うどん 三玉百円


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イマイチ重いのは食べたくない、そんな暑い夏の日もあるよな。

そしたら俺はこれで行く。三玉百円、スーパーのおうどんだ。

 

咲「ヌードルより太くて刺激が微妙なんじゃないかな?」

 

お前に男の何が分かるってんだよ。食いもん粗末にすんな!

まあ……用意も別に大したことないけど。うどん、醤油、みりん、ほんつゆ。お好みで削り節、ワカメ、温泉卵、天かすってとこかな。

 

和「さすがにカスはちょっとツラいんですが」

 

真顔で何言ってんだお前は。どうしたら思考がそっちに向かうのか……

さて、まずは湯を沸かす。で、うどん入れる。少ししたらザルにあける。水でジャバジャバする。

ここまで5分、麺類の時間のコスパがいかに優れているかがよく分かるぜ。

 

優希「そ…そのぶん、デートなら他にたくさん回れる…かも」モジモジ

 

? どこからその考えが出現したのか…今日はみんな飛ばしてんなあ。

汁はさっきの醤油とみりん、本つゆを適当に混ぜて水割りに。うどん入れる。

 

久「須賀くーん、私ロックね」

 

はいはい、氷もいれときますよ。まあ麺が締まっていいですよね。

そんでチョイチョイとお好みで盛って…ほい出来上がり!

音を立てて啜れば醤油とつゆのスキッとした塩辛さ。卵を割ればマイルドに、ワカメが絡めば歯ごたえが。物足りなさは天かすが補ってくれる。

簡単に噛み切れる安物だから、食べにくさとは無縁だ。つるりと喉を流れる麺は次から次へ、胸を通って落ちていく。

 

まこ「なあ京太郎…わしの分、ワカメが多くないか?」

 

いえ、それ俺の分っす。ワカメ好きなんで。

……ええい、誰が酒の話をしとるか! 和はなんで残念そうなんだよ!

 

京太郎「――ごちそうさまでした!」

 

ああ――うん、腹はそれなりに膨れるよな、百円のお味でございます。それでもあっさり食べるには、十分だろ?