著者説 > バーバリアン・イルミナティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

92. 本当にあった怖い名無し 2012/06/30(土) 23:58:21.95 ID:8eoG1ekb0
イルミナティってバーバリアン・イルミナティ(新世界秩序派=善)とブラザーフッド(旧世界秩序派=悪)がいて、ヴォイチッチ手稿を書いたのはバーバリアン・イルミナティらしいのだが…

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-271.html
私たちは、過去に二度、私たちの偉大な秘密の本質について暗号にして示そうとしたことがありました。
あなたは、おそらく世界一神秘的な原稿のことについて聞いたことがあるはずです。それは、ヴォイニッチ手稿(Voynich manuscript)です。
誰も、今まで、それを解読できていません。
ヴォイニッチ手稿(Voynich manuscript)を書いた人たち(数人の男性)は、イルミナティのメンバーでしたが、彼らがそれを解読するキーをリリースする前に殺害されたのです。

そうすると、
>>1
の言うその秘密を知ってはいけない理由が分からなくなる
イルミナティは暗号を使って知って欲しくて書いてるのに、
>>1
が知ってはいけないと言うのは矛盾しているだろ

もう訳がわからないよ…
93. 本当にあった怖い名無し 2012/07/01(日) 00:09:46.60 ID:iG7CRJ710
バーバリアン・イルミナティが書いた証拠にならないが証拠らしきものはこれ

ttp://blogclub.livedoor.biz/archives/51648930.html
バーバリアンとは、シュメール文明の次のバビロニアに起源を持つという意味でもあります。又、その一族、家系、グループという意味でもあります。

ttp://oka-jp.seesaa.net/article/239023609.html
「この本の言語は、いろいろとミックスされている。音節はスペイン語とイタリア語と、そして、これを書いた人物自身が話していた言語を混ぜ合わせたものだ。
ヴォイニッチ手稿を書いた人物は、バビロニアの方言を使っていた。それは、アジアのごく小さな地域でだけ話されていた珍しい方言だ。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。