やらない夫がちょっと心配。でもやっぱりおにゃのこには会いたい
※擬似賢者モードによりテンションが下がり、冷静になってます。性欲が回復すれば再び暴走するかもしれません。

【畜生マッマ@なんでも実況J】
[状態]:健康
[装備]:ぬるぽハンマー@AA
[道具]:基本支給品一式×2、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0~1(治療に使えそうなものは無いようです)、ハイヒール一足@現実
[思考・状況]
基本:殺し合いを止める
1:あのバカを追いかける。
2:とりあえず、やる夫を戦闘要員兼弾除けにする
3:グンマーはどうしようか。行方が分かれば……
4:やる夫の友達のやらない夫に親近感

【チハ@軍事】
[状態]:損傷無し、燃料残り83%、内部が少し醤油臭い
[装備]:一式四十七耗戦車砲(残弾無し)、九七式車載重機関銃(7.7mm口径)×2(0/20)
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品1~3(治療に使えそうなものは無いようです)
[思考・状況]
基本:死にたくない
1:マッマの言う通りにする
2:殺し合いに乗った人には会いたくない
3:やきう兄に強い警戒。グンマーは……
※チハは大戦中に改良が施された、所謂「新砲塔チハ」での参戦です。
※チハは自分の武器の弾薬が無い事にまだ気づいていません。

※D-2の民家の中に、窓の大破した民家があります。どの辺りにあるかは不明





~~~~




「……」

 誰もいなくなったリビングで、ただ考えるいわっち。

(確かに、私は無条件にテレビ局から停戦を持ちかけられると思っていた……それに、その後の事も、
 具体的な事までは考えていなかった……ですが……)
「落ち込まないデ、いわっちサン……」
「大丈夫です、落ち込んでなどいませんよ……早い段階で欠点に気付けたのは、幸運でしたしね」

 ……そう。ここで、計画の欠点を知れたのだから、無駄ではない。
 あくまでも前向きに、いわっちはそう考えることにしたのだ。

「……テレビ局に、向かいましょう」
「? どうしテ?」
「やはり気になるのです。テレビ局を使えば、本当に停戦を持ちかけられるのかが。ですから、
 先にテレビ局を調べようかと思います。幸い、ここからだとそう遠くはありませんし」
「……デモ、途中で怖い人たちに出会ったラ……」
「……私がついていますから、大丈夫ですよ」

 誰が見ても強がりだと分かるその発言。
 だが、それでも。
 しぃの心を幾らか安心させる事はできる。

(……できれば、身を護れる何かがあればいいのですが……)

 一抹の不安を抱え、2人はテレビ局を目指して歩き出した。


【D-2・民家/一日目・朝】
【しぃ@AA】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品(1~3)
[思考・状況]
基本:皆死んじゃうのはイヤ
1:ギコ君、大丈夫カナ……?
2:いわっちサンと一緒にテレビ局に行く
3:カイブツ(ネメア)がコワイ……できればもう遭いたくない

【いわっち@ゲームハード】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、モデルガン@サバゲ、救急箱@現実、不明支給品(0~1・本人確認済み)
[思考・状況]
基本:殺し合いをやめさせる
1:本当にテレビ局からダイレクトができるか確かめに行く
2:情報や人を集めたい。"異世界"の事も調べたい……
3:手はずが整い次第、停戦を持ちかけたいが……




~~~~




(よし……)

 チハに乗って走っていくマッマ達を尻目に、やきうのお兄ちゃんは路地を歩いて行く。

(拳銃の弾、あんま残っとらんなぁ……弾切れしたら、どないしよ……)

 野球場で荷物を検めた時には、拳銃の予備弾のような物は見当たらなかった。
 つまり、装填されている弾を撃ち切ってしまえば、それまでなのだ。
 ……武器になる物は他にもあるが、拳銃程の利便さはない。
 銃と言う物は、この場において大きな力となるのだ。

(一応武器になるモンはあるけど……正直、銃の方がええわ。こんな状況じゃ贅沢言ってられへんけど)

 そう考えると、やはりあの銃を奪われたのは残念なことだった。

(探し出して奪い返そうにも……武装したアイツには、勝てるかどうか分からへんしなあ。というか、
 どこにおるんかも分からへんしなぁ……)

 はぁ、と大きな溜息をついて、トボトボと歩き続ける。






(そういやさっきから、少し頭痛いんやが……何でやろか……?)

