治安(ダムコース)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダムコースの治安維持は、主に三種類ある。

1つは、ダムコース内部における警邏。これは自警団が行う。自警団は傭兵や冒険者で構成される。冒険者や傭兵は基本的にならず者の集団なので、賄賂次第でどうとでもなるが、それを利用することに長けた人間がこの街には多い。

次に、国境の警備である。事実上の独立自治都市ではあるが、一応はオルボー国に所属するため、他国からの侵略を警戒している。これを担うのは国境警備隊であり、強力な鎧人形が配備されている。しかし、ここ十年は、他国からの侵略の兆候は見られず、日がな一日を別の作業に費やすことも多い。

そして最後は、魔物及び、〝世界の敵〟である。市が定期的に討伐隊を募り、これに応募した冒険者達によって行われる。しかし〝世界の敵〟については、どうしようも無く、これの出現時には、街は非常事態宣言を出され、全ての戦力を用いてこれを追い払う。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。