一年と一か月後の誕生日。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なんだって、いつだって唐突だ。

すなわち万物の事象はすべからく唐突かつ必然であって、記憶と言う奴は全てを残すことなどできはしないのである。まる。

 

「あ、あの…すまんっ! 本当に俺が悪かった!」

「別に、いいわよ。忙しかったんでしょ」

 

いいわよ、という言葉は許してくれる感じではないらしい。

ムスッとした顔は一切緩まず、思い切り目を逸らされてしまう。

正直気まず過ぎて声も出やしない、その癖汗は出るんだから世の中困ったもんだ。

そして彼女の口からはため息が一つ。

 

「もういいってば。こんなことで辛気臭くなるのも嫌だし、みんなの所行くわよ。ほらシャキッとする!」

「うす…あこちゃーさん」

「その呼び方やめんか!」

 

シャキッと言われてもな。

知り合って一年と一か月、季節のイベントも通りいっぺん終わらせた頃。

プレゼントどころか誕生日のことを、今朝穏乃に呼ばれるまで忘れていて。

笑顔で前を歩く彼女を見るたび、後悔や色んな念が押し寄せてくるわけで。どうにか鞄なんかを漁ってみるわけで。

 

「お……あこちゃー」

「だからその呼び方やめいっ!……って、なにそのお辞儀」

「さっせんしたっ! なにとぞ、なにとぞお納め下さい!」

 

詫びのお辞儀は90度。差し出したるはお気に入りのウナギパイ。

10秒たっぷりの沈黙にやっちまったかと冷や汗が出るが、大きなため息の後に指先が軽くなる。

 

「なんでウナギパイなんて持ち歩いてんのよ…」

 

う、美味いじゃないですか……

 

「はいはい…ま、一応ありがとね。来年は期待してるから」

 

苦笑と一緒にひらひら揺れる彼女の手。

パキリと折れたウナギパイの半分ずつが、俺と彼女の口に収まったのである。まる。