 ――――自身を蝕むモノに、気付かないまま。



【D-2/一日目・朝】
【やきうのお兄ちゃん@なんJ】
[状態]:健康、エルメェス菌浸食中(程度不明)
[装備]:H&K USP@現実(6/16)
[道具]:基本支給品一式×3、PDA(忍法帖【Lv=03】)、PSP@現実、木製のバット@現実、釘バット@現実、
    ひかりのこな@ポケットモンスター、台風コロッケ(残り11個)@現実、不明支給品×1~3(確認済み)
[思考・状況]
基本:生き残る
1:何とかして、銃を手に入れたい
2:もうマッマに会う気はない。次に出会ったら……
※エルメェス菌に感染しました。どのような影響があるのかは不明です
※やきうのお兄ちゃんがどこに向かったのかは、後続の書き手さんにお任せします




~~~~




「ヘヘッ、コレガアリャアイッキニラクニナルワ(これで、戦いが楽になる……)」

 少々足は痛むが、まだ戦える。……完全ではないが、足の傷も少し治った。
 一層、優勝への欲望を増して、路地裏を駆け抜けるグンマー。

「ダケド……サスガニ、コノアシデバンバンタタカウノハキツイワ(だが……この足では、戦いに支障が出てしまう)」

 自分には、村を護る使命がある。
 だからこそ、ここでやられるわけには行かないのだ。
 そのためにも、体調を整えねばならない。

「ドッカニカクレテ、ナオルノマツカ……? イヤ……(どこかに隠れて、傷の回復を待つか? だが……)」

 幸いにも、ここは住宅街。
 隠れる場所は、幾らでもある。

「……ベツニ、ビビッテニゲテルワケジャネエシ……(……これは、敵前逃亡などではない……)」

 長々と、考えている余裕などない。
 戦場では、その隙が命取りになるのだから。
 グンマーは……それを、言葉では無く心で知っていた。
 だからこそ、素早い決断を下した。

「シャーネー、シバラクカクレッカ。ダガ、コッカラハナレタホウガイイワ」
(仕方無い、暫く身を隠そう。だが……ここからは離れた方がよさそうだ)

 そう呟いて、グンマーは走るスピードを上げた。


【D-2付近/一日目・朝】
【グンマー@まちBBS】
[状態]:健康、首筋に血を吸われた痕、足負傷(中程度・回復中)
[装備]:熱光学迷彩服(所々破れている)@攻殻機動隊、サイガ12(8/8)@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、洗顔クリーム、予備マガジン
[思考・状況]
基本:優勝して、村を守る戦士になる
1:今は何処かに隠れて傷の回復を待つ。
2:頃合いを見て、戦場に赴く
※チハが喋ることを半信半疑に思っています
※やる夫を自分と同様に成人の儀を受けているグンマー出身者だと思っています


≪支給品紹介≫
【サイガ12@現実】
90年代に開発された、セミオート式散弾銃。装弾数8発。
ある程度の連射も効くので使いこなせば恐ろしい武器になる。


No.74:第一回定時カキコ 時系列順 No.76:さー、新展開。
No.74:第一回定時カキコ 投下順 No.76:さー、新展開。
No.57:Knight of Nights いわっち No.85:茶鬼
No.57:Knight of Nights しぃ No.85:茶鬼
No.70:【悲報】やきう兄ついに出会う やきうのお兄ちゃん No.89:どうしてこうなった
No.70:【悲報】やきう兄ついに出会う やる夫 No.92:答えのない自問自答
No.70:【悲報】やきう兄ついに出会う 畜生マッマ No.92:答えのない自問自答
No.70:【悲報】やきう兄ついに出会う チハ No.92:答えのない自問自答
No.70:【悲報】やきう兄ついに出会う グンマー No.100:究極の味、究極の代償