飼い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鶴田先輩の思惑がどうだったのか、俺にはもう、分からない。

ただ……今、この空間だけは……俺にはどうしようもないんだろう。

 

「ん…じゅる、はむ…んっ。須賀…出してもよか…」

 

床を這う白水先輩。柔らかい唇から伸びる舌が、肉棒に絡みついて右へ左へと。咥えるんじゃなくて、唇でちゅぷちゅぷと亀頭を撫でるように動く。

 

「あは、部長がペットみたいにしとる姿…素敵です。京太郎はそのまま…んちゅ、ふふ…」

 

「うあ…」

 

背筋がゾクリと弓形に反ってしまう。白水先輩より更に深い場所へ顔を埋める鶴田先輩は、顔を玉袋に埋めるようにして、付け根をしゃぶっていた。わざとらしく水音を響かせながら、舌先で襞の一つ一つを舐めとっていく。

 

「この…! 生意気、ですよ!」

 

上から下へ、振り下ろす。すべすべとした白水先輩の白いお尻をキャンバスのように、赤く染め上げる。

 

「んあっ!? す、須賀、いっ! あぁっ!」

 

張る音が響くほど白水先輩の声が上がる。けれどそれは痛みに抗議するものではなくて、むしろ悦びに満ちていて。

 

「ああ…部長、こんなに可愛くなって…んっ…」

「んむっ!? んふ、ぷはっ! ひ、姫子、やめ…ん…」

 

愛欲に満ちた鶴田先輩が白水先輩の顔を手で覆う。そのまま唇を寄せる…かと思いきや、二つの唇の間に、俺の亀頭を埋めて。

二つの唇がカリを挟んで、奪い合うように鈴口を舐めとる。別々の生き物が攻め立てるたびに射精感が膨らんでいく。

 

「出る…出ますよっ!」

「んぢゅ…すがぁ…だひていいけん…れろ、飲ませて…」

「全部、全部部長と一緒に…京太郎…」

 

両手で二人の後頭部を支え、肉棒を二人の顔で挟み込むように。丁度鼻筋に亀頭が当たるあたり。二人が急かすようにこっちを見上げてくるせいだろう。

 

「うぁ…ぐっ!」

 

ドロドロの塊を吐きだすように、下腹部の奥から精液が噴出していく。二人の鼻、目筋、髪。落ちていく精液が更に唇へと流れ、嬉しそうに舐めとる二人の顔を更に歪な笑顔へと変えてしまう。

 

「あぁ、須賀ぁ…もっとぉ…」

「あは、あははっ、京太郎…部長…だいすき…」

 

夢中で亀頭にくらいつき、精液を吸い上げる白水先輩。床に落ちた精液を舐めとる鶴田先輩。

この先どうなるかなんてわからないけれど、今はもう、何も考える必要はないんだと。そう、諦めてしまうのだった。