病んでる

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「京太郎」

「優希か」

 

近寄ってくる優希は一歩ずつ、軽やかな足取りで。

ぴったり1メートルの間を置いて立ち止まって、クリクリと丸い瞳で見上げてくる。真っ暗な瞳のまま、無邪気に笑いながら。

 

「のどちゃんも、咲ちゃんも、邪魔だったら言うんだじぇ?」

「…ばーか、そんなわけねーだろ」

 

手の平で優希の頭を撫でる。いつもみたいに、ゆっくりと。

くすぐったそうに笑う優希はいつもの優希で。

 

「くすぐったいじょー! もっと優しくしろ、犬!」

「ほーれほれ、してほしかったらいつもみたいに言ってみな」

 

……ああ、そんな目するようになったの、いつからだったっけな。

指の隙間から見えるお前の目が、そんな風になっちまったのは。

 

「……」

「優希」

 

手をそっと離す。ガクンと糸が切れたように優希の頭が垂れさがって、微動だにしなくなって。

たっぷり数分…日に日にこの時間が長くなっていく。

 

「……のどちゃんと咲ちゃんは、友達だじぇ」

 

色のない声。腹の底から湧き上がる低い声は、まるで呪詛のようだった。

 

「だから……」

「優希!」

「……………………何も、したりしません」

 

それでいい。それでいいんだ。その言葉が口から出れば、今日の所はいつもの優希になれるから。

そうすれば、顔を上げた優希の顔はいつもの無邪気で楽しげな笑みに戻るから。

 

「優希、部活行くか?」

「おう! さっさと行ってみんなと麻雀打つじょ!」

 

いつまで、いつまでなら大丈夫なのか。この方法がいつまで通じるのかすら分からない。

けど今の俺には何の考えも無くて。くすぶる焦りだけを腹に抱えたまま、優希と歩調を合わせるしかなかった。