眠り王子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

和「須賀君? 寝ているんですか?」

 

京太郎「ぐう…」

 

和「あら…けれど、このままでは暑くないでしょうか」

 

京太郎「すぴー」

 

和「そうですね…ふふ、須賀君の頭。少し重いですが意外と膝にぴったりですね」

 

和「あら? やっぱり汗が。けれど困りました…ハンカチは今持っていないのですが」

 

和「……そうですね、ここはひとつ。少し頭を上げますね…」

 

ペロ…

 

和「ん…しょっぱいです。それでも臭くありませんね…よく汗を流してるからでしょうか」

 

京太郎「んん…う」

 

和「汗、引きませんね。それじゃあ…少し、待っててください」シュルッ

 

 

 

京太郎「うーん…なんか変なんだよなあ」

 

和「どうかしたんですか?」

 

京太郎「いや、部室で寝てたんだけどさ。寝苦しくて汗びっしょりだったんだよ」

 

和「夏ですからね。ですが、寝苦しいのは仕方ないのでは?」

 

京太郎「それが服はびっしょりなんだけど…顔とか首は、そんなでもないんだよな」

 

京太郎「なーんか甘い匂いもするし…気のせいかなあ」

 

和「そうなんですか。少し不思議ですね」

 

和「そう言えば…私も、汗で下着が濡れてしまいました」ポッ

 

京太郎「聞いてねーけど話振った俺が悪かったですぅー」