京太郎個人戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『間もなく、個人戦一次予選を開始致します』

 

咲「凄い人数だね…」

 

まこ「個人戦は団体戦に出れん生徒も来るからのー」

 

和「相手が居なくてもソロプレイなら誰でもできますから」ハアハア

 

京太郎「はいはい話を逸らさないよー」

 

久「個人戦で全国に行けるのは3人。誰と当たっても、全力全開手加減無しで」

 

優希「さっすが部長! わかりやすいじぇー」

 

久「勝っても負けても悔いのないようにね!」

 

「「「「「はいっ!」」」」」

 

久「あ、須賀君」

 

久「男子は会場違うから。急がないと間に合わないわよ」

 

京太郎「うおぉいっ!」ダダダッ!

 

 

 

京太郎「ぜー、はー…ま、間に合った!」

 

京太郎「清澄高校の須賀京太郎です、登録お願いしますっ!」

 

「え、えっと京太郎君? 登録はあっちだけど…」

 

京太郎「いいっ!?」

 

「もう…こっち、急がないと時間なくなっちゃうよ」ギュッ

 

京太郎「うおっと…ありがとうございます」

 

「お礼なんて別に…そ、それより行かないと!」

 

京太郎「そうっすね…あの」

 

「な、何?」

 

京太郎「手、綺麗ですね」ジッ

 

「えええっ!? そそそ、そんなことっ!」

 

京太郎「お、あれが登録所か。すいません小鍛治さん、行ってきまーす!」

 

健夜「あ…もう、元気だなあ」クスッ

 

 

 

健夜「男子は人数が多いから、一日目でも負けがあるよ」

 

京太郎「うげ、マジっすか…二日目まではなんとか…」

 

健夜「ゆ、夢はおっきくないとダメだよ!?」

 

京太郎「それじゃあ全国優勝で!」グッ

 

健夜「スケールが変わりすぎだよ! もう…」

 

健夜「京太郎君…手、貸してくれるかな」

 

京太郎「? はい」スッ

 

健夜「…頑張ってね」ギュッ

 

京太郎「はいっ!」

 

 

京太郎(なんて言った手前、恥ずかしい姿は晒せねーよな)

 

京太郎「よろしくお願いしますっ!」

 

 

 

京太郎(さーて…いい牌来いよ?)カチャ

 

 

※京太郎の戦績は安価で決まります。戦績次第では全国編の展開に変化が生じる予定。

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。

↓1 京太郎

↓2 相手E

↓3 相手R

↓4 相手O

 

・コンマゾロ目で数値にプラス10

・48 69 の場合はプラス30

・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

 

一日目は全3回戦。

1回戦は1,2,3位で勝ち抜け。2,3回戦は1,2位で勝ち抜け。

 

582 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:01:41.89

おまかせあれ!

583 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:02:01.68

すばら!

584 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:02:27.35

でえい

585 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:02:29.11

 

京太郎1位!

 

京太郎「おしおしおしっ! 幸先いいぜ!」

 

京太郎「2回戦はこのあとすぐか…へへ、咲たちに昼の時間、自慢できる結果にしないとな!」

 

 

健夜「良かった…でも、気を抜いたらだめだからね」ホッ

 

 

京太郎「よろしくお願いしますっ!」

 

 

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。

↓1 京太郎

↓2 相手E

↓3 相手R

↓4 相手O

 

・コンマゾロ目で数値にプラス10

・48 69 の場合はプラス30

・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

 

 

 

589 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:07:27.42

はい

590 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:07:53.34

おまかせあれ!

591 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:08:13.78

592 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/29(火) 20:08:21.39

そもそもなぜすこやんが……?

 

 

 

京太郎2位!

 

京太郎「あ、ありがとうございました…」フー

 

京太郎(あっぶねー…300点差で2位かよ)

 

京太郎(ま、勝ちは勝ちだよな!)ヘヘッ

 

 

健夜「ひ、ひやひやするよ…なんだか自分が打ってる時より怖いなあ」

 

 

※一旦茶番タイムへ

 

 

 

京太郎「小鍛治さん! 勝ちましたよ、俺!」

 

健夜「うん、おめでとう…今日はあとは、午後の3回戦だね」

 

京太郎「ありがとうございますっ。じゃあ俺、部活のみんなに伝えてきます!」

 

健夜「あ……もう、あんな子だったかなあ?」

 

健夜「もっと頼りになる気がしたんだけど…ツッコミの人が少ないからかな…」ハア…

 

