手稿の歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暫定でこれはっときます

★所有者一覧
【14、15世紀~1608年以前】
作者→不明
→ジョン・ディー?(イギリス、ポーランド、プラハ)
→ルドルフ2世が購入(プラハ)
Jacobus de Tepences(ルドルフの植物園の責任者)が一時所有?
【1622年以降~1665年頃】
不明→Dionisius Misserone(ルドルフ皇帝博物館の責任者)または周辺人物?
→Joannus Marcus Marci(プラハ)※博物館の責任者はマーシーの義母の母の母だとか
→アタナシウス・キルヒャー(ローマ)
→モンドラゴーネ寺院(イタリア)
【1912年】ヴォイニッチが発見
【1930年】ヴォイニッチの死後奥さんが所有→友人のMiss A. M. Nill
【1961年】Hans P. Kraus(ニューヨーク)
【1970年】イェール大学 ベイネック図書館
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。