鶏ハンバーグ ちょい和風


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

量が多くて、男でも満足できる。そして安い。そんな料理の一つがこれだ。

用意するのは玉ねぎ、鶏ミンチ、パン粉、卵。まずは玉ねぎを縦と横にザクザクと、微塵切りにはせずにカット。

 

咲「京ちゃん…なんでそんなことするの…? ひどいよ…」ウルウル

 

いいから離れてろ。あと擦ると余計目が痛くなるぞ。

後はもう適当にボウルにぶち込んでしまえ。さっきの材料を目分量! 適当にドバっとぶち込め!

そんでー…手で混ぜる! 思いっきりな!

 

和「ああんっ! お肉がグチュグチュ音を立てちゃいますぅ…なんか私こういうのばっかじゃないですか? いいんですけど」

 

お前が率先して声出してんだろ…

まあ分かってるとは思うけど、ハンバーグだな。鶏の淡白な色のせいで肉々しい感じは薄い。

でもな…焼く前でもわかる、この鮮やかな照り。卵が絡んだおかげで黄金色の宝石みたいじゃねーか。

 

優希「タコスはまだかー? ひき肉ならタコスだろー」

 

知らんがな。タコスがいいなら普通に帰れ。

さあ焼くぜ! 整形なんて適当だ、丸くして平べったくしてフライパンにー、置く!

裏表に焼き目を付けるからな、少しだけ時間が掛かる。その間に用意するのはこれだ。

本つゆ、みりん、醤油、片栗粉。分量? 好きにしろ! 混ぜて、混ぜる。出来上がるのは黒い汁…いいねえこの匂い、日本人って匂いがプンプンしやがる。

 

久「片栗ってなんでクリの花の匂いがしないのかしら…白くて粘り気はあるのにねー」

 

食用失格だそんなもん。

おっと…ジュウウっと良い音がフライパンからするじゃんか。両面焼けて白い肌に黒いワンポイント。これこそハンバーグって色だよな。

さてと…次はどうするか。分かってるよな。ここにさっき作った黒い汁をザバッと投入すればいい!

おおう! くるぜ来るぜ! 醤油の焦げる匂い、本つゆのダシの香り。でも後で会おうな、一旦閉めとくぜ。

 

まこ「あー…涎が出るわ。こんだけ出ればわざわざ濡らさんでもええな」

 

…よし! ここだ! ムワッと襲い掛かる湯気は正に和風。日本の繊細な調味料を後先考えずに混ぜ込んだだけの味付けだが、淡白すぎるハンバーグには合うんだぜ?

ほら、盛り付けるだけで白い肉が焦げ茶色のトロミで覆われてく…あとはご飯でもあれば御の字ってもんだ。

 

京太郎「――ごちそうさまでした!」

 

――ああ、これがいいんだよ。男の一人飯なんて、適当にウマイもんができたらそれでいい。そうだろ?