背中の上

白望「ダル…」

 

京太郎「背負われている分際で何言ってるんですか」

 

白望「勝手に背負ってるだけ…」

 

京太郎「あのままほっといたら、部室で泊まるつもりだったでしょう?」

 

白望「……」

 

京太郎「夜は電気切られるんですから、寒くて過ごせないですよ」

 

白望「そんときは自家発電で…」

 

京太郎「それで電力賄えたら革命だよ」

 

白望「だる…」