※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『かそく』
ポケモンの特性の一種。

   特性効果    
毎ターンすばやさが1段階上がる。

特性をもつポケモン、そのポケモンの別の特性
ヤンヤンマ「ふくがん、おみとおし(夢)
メガヤンマ「いろめがね、おみとおし(夢)」
テッカニン

以下は夢特性でもっている↓
アチャモ「もうか」
ワカシャモ「もうか」
バシャーモ「もうか」
キバニア「さめはだ」
サメハダー「さめはだ」

    備考     
バトルでの性能
この特性を所有するポケモンはほぼ全て、1ターンをまもるで凌いで素早さを得てから攻撃に移る戦法で実用されており1ターンさえ凌げば大半のポケモンを抜ける素早さを得られ、2ターン目が終わればこだわりスカーフ持ちですら追い抜ける素早さになる。

テッカニンについては火力があまり無い事とバトンタッチを覚えることから、数ターン凌いだ後にバトンタッチする戦法がよく見られる。
第5世代からは、とんぼがえり+ひこうのジュエルもたまに見られる。
バシャーモは配布(5世代)による♂の個体限定で、厳選が難しく夢バシャーモではタマゴ技のバトンタッチと両立出来ない…

この特性を持つポケモンのどれにとってもかなり有用な特性であるため、対戦でこれらのポケモンを見るとかそく持ちだという事が読まれてしまう。