※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

肯定の立論(介護)

「移民を受け入れるべきか」という論題は、「」を理由とし、論題を肯定するべきだと主張します。

次にプランを○点述べます。

第1のメリットは「」です。

プラン1をすると、「」、

プラン2をすると、「」となる。

肯定の立論(一次産業)

「移民を受け入れるべきか」という論題は、「自国内の一次産業の維持」を理由とし、論題を肯定するべきだと主張します。

次にプランを○点述べます。

  1. 農林水産省が国策として移民の小麦およびとうもろこし(大規模農法)を推奨・支援する
  2. 農村地域で農耕地の貸与等、移民の受け入れ態勢を整える

第1のメリットは「食料自給率の維持・改善」です。

プラン1をすると、

海外の大規模農法技術をウリにした穀物生産者が移民として来日し、自給率低下の原因となっている小麦やとうもろこし等の生産を上げていく

  • 現在の39%という食料自給率をこれ以上下げてはいけない
  • TPPが決定されると、食料自給率は14%まで下がる見込みもある
  • 更に農家の高齢化も進み、生産力の低下が見込まれる
    • 若い国内の労働力が必要では?
  • 安全保障上、とても危険
  • 効率を上げ、人数を増やし、食糧生産量を増やしていく必要がある
  • 食料自給率の低下の原因は、日本国民の食生活の変化として、、、
    • 麦を原料とするパン食が増えた
    • 麦等を餌とする畜産物を多く摂るようになった

第2のメリットは「過疎地の活性化」です。

プラン2をすると、

過疎化が進む農村地での人口が増え、地域経済や産業の活性化につながります。

  • 家族で移民を受け入れれば、子供が増える期待がもてます
  • 過疎地での経済活動が活性化し、衰えた産業も潤う期待がもてます

参考リンク

否定の立論

打合せ時に作った例(肯定立論)

「移民を受け入れるべきか」という論題は、「高齢化社会が進む中での介護サービス維持」を理由とし、論題を肯定するべきだと主張します。

次にプランを○点述べます。

  1. (アジア諸国を中心に)2025年までに介護人材を100万人
  2. (国家資格の取得・法・環境整備)…外国人が働きやすい環境作りなど

第1のメリットは「」です。

プラン1をすると、「」、

プラン2をすると、「」となる。