※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】チハ


【出典】軍事(実在戦車)


【AA】

<チハ図解>                  
                ___   ――――――――チハ坊:チハを自由自在に操る鋼鉄の騎士
               ヽ==☆=/ /             チハを愛し、チハに愛されることで通常の3倍の性能を引き出すぞ!
              ∩( ・ω・)∩ チハタンばんじゃーい
              ─┬=====┬─┬─┬        ――チハ主砲:「帝国の稲妻」と呼ばれたチハの必殺兵器
                 ヽ┴-----┴ 、/_ /      /       57mmの巨大な砲弾で、機関銃巣もイチコロだ!      
             ==||:|:  :|: 「r-┴──o
 ______________ |:|:__ :|: ||--┬┘ ̄
 |ミ///   /         ~~|ミ|丘百~((==___ ――――チハ車体:コンパクトかつチャーミィに仕上げられた形状には
└┼-┴─┴───┴──┐~ ~ ' ' ' ' ' - ゝ -┤            「極東の鉄の美少女」と、連合国も大絶賛!
 ((◎)~ ~ ~O~ ~ ~ ~ ~O~ ~(◎))三)──)三)
  ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ  
                        ――チハキャタピラー:敵陣地を踏み荒らし大陸を駆け抜け、
                                   「地獄の大車輪」と呼ばれたその豪脚には、韋駄天ハインツもびっくりだ!

【人物】
九七式中戦車チハとは、第二次世界大戦で日本陸軍が使用した中戦車のこと
他の中戦車に比べてサイズが小さく、火力も控えめ、装甲も「紙」となんか不憫でかわいい
性格は気が弱くて泣き虫、少年口調。守ってあげたいかわいらしさ
なにげに国語の知識がある。その意外性もかわいい。チハタソばんじゃーい

【特徴的な口調など】

【あだ名】

【能力と制限】

【解説】
帝国陸軍九七式中戦車チハは第二次世界大戦時に日本軍で主力で使われていた戦車である。
歩兵支援の戦車として作られたが、火力は低く、あたり方によっては一撃で壊れたため、最弱の戦車と揶揄されることが多い。
チハたん、などの愛称で呼ばれAAも作られた軍事版のマスコット的存在。

なお、今回はチハ坊は登場しない
他の軍事兵器たちと同じように直接脳内に伝える


以下、ネタバレを含む

+ 開示する