※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤司征十郎より

緑間へ

中学時代、1年から同じチームでプレイしていたな。高校に入ってからは敵同士で対戦もしたが・・・
正直、その件に関してはさほど動揺だとかはしていなかった
けれどお前が、あのチームで不器用ながらも楽しそうにしているのを見て・・・
ひどく、もやもやした気持ちになってしまったんだ
本当は喜ばなくてはいけないはずなのに、何故だろうね?
緑間、俺はどうやら少しおかしくなってしまったらしい
───お前が俺だけに笑ってくれないと、俺は気が狂いそうになる

涼太へ

涼太。いつもは冷たくして、すまない…。
でも……本当は涼太のこと、好きなんだ。愛してる。
それこそ、ファンの子に嫉妬してしまうくらいに…。
少しくらい優しくしなければと思う度に、冷たい態度をとってしまうんだ…。
……ハハッ。ツンデレもいいとこだね。
真太郎のこと、言えないや…。

…そういえば……。
バスケの練習、最近頑張っているようだね。その調子で頑張って。
応援してるから。たとえ、高校が違って離れていたとしても…。
そして…離れているからこそ、心だけは……隣に居させてくれないかな?
僕と付き合ってよ、涼太。
これからは優しくするって、保証はできないけど
今までより、優しく…恋人らしく振る舞えるように努力するから……。

高尾へ

高尾。今回は司会の仕事、お疲れ様。
それに司会だけでなく、まとめもね。ものすごく助かった。
そして…そんな働き者のキミはいつも何かに一生懸命努力している。
僕はその姿を見るたびにキミに…惹かれていった……。

それに…キミは僕と同じように『眼』に関する能力を持っている。
僕はね、それがすごく嬉しかったんだ…。
だって、お互いにより理解しあえるということだろう?
……もしかしたらそれは僕だけの、感情かもしれない。
でも…この気持ちは抑えられないくらいに大きい。
高尾…キミが好きだ。愛してる。
僕と付き合ってくれないか…?和成……

さつきへ

いつも僕達を支えてくれていて、ありがとう。今日の司会も途中からなのによく頑張ってくれた。
つい甘えてしまうくらい、頼りになったよ。
まぁ、高校は別になってしまったけどね(苦笑)
でも、考えていたことはいつもさつきのことだった…。
もう、気付いたときには引き返せないくらいにこの気持ちは大きくて……。

あかしくん。…そう日常的に呼ばれていた時に気づいていれば良かった。何度後悔したことか。
いまでも、変わらないこの気持ちを
しってほしい。僕は、さつきの事が好きなんだ。だから
テツヤよりも、他の人たちよりも、僕を選んでほしい。さつき…。僕が
るすの間、家を守る人になってはくれないだろうか?

つ【ヒント:縦読み】

小太郎へ

コタ、今日は司会お疲れ様。とてもよくできていたね。
バスケの練習もいつも一生懸命で…
そんなコタの姿が僕は好きだ。
今…この大きな、漠然とした気持ちを分かりやすく伝えることはできなけれど
少しずつ…少しずつ確かにコタに伝えたいと思う。
コタ。お前が好きなんだ。
僕と、付き合ってくれないか…?小太郎……

原さんへ

原さん、昨日僕の事大好きだって言ってくれましたよね?
今日も最初にもこっそりと言ってくれましたよね?(バラす←)

僕、あなたが好きなんです。誰よりも…。
だって、初めて僕をオトしかけた人だから………。
興味から好きだという感情に変わるのに そんなに時間はかかりませんでした。
…まだ誰かのことを引きずっていてもいい……。
僕と付き合ってください。
もう…僕だけの事をみてほしいなんて……我が儘は言わない…。
だからせめて…せめて隣に居させてください……。
お願いします…───────一哉さん …