キャラクタ作り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルマティラの大陸を冒険する冒険者を作ろう!

 ようこそアルマ・ティラの世界へ(大陸名称真ん中の「・」はあってもなくても良いです)
 絶対の存在たる神が不在のこの大地は、主に人族が中心となり、それぞれ国家や集落を築いて生活をしています。
 その中で冒険者と呼ばれる者達は、よく言えば何でも屋、要するにゴロツキなわけですが、この混沌の世界は、確かに冒険者達の存在で成り立っています。型にはめ込まれた世界から飛び出し、己の力と技で世界をのし上がっていく者。それがあなたです。

 このページでは、あなたの分身になるキャラクタの作り方について説明します。
 キャラクタの情報を書き込むキャラクタ・シートは、 こちら からダウンロードして下さい。
 それでは、早速始めましょう。

1.種族と名前を決める。

 まずは種族と性別を選んで、名前をつけて下さい。
 種族ステータスのページを参照して、基本となるステータスを、キャラクタシートのステータス欄に書き込んで下さい。
 大体の能力は、もうこの時点で決まってしまうと考えて貰っても構いません。

2.成長ダイス。

 種族と性別が決まったら、次にキャラクタの才能を決めて貰います。
 具体的には8面ダイスを3回振り、表に対応するステータスを+2ずつして下さい。
 なお、8が出た場合のみ、任意のステータスを+2できます。
出目 ステータス 関連ボーナス 概要
1 STR 筋力 腕力を表します。力を使いそうな判定に関連します
2 DEX 器用 手先の器用に関連する判定に使います
3 VIT 頑健 どれだけ頑丈かを表します。防御に関わります
4 AGI 俊敏 フットワークを試しています。回避に影響します
5 INT 知力 頭の良さです。魔法や頭脳労働の判定に使用します
6 MND 精神 意志の強さです。何かに抵抗する時に出てくるでしょう
7 CHR 魅力 あなたのカリスマ力です。うー☆
 なお、この八面ダイスを振ってステータスを+2づつ上げることを、成長ダイスを呼称します。
 成長ダイスはレベルアップ時や、クエストの報酬などで振ることができます。

3.職業を選択

 才能が決まったら、次に職業を選択して下さい。
 職業はレベルごとに固有のアビリティを持っており、戦闘などの特徴になります。
 なお、あとから転職することも可能です。
 選択したら、職業ステータスの表を参照して、ステータスに修正を加えて下さい。

4.スキルを覚える。

 アルマティラTRPGでは、キャラクタの技能を職業固有能力である『アビリティ』と、スキルポイント(以下SP)を消費して覚える『スキル』と区別しています。アビリティはそのジョブに就いていないと使えませんが、スキルは1度憶えてしまえば、転職しても使用が可能です。ただし1度消費したSPは、もう戻ってこないので注意して下さい。

 SPはレベルアップや、クエストの報酬で貰えます。スキル一覧を参照して下さい。
 初期のSPは、とりあえず5から始めて下さい。

5.装備・アイテムを整える。

 ゲーム開始時に決められた資金をやりくりして、初期装備を選んで下さい。
 初期所持金は800Gです。

 装備品には、武器、防具、装飾品とあり、それぞれ装備箇所は以下の通りです。
装備箇所 対応装備品 概要
利き手 武器 メインとなる武器を持ちます。
逆の手 盾・武器 両手持ちの武器を持っている時は装備不可
頭装備 頭に被る装備です
胴体 胴体装備 首から下全般。
腰装備 胴体の上から腰に巻く装備です
背中 背装備 胴体と腰の上から背中側を覆う装備です
装飾品Ⅰ 装飾品全般 指輪やイヤリング、ネックレスなど
装飾品Ⅱ 装飾品全般 同上

道具は一般雑貨や、回復アイテム、呪符のことを指します。
冒険者が持つ道具袋に入るアイテム数は、初期で20種類です。
ただし現在装備している装備品は、道具袋の中の物としてカウントされません。

 ここまでで、システム上に用いるキャラクタのビルドは終了です。

6.ロールプレイ用の情報を揃える。

 ではでは、ここからはお楽しみ、ロールプレイに関する設定の作り方の例です。
 本アルマティラTRPGは、「簡単に楽しく」をモットーとした結果、「もう大体はロールプレイのすごさで決めればよくね?」という結論に達しました。勿論それだけではゲームにならないので、ダイスに判定を委ねることになるのですが、RPがダイスの修正にに影響することは間違いありません。

 アルマティラという世界観は、ダークファンタジを意識して作られております。例えば鬼族とか、生きる条件が厳しいと思いますが、もしもの時はRPで切り抜けて下さい。ただ普段から「もしもの時」ばかりだと、とてもまともな精神で生活ができているとは思えないので、何かしらの対策をしているはずです。
 そこで、キャラクタの設定をここで考えて下さい。後から吐血するような厨2設定でも良いです。 演じられるものならな 。楽しければ良いんです。

 具体的には、経歴を3つほど考えて、それを元に妄想を膨らませると良いでしょう。
  例)・機族の剣士。元々はさる貴族の家に仕えていたが、三年前に屋敷が襲撃に遭い、滅ぼされた。
    ・現在は一家の生き残りで、攫われた屋敷のお嬢様の情報を求めて、放浪している。
    ・元々は庭師として働いていた。

 最後に、「どどんとふ」で表示させる画像を適当に捜すか作るかなりして、用意できれば完成です。

レベルアップの作業と、スキル取得のタイミングについて

 レベルが上がった際、キャラクタは種族ごとの基礎ダイスと、成長ダイスを振ることで能力を上げます。
 レベルが上がるごとに、SP+3、基礎ダイス各1回ずつ、成長ダイスを3回振って下さい。

 基礎ダイスは種族によって上がり方が変わります。
 HP、MP、APを、それぞれ種族に対応したダイスを振って、出た目の数値だけ上げて下さい。
 基礎ダイスは種族ステータスのページを参照して下さい。

 なおスキルの取得は、システム上ではSPを消費すれば憶えられます。
 でも冒険の途中で唐突に使えるようになったのでは、あまりにも味気ない。
 そこで、スキルの取得は、セッションが始まる前か、冒険中にRPをして憶えて下さい。
 冒険中のRPによるスキル取得は、GMがそのRPで取得できたと思えばオーケーとします。
 ダメなら諦めて次のセッションを待つか、もっと熱いRPを考えて実行して下さい。

 え、めんどくさい?
 それが、唐突に便利なスキルを使えるようになる代価、兼、冒険を盛り上げる要素だと思って下さい。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。