アイス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

甘い物だって?

夜にそんなもの食べてみろ。あっという間に体重計の数字が増えちまう。

 

京太郎「でもさ…無理なもんは無理なんだよな」

 

冷凍庫を開けたらさ、牛乳をぎゅっと握ったみたいに白いアイスが見えるんだ。

悪戯心でアイスの棒に触ってみろよ。冷やっとした木の棒が、凍りついたみたいに指から離れないから。

 

咲「わあ…凄い、おっきくて太いよぉ…」

 

ああ、何本で数百円なんてチャチなもんじゃない。一本126円だからこその価値だ。

スベスベした白いアイスが部屋の明かりで一層白さを際立てる。

 

和「こんなに白くて…ん…いい匂いです…」

 

そう。冷気と一緒にほのかに鼻をくすぐるミルクの香り。口の中でじゅわっと唾液が漏れてしまうくらいに強烈だ。

 

優希「も、もう…我慢できないじぇっ!」

 

いい食べ方だ。上から咥えこむ、そしたらじんわり唇と口の熱で溶けたミルクが、舌に触れて広がっていく。

まろやかな甘さがスーッと、染み込むように。

 

久「ふあ…れろ、ん…だめ、垂れてきちゃう…」

 

アイスは冷たいうちに食べるのがいいんだ。棒アイスは溶けて落ちきてしまうという焦燥感が、アイスにとって最高のスピードで食べさせてくれる。

そうやって弄ばれるのに、美味しいから、嫌な気分なんてこれっぽっちもないんだ。

 

まこ「ん、美味かった…ああ、棒にまで染みこんどる」

 

締めは木の棒。ゴミだなんて冗談じゃない。

強いミルクを名残惜しむ舌が、木の棒に残る香りを楽しもうと躍起になってくれるんだ。

徐々にミルクが抜けて、今度は木の香りが鼻腔に抜けて清涼剤になってくれる。ねっとりした濃厚な後のこれは、鼻直しとでも言うべきか。

 

京太郎「――ごちそうさまでした!」

 

ああ――これがいいんだよ。太るとかニキビが出来るとか、後から心配になるのも青春ってもんだろ?