女子力向上委員会。レベル13

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女子力向上委員会。レベル13

 

健夜「お待たせ天江さん、オレンジジュースで良かった?」

 

衣「む…礼を言うぞっ。間もなく始まる、座して待て!」

 

健夜「うん、そろそろだね…天江さんは、須賀君がこの準決勝で勝つと思う?」

 

衣「…相手は強い。名は衣も聞いた相手がいる、衣なら勝てるけど、あの金髪雑魚には…」

 

健夜「難しい?」

 

衣「ん…運否天賦によれば、あるいは…わ、わっ! なでるなー!」

 

健夜「あ、ごめんごめん。でもそれなら大丈夫だよ」

 

衣「…なぜだ?」

 

健夜「京太郎君は麻雀を楽しんで、精一杯頑張ってるから」

 

健夜「あれだけ前向きなんだもん。きっと運も向いてくる…私は信じてるから」

 

衣「…信じる」

 

健夜「うん、私は京太郎君のこと信じてる」

 

衣「お前ほどのモノが信じるに値するのか?」

 

健夜「分からない…でも、信じてるよ。疑いようもないくらい、不思議なくらい」

 

健夜「さあ、始まるよ。一緒に見ていよう?」