健夜「でも、あれが本当の京太郎くんなんだよね」

 

健夜「ふふっ、かわいいなあ」

 

健夜「応援するからね。京太郎君」

 

 

 

京太郎「よっ、飯食ってたか。元気いいなー」

 

咲「京ちゃん! なんだか元気だね」

 

和「個人戦はどうでしたか?」

 

優希「安心しろ! 優希ちゃんハンドでチビ京太郎を慰めてやるじぇ!」ワキワキ

 

京太郎「ふっ…その必要は、ないっ!」

 

まこ「お、とゆーことは」

 

京太郎「2回戦勝ち抜けですよ! 3回戦進出っす!」

 

久「あらま…それはまた、今後の指導のし甲斐がありそうね」

 

咲「おめでとう!」

 

優希「ほほー、めでたいめでたいじょー」

 

和「おめでたですね」

 

京太郎「待て」

 

和「どこの女ですか!?」

 

京太郎「落ち着け!」

 

 

 

優希「そーなるとタコスの補充ができないじぇ…むむむ」

 

京太郎「ああ、そう言うと思って。ほれ」タコス

 

優希「むぐ…タコス?」

 

京太郎「冷めても美味いタコスだとさ。匂い控えめで気配りバッチリだぜ」

 

優希「ほへー、京太郎よくやった! えらいぞ!」

 

咲「凄いね。京ちゃんが作ったの?」

 

京太郎「いやいや、途中の屋台で執事さんが作ってたんだよ」

 

まこ「なんじゃそら…」

 

久「ちょっと考えられないわねえ」

 

和「須賀君、常識の範疇で物を言って下さい」キリッ

 

京太郎「どの口々が言いやがる…」

 

 

 

京太郎「っと、そろそろ時間っぽいな」

 

咲「京ちゃん頑張ってね!」

 

優希「タコスの陰から応援しといてやるー」

 

和「頑張って下さいね。いえジョーク抜きで」

 

久「全力でね。冷めたら負けよ!」

 

まこ「後でな。また元気よく報告頼むからのー」

 

京太郎「うっす! 行ってきます!」

 

 

京太郎(ふー…やっぱ緊張するけどさ)

 

京太郎「よろしく、お願いしますっ!」

 

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。1,2位で勝ち抜け。

↓1 京太郎

↓2 相手E

↓3 相手R

↓4 相手O

 

・コンマゾロ目で数値にプラス10

・48 69 の場合はプラス30

・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

 

 

 

622 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:44:24.74

623 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:44:28.23

おまかせあれ!

624 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:44:41.91

ニワカは相手にならんよ!

625 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 20:45:03.07

 

 

 

京太郎2位! ※合宿編、全国編で展開に変化

 

京太郎「ありがとうございましたぁっ!」

 

京太郎(……)

 

京太郎「……っしゃあああ!」

 

 

『男子個人戦、1日目を終了――!』

 

『明日の4、5回戦で全国行きへの切符を手にする選手が決定します!』

 

 

健夜「……わあ」

 

健夜「なんだか、胸が熱くなってくるよ」

 

健夜「懐かしいなあ…あんなに喜んで、楽しそうで」

 

健夜「……うん」ギュッ

 

健夜「私も、頑張らないとね」

 

 

 

京太郎「小鍛治さん! 俺、やりましたよ!」

 

健夜「うん、見てたよ。おめでとう…でもまだ明日があるからね?」

 

京太郎「うぐ…な、なんか腹が痛いんですけど…」

 

健夜「緊張するよね。初めての試合ならなおさら」

 

健夜「明日も見に来るからね? 格好いいところ見せて欲しいなあ」

 

京太郎「うえっ!? し、仕事とかいいんですか…?」

 

健夜「新幹線使えば間に合うから大丈夫だよ」

 

京太郎「そっすか…明日も頑張りますから、応援頼みます!」

 

健夜「うん、じゃあまた明日…」

 

 

健夜「はー…」

 

健夜「こーこちゃん? ごめん、今夜の打ち合わせ、明日にしてもらえる?」

 

 

 

咲「京ちゃん! 凄いよ!」

 

久「ほーんと。もしかしたらもしかするかもね?」

 

まこ「こりゃあ京太郎の方がわしより強いかもしれんのう…」

 

優希「京太郎のタコス力も相当のもんだな!」

 

和「知りませんでした。須賀君はとんだテクニシャンですね、突き合って下さい」

 

