※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『あくしゅう』
ポケモンの特性の一種。
文字通り凄まじい悪臭により敵のエンカウント率が下がる。

   特性効果    
3世代エメラルドからは、手持ちの先頭にいると野生ポケモンとのエンカウント率が0.5倍になる(エメラルドのバトルピラミッドでは0.75倍)
第5世代から、この特性を持つポケモンに攻撃した時に、10%の確率で怯ませることがある。

くろいビードロなどと組み合わせることができる。
きよめのおふだを持たせると、あくしゅうの効果が無効になってしまう。

特性をもつポケモン、そのポケモンの別の特性
ベトベター「ねんちゃく、どくしゅ(夢)」
ベトベトン「ねんちゃく、どくしゅ(夢)」
スカンプー「ゆうばく、するどいめ(夢)」
スカタンク「ゆうばく、するどいめ(夢)」
ヤブクロン「ねんちゃく、ゆうばく(夢)」
ダストダス「くだけるよろい、ゆうばく(夢)」

以下は夢特性でもっている↓
クサイハナ「ようりょくそ」

    備考     
バトルでの性能
第4世代までは対戦において全く役に立たない特性だったが、第5世代で怯みの追加効果を10%の確率で発生させられるようになったため、対戦でも役にたつ特性になった。

ただ、効果の発生率が低いだけでなく、この特性を持つポケモンで一番素早さのあるスカタンクですらも素早さ種族値が84のため先手が取られやすく、そのスカタンクには同タイプのライバル、ドラピオンもいるために採用率がやや低い。
そのため、あまり意味をなさない事になりがちである…。