魔導士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界に流れる魔力からエネルギを取り出し、望むように変化させる。
君は魔法の研究者であり、この世界の根幹を成す力の使い手でもある。

魔導士は、魔法を使った戦闘に長けており、様々な呪文を用いることができます。
魔導士は、皆何かしらの目的を持ちながら生活しており、また学問の研究者としても日常で活躍しています。魔力量は生まれつきで決まるので、才能ある人間しか成れないものとして、認識されいます。

ステータス修正
HP MP AP STR DEX VIT AGI INT MND CHR 移動量
8 3
レベル 攻撃命中判定 ダメージダイス 魔法コスト総量 習得アビリティ
1 0 0 10 魔法 日常魔法
2 0 0 12 魔力感知
3 1 0 14 魔法誘導
4 1 1 16 魔法範囲化
5 2 1 18 魔力収束
  • 魔法
 魔法が使える。また魔法系の呪符を、真の効果で使用できる。
 また魔法についての知識がある。
 魔法には使用可能レベルと共に、1~5のコストが付く。
 魔法は1日の始めに、魔法コスト総量の超えないように選び、使用することができる。
  • 日常魔法
 火をつける。火花を散らせる、小さな力で物を動かす、などのちょっとした魔法をMPを1消費することで使える。
  • 魔力感知
 半径10m圏内の魔力を感知する。魔力量の強弱と方向が解る。
  • 魔力誘導
 範囲攻撃を行った際、味方を避けて範囲魔法を行使することができる。
  • 魔法範囲化
 MPを三倍消費することで、魔法を範囲化することができる。範囲化の仕方はGMと要相談。
 直線系の魔法は列の幅が三倍。元から範囲系の魔法は、周囲2マス拡大。
 割と疲れるため、一日に一回しか使えない。
  • 魔力収束
 MPを三倍消費する。
 範囲魔法の効果が及ぶ範囲を、1マスに集中する。
 仮に3×3マス範囲の魔法であれば、1マスに対して9回魔法を行使する。
 また3列で直進していく魔法の場合は、その三列があたかも一つのマスに目掛けて行使されたと見なす。
 もの凄く体力を消耗するため、3日に1度しか使えない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。