※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

肯定のメリット

高齢化社会が進む中での介護サービスの維持

  • 外国人労働者が老人とコミュニケーションをとれるのか?(言語の問題)
    • 自治体で日本語教室等を開催して教育を行っている
  • 外国人労働者が日本で介護の資格をとれるのか?
    • 介護資格のグローバル化を進める
  • 介護協会の低賃金が常態化してしまう
  • 日本の失業者280万人であるから、それを充てれば、2025年に100万人不足していると言われている介護業界に外国人労働者は不要なのでは?

日本の伝統文化の後継者確保

  • ”日本の”伝統文化といえるか?(例えば力士が全員外国人の相撲をイメージすると…)

内需拡大

  • 日本資本の流出
    • 生活最低限のお金は国内で落としていくはず
  • 相対的に消費が少ない外国人労働者に対する社会サービスコストが増大する

年金問題の解消

  • 年金は結局支払った人に払うべきものなので、解消にはならないのではないか
  • 日本の社会環境的に(子供を生みやすい環境ではない)、移民が若者の増加につながるわけではない

労働力確保

  • 国内に呼ばず、現地で労働力を調達すれば良いのでは?
    • 国内での労働力(介護や農業など)が必要な場合に対応できない
    • 国内産業の空洞化につながるのではないか?
  • 日本は人口が減るので、労働力は不要になるのではないか?

一次産業(農業等)の維持

  • 定年退職者が、田舎暮らし+農業を開始するかもしれない
  • 日本の失業者280万人であるから、それを充てれば、農業業界に外国人労働者は不要なのでは?
    • 農業は誰でもできる仕事ではなく、豊富な知識や経験を元にする仕事であるため、単純な労働者異動は難しい
  • 食べ物なんて買えば良い、産業を維持する必要性が薄い
    • 自給率が下がると、食糧難が見込まれる将来に国家の危機となりうる

肯定のデメリット

犯罪発生が増えることが見込まれる

  • 犯罪件数は、外国人労働者の増加傾向程は増えていない。

日本人失業者の増加

  • その分、他の経済が拡大する
  • 本当に失業者が増える論理性が確認できない(総人口も増えるはずなので、雇用需要も増えるはず)
  • 高学歴層が来る
    • 低所得・低学歴の移民が多い(データを根拠に)

アイデンティティの確保ができなくなる(日本人ならではの商売が…)

  • 多民族国家の米国ではアイデンティティはある。

社会保障費等のコスト増

日本資本の流出

効率化への技術革新の阻害(労働力に頼らない方法を探さなくなる)


否定のメリット

日本の文化を、多民族による多様化からある程度守れる

国内の失業率が下がる(失業者を介護や農業へ就労させるべき)

失業者がこれだけいる中、労働力を移民に頼る必要はない。生産性を極めて上げれば、人の労働力は不要なはず。


否定のデメリット(有用性低い)