ホットライン。レベル19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホットライン。レベル19

 

『もしもし? 今大丈夫か?』

 

憧「いいわよ別に。なに?」

 

『いや…用は無いんだけどさ。今ジョギングで展望台の上に来てるんだよ』

 

憧「へー、いいじゃない。夜景とか見える?」

 

『結構街の明かりとか見えて綺麗だぜ。なんつーか一人で見てると、ちょっと寂しくなってくるよな』

 

憧「あー…分かる気がする。それで電話してきたわけ?」

 

『女々しい感じあるか?』

 

憧「別にそんなこと無いけど…」

 

『そっか。ホント静かなんだよなぁ、風と木の音ばっかで誰も居ない感じでさ』

 

憧「…声、なんだかスッゴイ寂しそうよ?」

 

『あー…なんだろな。わり、あんまテンション上げられないから切るわ』

 

憧「……ダメ」

 

『へ?』

 

憧「もしそこにまだ居るつもりで、他に電話する人がいないなら切っちゃだめ」

 

『……それじゃ、少しだけ付き合ってくれるか?』

 

憧「ん。そうだ、今日の事なんだけどね――」