ホットライン。レベル22


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホットライン。レベル22

 

憧「もしもし?」

 

『よ、どうした?』

 

憧「特に用はないんだけどさ…もう東京行く準備は終わった?」

 

『まーな。つっても適当に着替えと暇つぶし道具、デジカメくらいだけど』

 

憧「あー…男子はいいわよねー、全部アメニティで終わらせちゃうんでしょ」

 

『よく御存じで。でも部活で持ってくもんは俺が担いでくぜー』

 

憧「そうなの? さすが男手。あーあ、うちにも男子がいたら荷物全部持ってくれるのにー」

 

『全部は持たねーっつの! つーか男に手荷物預けないだろ?』

 

憧「んー…ちなみにアンタだったら、手荷物預けられたらどうするワケ?」

 

『普通に運びますー。どうもしねーっての』

 

憧「ふぅーん…根性なし」

 

『なんでじゃ! んで? 何かしたらどうするよ』

 

憧「変態。生きる価値無し」

 

『どーしよーもねーのな…』

 

憧「そういうコト。ま、根性なしが丁度いいってことで…あ、化粧水忘れちゃった。買ってこないと」

 

『そっか。それじゃあまた――』

 

憧「えー、いいじゃない。薬局まで暇だもん、もうちょっと付き合ってよ」

 

『へいへい…りょーかいしました、ワガママお姫様』

 

憧「よろしい。ふふっ、それじゃあまずは――」