がんの食事療法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

がんの食事療法 @ ウィキ


利用者は、自らの意思によって本サイトを利用し、利用にかかわるすべての責任を負うこととします。


■『葬られた「第二のマクガバン報告」』
史上最強レベルの発がん物質「アフラトキシン」を投与するラットの実験
  • 植物性たんぱく質では、たとえ高レベルの量を摂取したとしても、ガンを促進しない
  • 通常レベルの20%の「動物たんぱく質」食を与えられたネズミは、すべて肝腫瘍で死んだか、100週後の時点で肝臓ガンのため死にかけていた
  • 5%のタンパク食で育てられたネズミは、100週後の時点でも活発に動き回り元気に生きていた
  • スコアとしては100対0
  • 小麦、大豆などの植物性たんぱくでは発ガンせず

複数のデータから証明されること
  • 動物性タンパク質は、ガンの危険因子であるホルモンIGF-1(インスリン様成長因子)のレベルを増加させる
  • カゼイン(牛乳の主要タンパク)を多く含む食事は、細胞により多くの発ガン物質を取り込ませる
  • プラント(植物)ベースで、ホールフード(精製・加工されていない、まるごとの食べ物)の食事がガン対策にとってベスト






■ゲルソン療法
ガンを助長する食品を一切排除し、ガン細胞の餌となるエネルギーを遮断。
人間が最低限生きていくのに必要な栄養素を、自然な食品からバランスよく摂取することで、自己治癒力を高める。
  • 8時から19時まで1時間おきにしぼりたての野菜・果物生ジュースを1日13杯(3リットル)飲む
  • 材料はすべて有機栽培

 ×禁止物
  • たばこ、塩および同類品、強いスパイス、お茶、コーヒー、ココア、チョコレート、アルコール、白砂糖、
  • 精製小麦粉、キャンディ、アイスクリーム、菓子、ナッツ、キノコ、大豆と大豆製品および豆類、漬け物、
  • キュウリ、パイナップル、アボカド、缶詰めや保存食品、冷凍食品、薫製や塩漬け野菜、乾物、缶瓶ジュース、油脂類

 ▲一時的に禁止
  • ミルク、チーズ、バター、魚、肉、卵





■『「ガン治し」本気塾』

ゲルソン療法をアレンジ。
  • 一日1.5-2リットルの天然野菜ジュース
  • 玄米
  • 野菜、キノコ、海藻、大豆製品
  • 肉、魚、脂肪、塩分、当分は極力避ける
  • 乳製品、アルコール禁
  • ミネラル水、サプリメント
  • 腹6分-7分





■『断食でがんは治る』
治癒・改善率は60%-70%程度?
腸管免疫を活性化させることを主眼におく、半断食から開始する専門プログラム。
  • 酵素食(梅干し、フラックス油など)
  • 小食
  • 玄米は20時間以上の浸水
  • 動物性タンパク質避ける
  • 朝は固形食・加熱食を避ける
  • 抗酸化食品
  • サプリメント




■『「体を温める」と病気は治る』
血液の流れが悪くなる瘀血を対外に排出しようとしているのがガン、という考え方。
体をあたため血液をきれいにすることが、根治につながる。
  • 朝食はニンジン・リンゴジュースと生姜紅茶のみ
  • 既にガンに罹患している人や再発予防には、ニンジン2本、リンゴ1個、キャベツ100gのジュースを朝食とする
  • 昼食はそばか、軽い和食
  • 夕食は和食中心に、好きなものを好きなだけ、よく噛んで食べる
  • 主食は玄米か白米+黒ごま塩、50回は噛む
  • 副食には梅干しか大根おろし、ひじきの炒め物を必ず添える
  • 上記に加え、野菜、豆、魚介のおかずを1〜2品添える






■『病気にならない生き方』
体内にある酵素の量と活性度が、健康状態に大きく影響する。
抗がん剤は解毒に大量の酵素を消費してしまう。
ガン患者の食歴を調べると、動物食をたくさんとっている。
酵素の多い食材選び、調理法、食べ方を指導。
新谷食事健康法では術後のガンは再発しない。
病気予防の食事のポイント
  • 酵素食
  • 穀物(未精製)50%、野菜・果物(未精製・フレッシュなもの、極力そのままの形で)35%、肉類(魚)15%
  • 乳製品は避ける
  • マーガリンや揚げ物は避ける
  • 小食
  • よく噛む

amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。


■『絶望を希望に変える癌治療』
ガン発生の内因である活性酸素を抑える。
ガン発生の外因としては、多くの患者の調査の結果以下が挙げられる。
ウイルス感染、細菌感染、放射線被曝、電磁波被曝、歯科合金・噛み合わせ、タバコ、食事の偏り、抗がん剤
食事の偏りとしては、牛肉、牛乳、乳製品、玄米、健康食品が挙げられる。
食事のポイント
  • 噛み合わせを改善しよく噛む、歯科合金を取り除き、口腔内を清潔に
  • パセリ
  • 水素水
  • リンゴなど抗酸化食品
  • 体に合わない水をやめる
  • 牛肉、牛乳、乳製品を避ける
  • 玄米のフィチン酸は身体を冷やし免疫力を弱めるため食べない
  • 健康食品は安全なものに限る
  • ハム・ソーセージと魚介は一緒に食べない
  • 旬の野菜
  • 輸入柑橘類は避ける





■『論より証拠!ガンをなおす「いずみの会式玄米菜食」』
年間生存率約90%以上(年間死亡率8%)の患者会
生きぬくための自助努力を地道に継続
「がんは治る」と気付く、玄米菜食、運動
  • 主食は玄米
  • 大豆タンパク関連食品や種実食品及び緑黄色野菜と、海藻類、煮干等の小魚類、白身魚
  • 牛豚肉とその加工製品は禁
  • 乳製品とその加工製品は禁
  • 白砂糖及びその加工食品は禁
  • 塩辛い加工食品は禁
  • 白米は禁