僧侶


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大神は世界に様々な神を残し、世界の統治を命じた。君は神に忠実な部下として仕える神官である。故に君は、神の奇跡を借り受け、また神と直接対話することで、大いなる知恵を得る。

僧侶は神聖魔法を使った補助のエキスパートであり、同時に神に仕える忠実な下僕です。
各地にある祭壇や祠を使うことによって、神の言葉を聞ける唯一の職業でもあります。
アルマティラの大陸では、女神アルマ・ティラが殺害されたと同時に、彼女が創った神々も姿を消してしまったため、僧侶の目的は失われた神々を探し出すことです。
国は国教としての信仰が既に存在しますが、冒険者として歩む僧侶達は、その国の教えにどこか疑問を持って旅に出ました。噂によれば、失われた神々は、今もどこかで我々を見ており、神々の目にかなった人間だけが、神との対話を許されるとのことです。

ステータス修正
HP MP AP STR DEX VIT AGI INT MND CHR 移動量
3 1 2
レベル 攻撃命中判定 ダメージダイス 魔法コスト総量 習得アビリティ
1 1 0 10 神聖魔法 祈る
2 1 0 12 悪意感知
3 2 1 14 結界
4 2 1 16 退魔方陣
5 2 1 18 神託
  • 神聖魔法
 神聖魔法を使うことができる。また神聖魔法系の呪符を、真の効果で使用できる。
 また神聖魔法についての知識がある。
 神聖魔法には使用可能レベルと共に、1~5のコストが付く。
 神聖魔法は祈ることで魔法コスト総量の超えないように選び、使用することができる。
  • 祈り
 祭壇か祠(ほこら)の前で祈ることで、神聖魔法を授かることができる。
 または、祭壇・祠を通して、その地域を担当する中神、小神と対話できる(出ない場合もある)
 ただし、相手がリューの神である場合は、祭壇や祠では無く、専用の通信端末を用いる必要がある。
  • 悪意探知
 半径15m以内に存在する呪いや負の気や負の感情を感知することができる。
 またその発生源が、使用者から東西南北のどちらに存在するか解る。
 呪いの種類までは解らない。感情の種類は把握可能。
  • 結界
 10分の間、術者を中心に半径2m圏内で、呪いに対抗する結界を張る。
 具体的には呪文の抵抗に無条件で成功するようになる。
 ただし使用者が別の動作を行うと、結界は消滅する。
  • 退魔方陣
 魔物・世界の敵に対して、命中判定、防御判定、をそれぞれ-1する。
  • 神託
 祈りの上位互換。祭壇や祠が無くても祈ることができる。
 ただしリューの神は通信機が必要。
 一日に一回まで。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。