※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神は死んだ/俺が殺した  ◆i7XcZU0oTM




 碌に辺りも見ずに、歩き続けたせいだろうか。
 気がつけば、月はあの忌わしい砂糖工場から、かなり離れていた。
 道中、微かに声が聞こえて来たが、声の発信源から離れ過ぎていたためか、上手く聞き取れなかった。
 あれは一体何だったのか……普段ならば、いくつも候補が出てくるようなこの問題。
 だが、今の月の精神状況では、とても普段の頭脳を生かすことができそうにない。
 何かを考えようとするたびに、チラチラと頭の中に浮かぶものが、月の思考を妨げる。

(……いつまで、お前は僕の頭の中に居座るつもりなんだッ……!)

 ダディクールを、自分の手で、殺した瞬間の光景。
 自分の手で、直接手を下した時の、手に伝わってきた感覚。
 あの瞬間の全てが、月の脳裏に、消える事なくくっきりと残っている。

 どれほど、振り払おうとしても。どれだけ、忘れようとしても。
 やればやるほど、それはより強く脳裏に刻まれてゆく。
 それこそが、他人の命を奪った、否定しようのない事実であり、証拠だ。
 今までも、デスノートで命を奪いはしたが、あくまで間接的でしかないのだ。

「…………!」


 どれだけ逃げ続けたとしても、罪からは逃げられない。
 目を逸らそうが、逃げ出そうが、罪はどこまでも追いかけてくる。
 いつかは、逃げ切れなくなる時が来る。
 逃げ切れなくなった結果、どうなるかは……分からない。




「ここは……地図で言うと、どの辺りになるんだ……?」

 PDAと地図を取り出し、簡単に現在位置を把握する月。

(C-4……結構な距離を歩いたようだ……)

 自分のいる場所。
 何でもない情報ではあるが、それを改めて確認したお陰なのか、月の心は今の所平穏を保てている。
 これが続くならば、冷静に物事を考えられる筈。
 月自身も、そう考えていた。






