市販アイス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あっつい夏の日、こういう日にはどうしてもアイスが食べたくなるのよね。

スーパーにはいくつも種類あるし、つい買っちゃうし。

 

穏乃「ぱっぴこぱぴこー、ふぁー、みへみへー! じゃぶるふぇらー」チュパチュパ

 

なに純粋で楽しそうな笑顔浮かべながらのたまってんのよ! 一個ずつ食べなさい!

私の場合はこれかな…ピノ。時々星ピノが入ってたりするのよねー。

 

玄「牧場搾り! 牛さんのおもちから溢れるミルクが…はふぅ、なんだか体が熱くなっちゃいそう」

 

アイス食べて体が熱くなるってどうなのよ…てゆーか牛でもいいわけ?

 

玄「ち、違うよぅ! 私が想像したのは牛さん水着を着たおねーちゃんで…」

宥「ふぇっ!? ぼ、母乳はでないよぉ…」

 

当たり前でしょうが! 出てたらびっくりってレベルじゃないっての…

んー…今日は残念、星ピノは無しっと。それじゃあさっそく一粒。

そうそう、これよこれ。薄いように見えてしっかりとしたチョコ、歯を立てるとキリっとしつこさのないバニラ。

複雑に口の中で絡み合って、トロッとあまーい刺激が喉を流れてく。

 

灼「サンデーカップ…今日は木曜なのにサンデーカップ…ふふっ」

 

曜日ごとに変わるって喫茶店じゃないんだから…そんなキャラだったっけ?

二つ目。口の中が冷えてきたせいで、さっきより溶けるのが遅い感じ。そのぶん舌にずーっと味が残ってる。

 

晴絵「いやー、やっぱり卵アイスじゃない? 最後ビュルッて出るよ、ビュルッて」

 

最後の二言、超いらないんだけど。

三つ、四つ。五つに、六つ目が最後。さすがに慣れるから飽きが来る、そんな直前に食べ終わるのがいいのよね。

名残惜しいからゆっくり咀嚼する。あまーい味と香りが口の中で広がるように。

それで最後に嚥下して、あとはお茶で口の中を潤して。

 

「ごちそうさまっ」

 

うん――たまには、いいわよね。後で運動すればいいんだし?