絆す

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 リザベーション。先輩達から聞いた話としては、凄い力だと思った。

 だからかな…あのとき、白水先輩と二人でいる時に、聞いてみたくなったんだ。

 

 

「部長、片付け終わりましたよ」

「ん、ありがとう。おかげで助かったとよ」

 

 夕暮れの部室には二つの影。卓を挟んで伸びたその闇が廊下につながるドアに重なって、なぜか部室と外界を遮断しているようにさえ、感じられた。

 

「いやあ、全然大丈夫っすよ! 部長のためならこれくらい余裕ですって!」

「そいか…少し時間ある? 良ければ打ち方指導くらい、できるよ」

 

 俺と話す部長は、いつもどこかたどたどしい。余所余所しいとは違うそれは、方言で分かりにくくならないように配慮してるんだと、花田先輩が言っていた。

 花田先輩とは方言バリバリなわけで、少し馴染み切れてない気もするけど…そこは年数の差だろう。

 それより、俺はと言えば白水先輩の、赤く燃える首筋がとかく気になっているんであって。

 

「うっす! お願いします!」

 

 優しく笑う白水先輩と長く一緒に居られるなら、苦手な麻雀もやる気になるってもんだろ?

 

 

 

「須賀はリザベーションのことは聞いた?」

「はあ…鶴田先輩と、和了りが連動してるって奴ですよね?」

 

 うん、と頷くと二つに分かれた髪の房が首筋を撫でる。目が向いてしまうのは…一応、許してくれてるみたいだ。

 

「少しだけ、気持ちいいんよ…あんまり言わないけど」

 

 恥ずかしそうな言葉。それに、妄想が加わってしまうのは思春期男子。

 だから悪戯心が芽生えちまうのも、それが後でどう影響するかも気にならないくらい、思春期で。

 

「それって、鶴田先輩が近くにいなくても使えるんですか?」

「うん。そうは言っても、麻雀以外で使ったことはなか。試合以外でもほとんど」

 

 無理だ。そう分かっていても、早くなる鼓動は止められないし、熱くなる呼吸は冷めてはくれない。

 出て行く言葉を、止められない。

 

「…それ、今ここで使って見せてもらうことってできません?」

 

 きょとんと開かれた瞳は、普段の理知的な部長と違って幾分可愛らしく見える。それが際立ったのは、直後のこと。

 

「あはは、使っても意味はなか。効果が出るんは姫子の番になってから」

 

 可笑しそうに、子供っぽく口元に手を当てて笑う部長。陽が暮れた部室の中は人工的な明かりだけが照らして、非日常的な雰囲気に包まれている。

 だから、部長はこんな、普段見せないような相好なのかもしれない。

 だから…俺は、立ち上がって、部長の肩に手を寄せたのかもしれなかった。

 

「使ってみてくれません?」

 

 

 

 …迷っているようだった。思えばここでピシャリと叱って貰えれば、たとえ部長との関係が冷えても、あんなことにはならなかったはずなのに。

 どうして、この人は頷いてしまったんだろうか。

 

「…仕方ない、じゃあ、私の手牌を作ってみて」

 

 ため息と苦笑。拒絶の色は無かった。

 さすがに何か月か居れば、山から手牌を作る動作くらいは淀みない。チャッと13牌を並べて、部長の前へ。

 それに手を掛けた部長が、いつもの動作を一つ。開けて、伏せて。目を閉じて。

 

「…リザベーション、スリー」

 

 そうつぶやいた瞬間、部長のピクリと体が震えた。

 本当に僅かな震えで、きっと手を肩に乗せていなければ分からないくらいのそれ。けれど確かに感じたそれ。

 

「…少しだけ、気持ちいいんよ」

 

 曖昧に笑う白水先輩。ほんのりと赤みを帯びた頬は、どうしてなのか。下衆な発想だけが頭をよぎっていく。

 悩むように自分の口元に手を当ててみれば、そこは少し……嫌に、歪んでいた。

 

