ホットライン。レベル25


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホットライン。レベル25

 

『もしもしー』

 

憧「はいはーい、お待たせ。なんだか楽しそうねー」

 

『そうか…? まあ個人的に面白いことがあったからな』

 

憧「なになに? わざわざ言うからには自信あるんでしょーね」

 

『いや俺の個人的な感想だけどな…それがさ、俺の友達なんだけどすっげー機械オンチなんだよ』

 

憧「あー、いるわよねたまに。私は見たことないんだけどさ」

 

『それで俺にスマホで連絡したかったみたいなんだけど、分かんなくて使い方を俺に聞きに来たんだよ』

 

憧「…ん? 連絡を取りたかったのよね」

 

『そう。そんで使い方押してたらさ、俺の目の前で俺に電話かけてきた』

 

憧「……ちょっと頭痛くなってきたんだけど。よく面倒みられるわね」

 

『まあ慣れたっつーか…あいつポンコツだからなあ、寒いって言って男の布団に潜り込むアホなんだよ』

 

憧「ふーん…………そう、女の子なんだ」

 

『おう。機械オンチなのは昔からなんだけどな、そうそう他にも色々あるんだけどそいつさあ――』

 

憧「――ごめん、ちょっと、用があるから切るわね」

 

『あ、そっか。ごめんなー、また今度』

 

憧「うん……また、こんど」ピッ

 

憧「……」ゴロン

 

憧「あー、なんだろ…」

 

憧「――その子は、アンタの事、きっとたくさん知ってるのよね」

 

憧「もう…寝よっかな」