「……へぇ、何だか変わった奴が来たね」

 ここで生き延びる為には、できれば遭遇しない方が良い相手。
 そいつに、出会いさえしなければ。




~~~~




(やっぱり、誰もいないなぁ……人っ子一人いないや)

 閑散とした街中を闊歩するモララー。
 一見、スキだらけの行動だが実際はそうではない。
 傍目からはそうとは見えないが、常に周囲を警戒しつつ進んでいるのだ。
 並大抵の相手であれば、襲い掛かった所で返り討ちにされるのがオチだろう。

「声のした所に行くと、百貨店に戻る事になるなぁ。まあ、得られるかもしれない成果に比べたら、小さいものだけどね」

 どう行動するにしろ、考え無しに動く訳にはいかない……。
 百貨店を"襲撃"するならば、その時が来るまでに用意をせねばならない。
 どのような手段を用いるのか、どこから攻めるのか、どの武器を使うのか。
 どれかが不完全であれば、そこから崩れてゆく。

(方向はこっちでいいよね、多分)

 だが、襲撃を実行に移すのであれば、当然百貨店へと行かなければならない。
 モララーのいるこの街からでも、百貨店は少し見える。
 そこを目指して進めば、到着までそう時間は掛からないだろう。
 だが、この場では何が起こるか分からない。
 ……もしかしたら、何者かに襲われる可能性も十分ある。
 百貨店で起こるであろう戦いの前に、負傷等は避けたい……。
 そんな考えが、モララーの頭の中にあった。

(場所や大きさによっては……動けなくなる可能性も十分にある以上、極力負傷は避けたいな)

 もちろん、相手によってはそんな事も言ってられないのだが。
 ……多少の負傷を覚悟で、全力で殺しにいかねばならない相手。
 そんな相手が、いないとも限らない。
 今の所、そんな相手にはモララーは遭遇していないが……。今後、遭遇する可能性はある。
 その想像を、モララーは首を横に振って振り払う。

「とにかく、今やるべきことに集中した方がいいや」

 それほど強大な相手なら――――出遭った時に、確実に殺せばいいだけのこと。
 この場にいないのであれば、被害を受ける事などないのだから。
 それより、今やらなければならない事に集中した方がいいに決まっている……。





「大きい十字路だなぁ」

 またスタスタと歩き続けていると、普通の十字路に差し掛かった。
 確か、あの街にもこんな感じの交差点が……沢山あったような。
 それほど古い記憶ではないのに、ぼんやりとしたビジョンしか頭に浮かばない。
 あまり、重要と言う訳ではない記憶だからなのかもしれない。
 その証拠、になるかは分からないが、自身の行った戦闘の記憶は、しっかりと頭に残っている。

(……何やってるんだろう。こんな所で、油売ってる場合じゃないや)

 そう思って、百貨店目指して、足を進めようとした時。
 別の道から誰かが歩いてくるのを、モララーは確認した。
 作業着のような物を着て、肩に鞄をかけている。

「……へぇ。何だか変わった奴が来たね」

 モララーの発した声に反応して、男――――夜神月は、垂れていた頭を上げた。
 頭を上げ、視界にモララーの全身が映った瞬間。
 月の表情が、一瞬で凍り付く。

「……な……」
「何をそんなに驚いてるの? ずいぶんと失礼な人だなぁ。ただ、出遭っただけじゃないか。
 自己紹介でもしようか、僕はモララー。アンタの名前は?」

 月の脳裏に、PDAを確認した時の光景が蘇る。
 ……殺人者の中に、"モララー"と言う名前は……あった。それも、一番目立つ上の方に。

「う……嘘だろう……? こんな所で……こんな奴に、遭遇するなんて……ッ」
「嘘な訳ないじゃん。僕は実際にここにいるし。アンタもそうだろ?」

 危機を察知したのか、月の頭脳が急加速する。
 ……こいつに対抗できる何かはないのか?
 月の持っている武器は、牛刀にスタンガン。鞄の中に、ブラックジャックにガスバーナー。
 弾切れの56式自動歩槍に、(使い方を理解していないが)毒霧の杖。
 一方、モララーの武器は突撃銃一丁に狙撃銃一丁。
 月は今の所知る由もないが、これに加えて赤い刃も持ち合わせている。
 その上、元々の身体能力でも、月はモララーに引け目を取っている。

(どうすればいい……!? どうすれば、この緊急事態を乗り越えられる……!?)

 どれだけ考えた所で、1つの答えに収束するだけだ。
 ――――戦うしかない。戦い、倒すしかない。こいつは、"善良"とは程遠い存在だ。

(……でも、どうすれば?)

 戦った所で、勝ち目がないのは分かり切っている。
 牛刀で切りかかっても、辿り着く前に蜂の巣になるのが関の山。
 ならば、手持ちの武器を投げてみるか?それも、おそらく無駄な抵抗になるだろう。
 モララーと月の距離は4メートルほど。投げれば届くだろうが、あくまでそれだけだ。
 ……傷をつけ、命を奪くまでには到底行かないだろう。
 万事休すか、八方ふさがりか。どちらの言葉も、今の月の状況を現すには丁度良い言葉だ。

「ずいぶん驚いてるね。まあ、こんな姿の奴に出会えば別段おかしい反応でもないからな」

 右肩に巻かれた、白い……いや、白と赤のツートンカラーに塗られた布。
 体の所々に付着する、赤黒い斑点。右手に持つ突撃銃……。
 確かに、モララーの言う事にも一理ある。

「それより……こうやって出遭った以上、アンタを生かしておく訳にはいかないからな」

 チャキッ、と小さな音を立てて、突撃銃が構えられる。
 ……標的は、もちろん月。

「あ……」
「それじゃ……これでお別れだからな!」

 引き金が引かれる寸前。
 何もかもを捨てて、走り出す月。
 ……何をどうする、これをああする、そんな考えよりも、本能が勝った。

















 ――――死にたくない 生きていたい

(……僕は、まだ死ぬ訳にはいかな――――)














 静かな街に、銃撃音が木霊した。




~~~~~




「ちょっと時間と銃弾を浪費しすぎたかな……?」

 何食わぬ顔で、百貨店を目指し歩を進めるモララー。

(時間も弾も、有限。無くなってしまったら、終わりだからな!)