「うーん…もっかい良いですか? あと一回だけ」

「まったく…ええよ、あと一回だけ」

 

 せめて。

 せめてここで、ゴミ手が来てくれれば良かったのに。

 手早く作った手牌が、白水先輩の開いたそれが。

 

「あ」

「えっ…」

 

 見てみれば、それだけで役満が確定してる手でなければ良かったのに。

 

 

 

「…こういう場合ってどうするんです?」

「ええと…姫子は倍の翻数になるから…7翻縛りにすっとよ」

 

 まあ、そうだろう。たとえまかり間違って26翻になったとしても、点数はひっくるめて全部役満だ。それなら7翻でササッと和了ってしまったほうがいい。

 けど…それじゃあ、つまらないだろ?

 

「リザベーション、セブ…」

「ちょっと待った」

 

 肩を掴む力を少し強めると、電気のスイッチのように言葉が止まる。不思議そうに俺を見上げる目が、やっぱりどこか子供っぽくて。

 

「…それ、13翻で和了りましょうよ」

「これなら確かにそれでも和了れる…ばってん、意味が」

 

 意味は、無い。

 けれどそんなことはどうだっていい、重要なことじゃない。問題になるのは『リザベーションスリー』があれなら、『13』はどうかってことなんだ。

 口籠る白水先輩。肩を掴んで離さない俺。徐々に先輩の雰囲気が冷たく、鋭いものになっていくのを肌で感じる。それを物語るように、開かれた口から漏れた声は鋭く、冷たいもので。

 

「そんな意味のない事はせん。須賀、今日はもう遅いし帰ろ…その手を」

「離してほしいなら、縛ってください」

 

 少しずつ見開かれていく先輩の目。驚愕の色の濃いその目で何を感じ取ったのか、しばらく見つめ合った後、苦虫を噛み潰した顔をして、手牌と向き直った。

 

「…縛ったら、帰る」

「はい」

 

 思わず笑みが零れてしまう。諦めた先輩にも、それに即答した俺の言葉にも。

 ため息を一つ吐いた後、先輩は牌に手を掛ける。溜めに溜めて言う言葉は短い言葉。

 

「…リザベーション、サーティーン…!」

 

 

 

変化は劇的なんてものじゃなく、思わず肩から手を離してしまうくらいだった、

 

「ぅぁっ! ひ、ひぁあ…! う、っくぅ……!」

 

 倒れ込むように顔を伏せ、肩で呼吸をして。足を不自然に閉じながらも体を震わせている。二人だけの部室に響く声は…明らかに、艶を帯びていた。

 露わになる首筋には赤みが差して、滲む汗に輝いて。思わず手を添えてしまうほどだった。

 

「ひっ!? な、なんばしよっと!?」

 

 ひどく指先が熱い。軽く撫でるだけで先輩の嬌声が口から出てくるのだから、ある意味楽器にも似ている。

 とても可愛くて、甚振りたいほど美しい楽器。

 

「やっ、あ、あああ! やめてっ、須賀! やめてぇ!」

 

 先輩が小刻みに吐く息が、その身体の変化を教えてくれる。熱のこもった吐息が制御できないほどに、体を火照らせていることを。

 だから俺は……

 

「はっ…は、はぁ…な、なに、してる…?」

「なにって牌を並べてるんですよ。次の手牌です」

 

 占めて十三枚。新しい手牌となるそれを改めて先輩の前に並べると、面白いくらい動揺していて。

 

「だ、だってそれ、山じゃなくて」

「そうですね。今、俺が見ながら選んだ牌です」

 

 国士無双十三面待ちテンパイ…数えにもならないのは、どうカウントされるか知らないけれど。

 

「それじゃ…先輩、どうぞ。リザベーションの時間ですよ」

 

 首根っこを押さえ、腕をつかみ、耳元に唇を寄せる。

 俺にも先輩にも見えない俺の顔は、酷く歪んでいることだろう。