※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『マルチタイプ』
持たせたプレートに応じてタイプが変化するアルセウスの固有特性。

   特性効果    
各プレートによって変化するタイプ。
みどりのプレート→「くさタイプ」
ひのたまプレート→「ほのおタイプ」
しずくプレート→「みずタイプ」
いかずちプレート→「でんきタイプ」
つららのプレート→「こおりタイプ」
おおぞらプレート→「ひこうタイプ」
だいちのプレート→「じめんタイプ」
がんせきプレート→「いわタイプ」
たまむしプレート→「むしタイプ」
こぶしのプレート→「かくとうタイプ」
もうどくプレート→「どくタイプ」
ふしぎのプレート→「エスパータイプ」
もののけプレート→「ゴーストタイプ」
りゅうのプレート→「ドラゴンタイプ」
こわもてプレート→「あくタイプ」
こうてつプレート→「はがねタイプ」

アルセウスがこの特性によりタイプを変えると、身体の色の一部もタイプによって変わる。

特性をもつポケモン、そのポケモンの別の特性
アルセウス

    備考     
バトルでの性能
前述の通り全てのタイプに自由にシフトが可能でパーティに合わせられる万能型。
例として、砂パならば、いわタイプにすることで、スリップダメージを無効化するだけでなく特防も上昇させられる。

アルセウスの専用技さばきのつぶてのタイプもアルセウス本体のタイプと同様に変化し、タイプ一致とプレート効果で高い威力を誇る。
またこの特性には『ミイラ、なやみのタネ、なかまづくり、スキルスワップ、シンプルビーム』で特性を変化させることはできない。
『いえき、トレース、なりきり』も無効になる。

アルセウスの道具の効果を変化させる技の効果は無効になる。
アルセウスに対して使った場合、アルセウスが使った場合、共に必ず失敗する。
ただしダメージの追加効果としてこれらの効果を持つ技の場合、ダメージだけは受ける。
該当する技は『トリック、すりかえ、さしおさえ、はたきおとす、どろぼう、ほしがる』の6つ。
第5世代ではプレートを持っている場合のみ失敗するようになった。
またトリック、すりかえはアルセウスに対して使ったポケモンがプレートを持っている場合も失敗する。
この変更により、アルセウスと相手がプレートを持っていない場合に限り、アルセウスはトリックを使えるようになった。
また第5世代では、さしおさえは有効になり、さしおさえ状態になるとアルセウスのタイプと姿は変わらないが、さばきのつぶてはノーマルタイプになってしまう…
マジックルームでもさしおさえ状態と同じになる。

また、へんしんでアルセウスに変身すると特性がマルチタイプになれる。
第4世代ではアルセウスになったあと、変身したポケモンが持っているプレートの種類、有無に応じた体の色に変化する。

第5世代では変身した側が持っている道具(プレートの種類や有無)にかかわらず、相手のアルセウスと同じ色の姿になる。
ただし、さばきのつぶては変身したポケモンが持っているプレートの種類や有無によりタイプが決まる。