 来たるべき"時"が来るまでは、なるべく無駄ははぶいていきたい。
 だが、今回の様に、誰かに遭遇した時は、そうも言っていられない状況になる可能性も、大いにある。
 そのためにも、先程仕留めた男から、有用な武器が手に入れば良かったのだが……。

(微妙なモノしか持ってなかったな。あれくらいの武器じゃ……ちょっと頼りないね。銃もあったけど、
 弾が切れてちゃ役立たずだよ)

 結局、収穫は忍法帳のポイントが入ったPDAのみだった。
 それでも、1人仕留めただけで2も忍法帳のレベルが増えるのだから、大きい収穫だ。

(でも……レベルが上がってたってことは、アイツも誰かを一人殺してたってことだよね。まあ、別段興味もないけど)

 とにかく、今は百貨店を目指そう。
 辿り着いて、準備を整え次第に……行動する。

(肩の傷もあるし、直接交戦するのは避けたかったけど……このチャンスをフイにする訳にはいかないからな)


【C-2・北西付近/1日目・朝】
【モララー@AA(FLASH「Nightmare City」)】
[状態]:右肩に銃創、赤い刃使用可能(残量小)
[装備]:H&K G36(10/30)@現実、根性ハチマキ@現実(肩に巻いてます)
[道具]:基本支給品一式×2、PDA(忍法帖【Lv=04】)、夜神月のPDA(忍法帳【Lv=01】)ランダム支給品0~2、
    モシン・ナガンM28(4/5)@現実、H&Kの予備マガジン
[思考・状況]
基本:優勝狙い
1:百貨店を襲う。そのためにも、まずは百貨店へ
2:傷が癒えるまでは直接的な戦闘を避けたいけど……チャンスを逃したくはない
3:殺し合いに乗る、強者はなるべく後回し
※出典元により、自在に赤い刃を作り出す能力を持っていますが、連続して使用するとしばらく使えなくなります
※日本鬼子、鬼女の姿のみ覚えました。一条三位に関しては正確な姿を覚えられませんでした
※八頭身、モナー、ギコ、しぃ等を、ナイトメアシティに関係する者だと思っています




~~~~~





 モララーも鞄の物色を終え、この場を立ち去ったあと。


(…………嫌だ…………死にたく、ない…………)


 足に、肩に、背中に銃弾を受け、もはや生きているのが精一杯な状態で、月は倒れていた。
 ……もう助かる見込みなどない状態で、ただ何も出来ずに終わりの時を待つ。
 それが、月にとってどれほどの屈辱なのかは、計り知れぬほど。

「…………誰か…………助、け…………」

 残った力を振り絞り、精一杯絞り出した言葉を、聴く者は誰もいない。
 何かを掴むかの様に、月は手を前に伸ばすが、手を取る者は誰もいない。
 たった一人で、孤独に飲まれながら、月は死ぬ。
 その事実を悟った瞬間、月は狂おうとした。叫ぼうともした。
 だが、もう狂う力も、叫ぶ力も、残されてはいない。













(…………新世界の、神になる、はずだった、のに…………どう、して…………)











 新世界の神を自称した青年は、おおよそ神には似つかわしくない終わり方で――――あっけなく、斃れた。


【夜神月@AA 死亡確認】
【残り45人】

※夜神月の所持品は、夜神月のPDAが無くなった状態で遺体の傍に放置されています。

No.89:fate of the blood 時系列順 No.91:ハルトシュラーのパーフェクト説得教室
No.89:fate of the blood 投下順 No.91:ハルトシュラーのパーフェクト説得教室
No.88:ひと時のマターリ モララー No.98:天才あらわる
No.61:絶望ダディ/壊れた救世主 夜神月 死亡