※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『てつのこぶし』
ポケモンの特性の一種。

   特性効果    
パンチを使う技の威力が1.2倍上がる。
威力が上がるパンチ技は『メガトンパンチ
ピヨピヨパンチ
れんぞくパンチ
ほのおのパンチ
かみなりパンチ
れいとうパンチ
マッハパンチ
ばくれつパンチ
きあいパンチ
コメットパンチ
シャドーパンチ
スカイアッパー
ドレインパンチ
アームハンマー
バレットパンチ』

特性をもつポケモン、そのポケモンの別の特性
エビワラー「するどいめ、せいしんりょく(夢)」
ゴビット「ぶきよう、ノーガード(夢)」
ゴルーグ「ぶきよう、ノーガード(夢)」

以下は夢特性でもっている↓
レディアン「むしのしらせ、はやおき」
ヒコザル「もうか」
モウカザル」もうか」
ゴウカザル「もうか」
ドッコラー「こんじょう、ちからずく」
ドテッコツ「こんじょう、ちからずく」
ローブシン「こんじょう、ちからずく」

    備考     
バトルでの性能
特定の技の威力を上げる特性。
第4世代までは、エビワラーの専用特性だった。
第4世代では技の仕様変更で物理化した技が増えたのでエビワラーが使いやすくなった。
第5世代では、ゴルーグやローブシンがこの特性を習得し、ゴルーグはシャドーパンチ。
ローブシンもマッハ、炎、氷、雷などのパンチ系の技を覚えるため、この特性が採用されることが多い。