温泉施設

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

京太郎「ふー…近くにでっかい温泉施設ができたと聞いて来てみれば…」チラッ

 

 

イチャイチャイチャ…

 

「先輩、もう少し寄ってくれませんか」

 

「な、七咲? ちょっと近すぎるんじゃ…」

 

「そんなことありません。これでも遠いくらいです」

 

イチャイチャ……

 

 

京太郎「水着とはいえ…周りはカップルばっかだし、なんか居づらいんだよな…」

 

京太郎「…ちょっと温まったら出るか…」

 

 

「あら? 須賀君も来ていたんですか」

 

京太郎「え」

 

和「こんにちは須賀君。御日柄もよく」チャポン

 

京太郎「うお…和も来てたのか。一人か?」

 

和「ええ。けれどどうも…男女で来ている人が多いものですから、どうしたものかと」

 

京太郎「俺も。もう出ようかなと思ってたけど」

 

和「ですよね」

 

京太郎「……」

 

和「……ええと、うふっ」

 

京太郎「ええい、寄りかかるな…むっ」

 

和「? どうしました?」

 

京太郎「いや…髪、上げて結ってるんだなーって…」

 

和「挙動不審ですよ?」

 

 

 

京太郎(…や、やべえ…和が思ったより長風呂で、出るタイミングが…頭がくらくらしてきた…)

 

和「須賀君? 大丈夫ですか?」

 

京太郎「ああ…大丈夫…うん」

 

和「そうですか…あの、人が多くなってきたので近くによってもいいですか?」

 

京太郎「ああ…」

 

和「それでは失礼します」ヒョイッ

 

和「あら…須賀君の膝、凄く座りやすいですね。それに胸板も背中を預けやすくていいです」キリッ

 

京太郎「……」ボー…

 

和「あの、須賀君? ツッコミは…」

 

京太郎「和の髪、いい匂いだな」スンスン

 

和「……」ピシッ

 

和「あ、あの、須賀君!? く、くすぐったいです!」

 

京太郎「うん、良い匂いだ。頭の先から首筋まで…うん、臭くない」

 

和「あふっ…ん、あ…やっ、須賀君の鼻が首に当たって…」

 

京太郎「クセになりそうだ。もっといいか?」

 

和「っ! やぁあ…息が、す、須賀君っ!」

 

京太郎(あ、髪の分け目に汗が滲んでる…)チュッ

 

和「!」

 

 

 

和「はあ、はあ…」ボーッ

 

京太郎「和? 息が荒いけど大丈夫か?」

 

和「だ、大丈夫です…ちょっと驚いただけで…ひぅっ!?」

 

京太郎「…」ツツツ…

 

和「な、なに、してるんですかぁ…」

 

京太郎「和の首筋、綺麗だよな」

 

和「あぅ…す、すがくん…」

 

京太郎「俺…そういう…」

 

和「……」ドキドキ

 

京太郎「……」

 

和「…須賀君?」クルッ

 

 

京太郎「」チーン

 

和「す! 須賀君! 大丈夫ですか!?」

 

 

 

京太郎「うぅ…」

 

和「須賀君? 大丈夫ですか」

 

京太郎「ああ…和? そっか、温泉でのぼせて…」

 

和「はい。ダメじゃないですか須賀君、のぼせるまで我慢してたら…ティッシュくらい持ってこないと」

 

京太郎「そんな我慢はしてねーよ…ごめん、ありがとな」

 

和「どういたしまして。やっぱり須賀君はこの方がいいです」クスッ

 

京太郎「? なんかよく分からんが…一つだけいいか?」

 

和「どうぞ」

 

 

京太郎「この枕はおかしいだろ」

 

和「そうですか? 膝では固さがありますから、体温の高いお腹で相手の頭を保護する画期的な」

 

京太郎「腹としても下過ぎんだよ! 手ぇ離せ! 起きるから!」グググ

 

和「ダメです。まだこのままでいてください」グググ