京太郎「いやあ…すみません、明日も応援行けなくて」

 

まこ「何言うとるんじゃ。こっちのほうが申し訳ないっちゅーんじゃ」

 

久「正直私が応援したいくらいなんだけどね…こういう時、会場が違うってのが困るわ」

 

咲「私は心の中でずっと応援してるからね!」

 

優希「私はタコス場の陰から見守ってるじょー」

 

京太郎「ありがとな!」

 

和「もう…放置プレイだなんて、悪くないですね…」モジモジ

 

 

 

~2日目~

 

京太郎「ふー…あと2回。やべえよ…き、緊張が…」

 

健夜「だ、大丈夫? ええとこういう時は人の字を書いて」

 

「ふん…金髪雑魚が存外勝ち抜いていると聞いたけど、とんだ偶然だ」ザッ

 

京太郎「う、うえ?」

 

健夜「あ…龍門渕高校の」

 

「力を感じない。力へ至る道筋も見えない…」

 

「それなら後は人の意思。お前の意思だけしか頼れないんだ」

 

「…お前は、衣が思ったよりも強い。だから…その」

 

衣「頑張れと言っているっ!」

 

京太郎「……おう、ありがとな!」

 

京太郎「それじゃ、行ってきます!」

 

 

 

『さあ男子個人戦準決勝! 上位二人が勝ち抜けとなります!』

 

京太郎「…おしっ!」パンッ!

 

京太郎「お願いしますっ!」

 

 

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。1,2位で勝ち抜け。

↓1 京太郎

↓2 相手S

↓3 相手Y

↓4 相手D

 

・コンマゾロ目で数値にプラス10

・48 69 の場合はプラス30

・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

 

 

 

662 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 21:23:06.91

ころたんイェイ~

663 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 21:23:07.84

664 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 21:23:19.04

ほい

665 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/29(火) 21:23:23.68

せい

 

 

 

京太郎1位! 決勝進出!

 

京太郎「……ほへ?」

 

京太郎「マジで?」

 

 

『準決勝終了ー! ここに決勝進出の4名が決定しました!』

 

『うち一人は女子団体戦で優勝した清澄高校! 今年は波乱の展開です!』

 

 

衣「これは…」ガタッ

 

健夜「力はないけど、そのぶん純粋に麻雀が楽しめてる…のかな」

 

健夜「私達にはもう、あんまり分からない感覚かもしれないけれど」

 

衣「……あ」

 

衣「そっか、キョータローは、麻雀をしているんだな」

 

健夜「うん……」

 

衣「……」

 

健夜「ねえ、良かったら今度一緒に打ってみない?」

 

衣「良縁か奇縁となるか…衣がお前に通じると思うか?」

 

健夜「さあ…」クスッ

 

 

 

まこ「京太郎!」バシッ

 

京太郎「うおっ!? 染谷先輩、それに優希!」

 

優希「ちょ、おま、ほんとに凄すぎだじぇ!」

 

まこ「全国行きも全然ありえるとは…わしより強いっちゅうんはマジじゃったか」

 

京太郎「い、いや偶然というかなんというか…」

 

まこ「アホ。運も実力、しかし麻雀は運だけじゃダメなんじゃ」

 

優希「そういうことだ! 誇れ! タコス神に!」

 

京太郎「…ああ!」

 

まこ「次の決勝戦はわしらも観客席におるからの」

 

優希「頑張れ京太郎! 勝利祈願のタコスグミだじぇ!」

 

京太郎「ありがたいけど超まずそう…」

 

 

 

京太郎(小鍛治さんに天江、優希に染谷先輩…)

 

京太郎(多分他の人も見てるんだよな)

 

京太郎「…お願い、します」

 

 

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。1,2,3位で全国進出。

↓1 京太郎

↓2 相手S

↓3 相手E

↓4 相手X

 

・コンマゾロ目で数値にプラス10

・48 69 の場合はプラス30

・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

 

 

 

704 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 21:49:05.16

??「京ちゃ須賀京太郎は東京の白糸台に転校すべき……わた宮永照先輩が直々に指導すると言っていた」

705 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 21:49:07.82

すこやんイェイ~

706 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 21:49:09.80

シャイニングツモ!

707 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/29(火) 21:49:21.69

おまかせあれ!

