※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一井 透(いちい とおる)
通称「トオル」
『Aチャンネル』の登場人物でありメインキャラの一人。

声優は『悠木 碧』

12月12日生まれ。
15歳。
身長141cm。
葵ヶ丘高等学校に通う1年生。
黒髪のショートカットで、頭頂部にウニを思わせるようなくせ毛がある。

家族構成は、両親と自分の核家族であり、一人っ子(父親はまだ劇中に登場していない)
両親一緒にマンションに住んでいる。
「炭酸」という名の猫を飼っている。
猫の名前はるんが命名(由来は飲んでいた炭酸ブレンドから)

甘い物が好きで、匂いだけでユー子が飴玉(実際には空袋のみ)を持っていることを見破ってしまうほどである。

未発達な体つきをしており「貧相な体を見られたくない」と言って夏場でも両手が隠れるほどの袖の長さの紺色の大きいセーターを着用している。
現在所持しているスクール水着(小学生の頃の物という本人談からして小学生時よりほぼ体型が変化していないとのこと)
ビキニの水着を試着したときも、紐が緩すぎてボトムが落ちてしまい、ショックを受けて布団に篭った。

幼馴染みのるんのことが大好きで、自分の学力に見合った高校ではなく、るんが受けようとしていたのと同じ高校に入ろうとした。
幼馴染に同じ高校の1学年上に通うるんがおり、よくるんのクラスに出没する。
るんのことが大好きで、るんが他の誰かと仲良くするのを良く思わず、金属バットを振り回し、相手を威嚇して追い払おうとする。

ユー子との初対面では、るんとユー子がじゃれ合っていたところに遭遇してしまったため、以来ずっとユー子を目の敵にしているようである。

その反面、自分のクラスではおとなしく、教諭や周囲からも信頼されている。

クラスの担任は鬼頭先生。
るんが絡まなければトオルは非常に真面目で優等生であり、頻繁に用事を頼まれるなどかなり信頼されているようである。
るんの事を気に入っている佐藤先生に対しては強い警戒心を抱いており、彼がるんに近付こうとするたびに妨害している(また彼からは、うにちゃんと呼ばれている)

交友関係
るん、ユー子、ナギと共に行動することが多い。
学年が違うため一緒の授業は受けられないが、休み時間になると三人のところへ赴き、一緒に食事などをしている。

同学年の友人にはユタカ、ミホがいる。
二人は共にトオルのファンを自称しており、特にユタカはトオルに馴れ馴れしく接しすぎて鬱陶しく思われている。

近所の老人達からも可愛がられているようで、会うたびにお菓子を貰っている。