女子力向上委員会。ラスト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女子力向上委員会。

 

会える日を待って、胸を高鳴らせるほど子供じゃない。

 

「…服は、こっちにしようかな。お姉さんっぽい方がいいよね」

 

それでも嬉しくなってしまうのは。

 

「お菓子は甘さ控えめ、カフェオレは砂糖抜き。あのお店…気に入ってくれるといいけど」

 

年甲斐も無いし、馬鹿みたいだと思う。

 

「笑顔…どう、かな」

 

少しはマシになった笑顔…こーこちゃんも可愛いって褒めてくれるけど、自分では少し不安だけど。

 

「うん、準備万端。早めに行こっと」

 

メールで褒めてくれたハンドバッグ。露骨すぎるかな?

 

少し香水、薄い化粧。細かいところに気付くから、もしかしたら何か言ってくれるかも。

 

 

人の目がチクチク刺さる。普段なら気になって落ち着かない目線も、どうして気にならないくらいで。

 

「――あ」

 

手を振って駆けてくる男の子。金髪って、目立つよね。それとも私の目が、金髪の男の子を探していたから?

 

頬が柔らかく緩んでしまう。軽く手を振るだけで胸の中が暖かい。

 

「久しぶり。元気にしてた?」

 

――胸を高鳴らせるほど子供じゃないけれど。

 

――お姉さんとして、引っ張るくらいはさせて欲しいな。