 

 

 

「ご無礼。手を抜く気は無いんでね」「悪いなその牌だ…だが目はいいぜ、アンタ」「アンタ、背中…いや、いい色だ」

 

 

『決着ー! 個人戦決勝、全国行きが決定しました!』

 

『清澄の須賀選手、惜しくも全国を逃しましたが堂々の4位! まだ一年生の彼は今後が期待されます!』

 

京太郎「……はー」

 

京太郎「ありがとう、ございましたっ!」

 

 

京太郎「……」

 

京太郎「あー」

 

健夜「京太郎君」

 

京太郎「…すんません、負けました」ペコッ

 

健夜「ううん。頑張ってた。初めから見てたから、分かるんだよ?」

 

健夜「悔しいよね。泣きたいよね…」ギュッ

 

京太郎「……ふ、ぐっ…」

 

京太郎「お、れっ、本気で、がぢ、勝ちたくてっ!」

 

健夜「うん…いいんだよ。泣いていいの」ギュウッ

 

京太郎「…う、ううううううう!!」

 

 

 

優希「……あ、京太郎…」

 

まこ「惜しかったのー」ポン

 

京太郎「はは、負けちゃいましたよ。さすがに決勝はキツイっすね」

 

衣「……」ピョン

 

衣「奇しくもキョータローの思う所はよく分かる」

 

衣「1週間前の衣も同じ思いだった。だからキョータロー、衣おねえさんの胸で泣いていいぞ!」フンス

 

優希「…無い胸で泣けとは片腹大激痛だじぇ!」

 

衣「なにをー!?」

 

優希「なんだー!」

 

まこ「ったくわりゃあ…」

 

京太郎「…はは!」

 

京太郎「はいはい、二人ともそこまでにしとけー」

 

 

 

京太郎「咲! 和! 個人戦全国出場おめでとう!」

 

咲「う、うん…あの」

 

和「須賀君は…その」

 

京太郎「…ったく、なーに微妙な顔してんだよ」ワシャワシャ

 

咲「わわっ!」

 

和「あうぅっ」

 

京太郎「そりゃ全国行けたら嬉しかったけどさ。多分それと同じくらい、団体戦と個人戦でお前らが全国行くのが嬉しいんだよ」

 

京太郎「それともアレか? 男だし、全国行けないならお留守番かよ? ねえ部長」

 

久「んー? そうねえ…咲と和がそう言うなら留守番してもらおうかしら」クスッ

 

咲「そんなこと!」

 

和「ありません!」

 

京太郎「それに、お前らの面倒も見ないとダメだからなー。麻雀打つ暇もねーよ」

 

京太郎「だからさ…今年は全力でサポートするから、来年はもうちょっとマトモになってくれな?」

 

咲&和「「……えー」」

 

京太郎「そこは頷くだろ普通!」

 

 

 

京太郎「小鍛治さん、今日はありがとうございました」

 

健夜「ううん。約束だったし、私も京太郎君には色々教えてもらったから」

 

京太郎「へ? なんですかそれ…?」

 

健夜「ん、内緒。でも本当に格好良かったよ」

 

京太郎「いや…みっともないとこ、見せちゃって」

 

健夜「それも含めて格好良かった、ってこと。ときめいちゃったかも」クスッ

 

京太郎「へっ!?」

 

健夜「なんて、ね。それじゃあまたね…インターハイは私も解説で出るから、また会おうね!」

 

京太郎「……はいっ! ありがとうございましたっ!」

 

健夜「うん、バイバイ」

 

 

健夜「もうこんな時間かあ…こーこちゃん怒ってるかなあ」

 

健夜「…いいよね、たまには」

 

 

 

久「さ、そろそろ帰るわよー。準備はいい?」

 

和「須賀君、これを」スッ

 

京太郎「……ローション?」

 

和「須賀君のタイミングで準備してください」キリッ

 

京太郎「この展開見越してこれ持ってきたの?」

 

久「はいはい、そこも行くわよ」

 

咲「あ、はいっ」

 

京太郎「……」クルッ

 

京太郎「また来年、来るからな」

 

京太郎「…へへっ」

 

 

優希「あー! 京太郎がエロい顔してるじぇ!」

 

まこ「ま、まさかわりゃあ…建物フェチだったんか…」ゴクリ

 

咲「うぅ、建築物にはなれないよ…」グスン

 

久「廃墟ツアーとか行ってみる? ティッシュ持って」

 

和「廃墟なら穴もあるんですよね…」ゴクリ

 

京太郎「結局こんなんかよ!?」

 

 

京太郎「…ま、こんなんが丁度いいか」