入部の理由


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なあ須賀、麻雀部インターハイ行くんだろ? すげーよな」

 

京太郎「ああ、みんな凄えよなー」

 

「つーかお前も決勝まで行ったんだろ? それもスゲーじゃんか」

 

京太郎「んー…夢中っていうか、あれよあれよって感じだったからなあ」

 

「意外に麻雀強かったんだな、お前。こないだまで素人とか言ってたくせに」

 

京太郎「いやいや素人だって。大会前になんとか計算も覚えたんだよ」

 

「ふーん…てかそれなら何で麻雀部入ったんだよ? 咲ちゃんはお前が入った後だよな?」

 

京太郎「あー、あんときは……」

 

 

 

京太郎『部活何にするかなー…やっぱ運動系か?』

 

京太郎『とりあえず適当に見学してからで、っと!』ドンッ

 

和『きゃっ…ご、ごめんなさい。前を見てなくて』

 

京太郎『こっちこそごめん。怪我とか無いか?』

 

和『はい。それじゃあ私はこれで…』

 

京太郎『ああ』

 

 

「へー、原村さんとぶつかったのか。羨ましいねえ…あのおもち、触ったか?」

 

京太郎「覚えてねーよ。まあ目は向いたけどさ」

 

「へえ…そんで、原村さんを追って麻雀部か?」

 

京太郎「いや、その後でさ」

 

 

 

優希『そこの金髪! ちょっと待つがいいじぇ!』

 

京太郎『ん…誰?』

 

優希『おっ、興味ある系か? しょーがないな、私の名前は片岡優希! 覚えとけー』

 

京太郎『片岡さんか。なんか用?』

 

優希『用といえば用だな。麻雀部を知らんか?』

 

京太郎『麻雀…? そういや部活案内の紙に…あった、部活棟の奥の方っぽいぞ』

 

優希『なるほどなー。それじゃあ行くか!』ギュッ

 

京太郎『へ?』

 

優希『タ・コ・ス・だーっしゅ!』

 

京太郎『ちょおおお!』

 

 

 

優希『ここか! 我が青春の舞台裏!』

 

京太郎『は、はえーよ…なんで俺まで…』ハアハア

 

優希『須賀、ご苦労! もう一息だじぇ、オープンザドアー!』

 

和『ロンです…ユーキ? 先に行ったと思ったのに、どこに行ってたんですか』

 

優希『タコスが私を呼んでいたんだじょー。そんで須賀が道案内をしたいと言い出してなー』

 

京太郎『言ってねーし…とりあえず片岡の目的はここなんだろ? 俺はそろそろ行くわ』

 

優希『そっかー、その前にお礼にのどちゃんのおもちでも揉んでけ!』

 

和『……ユーキ、あまり馬鹿なことを言わないでください』ツーン

 

優希『やれやれ。ほんとは揉みしだいて欲しいくせに、とんだムッツリさんだじぇー』

 

和『……』ツーン

 

京太郎『アホなこと言うなっての』

 

 

 

京太郎『えーと……何でこうなってんだ?』

 

久『そうねえ。麻雀部部長の私としては、麻雀を知らない人にも牌に触れて楽しさを知って欲しい…とか』

 

まこ『一日だけでも体験してくれるとありがたいのう』

 

優希『これもなんかの縁だ!』

 

和『ルールとかは私が教えますから…一緒にヤってみましょう』

 

京太郎『あ、ああ…隣に座るのか?』

 

和『すみません、邪魔かもしれませんが近くじゃないと』タプン

 

京太郎『いや別にいいけどさ。えーと、原村さんはいいのか?』

 

和『ええ、大丈夫です』ニコッ

 

和(あんまり胸も見てきませんし…少しくらいなら…)

 

京太郎(なーんかさっきの言葉、変なニュアンスが混じってたような…)

 

 

 

和『これで三つ揃いましたから、この牌を捨てるとテンパイ…ここの牌が来れば和了りです』

 

和『そうですね、それを切ったほうが待ちは多いですよ』

 

和『……あの、須賀君』

 

京太郎『次はこっちを切って…ん? どうした?』

 

和『その…気に、ならないんですか…?』

 

和『私の…』

 

京太郎『あー…いやまあ、何回も見るのとか失礼だろ』

 

久『あら紳士ねえ』

 

優希『なかなかやるじぇー、同じ一年として誇らしいぞ!』

 

まこ『悟り開いとりゃせんか?』

 

和『……あっ、そ、そのっ!』カァッ

 

和『パンツ穿いてきます!』ダダッ

 

京太郎『照れ隠しとして最大限におかしいよねそれ!』

 

 

 

京太郎(そうか…なんか気になると思ったら)トン

 

和『それは白ですね、正式名称はパイパンと言います』

 

京太郎『その情報は麻雀をやるうえで必要か?』

 

京太郎(原村さん、咲に似てんだよな…ところどころ下ネタ入れてくるところとか)

 

京太郎(…つーか、下ネタ言いだしてからイキイキしだしたな)

 

優希『のどちゃん、なんだかイキイキしてきたじぇ』

 

和『まだイってません!』

 

久『あらあら』ニコニコ

 

まこ『楽しい下級生じゃのー』ニッ

 

京太郎(しかもこいつらも同類くせえ…)

 

 

 

京太郎(嫌な人たちじゃないけどな…今決める必要もないし、適当なとこで抜けさせてもらうか)

 

京太郎『おし、次で最後だな』グイッ

 

和『きゃっ!』

 

京太郎『っ、悪い! 髪引っ張って…痛くなかったか?』

 

和『い、いえ…近くで髪を垂らしていた私が悪いですから』

 

和『ちょっと待ってくださいね』

 

 

いや、別に大したことじゃないんだけどな。

二つに括ってた髪が流れて、一つになって。

腕を上げて、一つに纏めて…ポニーテールっつうか。

間近で見た白い首筋がさ。髪との対比で淡い色合いでさ。

 

 

和『ん…どうでしょうか』

 

 

最後に手でそっと首筋を撫でるんだよ。意図はなくとも見せつけるみたいにさ。

 

京太郎『部長』

 

久『ん?』

 

京太郎『入部届、どこに出せばいいですか』

 

 

 

「へえ、じゃあ原村さんに一目ぼれってことか! 咲ちゃんもいるのになあー」

 

京太郎「まあ正直勢いだったから、その後はそんな気は起きなかったけどな」

 

京太郎「ま…でも全然後悔してないな。あいつらと居ると楽しいし」

 

京太郎「……ちょっと大変だけどな」

 

「? まあ楽しめてるんならいいんじゃねーの」

 

京太郎「だな。っと、そろそろ部活行くわ」

 

「おう、咲ちゃんたちによろしくなあ」

 

京太郎「へいへい、ちゃんと忘れとくわ」

 

 

 

京太郎「お、和。今から部活か?」

 

和「須賀君。はい、せっかくですし一緒に行きましょうか」

 

京太郎「おう……」

 

和「……」

 

京太郎「今日の髪型さ」

 

和「はい」

 

京太郎「似合ってる、と思う」

 

和「ありがとうございます…普段はあんまりしないんですが」

 

和「二度目、ですね。須賀君の前で」

 

京太郎「うん」

 

 

和「貞操帯を付けているのは」ポッ

 

京太郎「おかしいなあ、一回目を知らないぞー?」