※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ぶきよう』
ポケモンの特性の一種。

   特性効果    
道具を持たせても効果が現れない。
ただし、経験値や努力値に関するアイテム「しあわせタマゴ、パワー系」のアイテムには効果があらわれる。

特性をもつポケモン、そのポケモンの別の特性
ミミロル「にげあし、じゅうなん(夢)」
ミミロップ「メロメロボディ、じゅうなん(夢)」
コロモリ「てんねん、たんじゅん(夢)」
ココロモリ「てんねん、たんじゅん(夢)」
ゴビット「てつのこぶし、ノーガード(夢)」
ゴルーグ「てつのこぶし、ノーガード(夢)」

    備考     
バトルでの性能
「どくどくだま、かえんだま、こうこうのしっぽ」といったデメリット効果のある持ち物を、すりかえで相手に渡す場合、渡す前や渡さなかった場合にその持ち物のデメリット効果を受けないで済む。
また、相手からの「こだわり系アイテム」などで行動を縛られたりする危険もなくなる。

他にも効果が現れない状態↓
しぜんのめぐみはきのみの効果が現れないので使っても失敗する。
「ついばむ、むしくい」を使った場合、相手へのダメージや相手の木の実をなくす事は出来るが、こちらに木の実の効果が表れることはない。

くろいてっきゅうの素早さ低下効果を受ける。
「ひこうタイプ、ふゆう」にじめん技が当たる効果は第4世代から無効。
くっつきバリは相手からくっつくがスリップダメージを受けず、相手へくっつけることもできない。

第五世代では、なげつけるを使っても失敗する。 これにより「どくどくだま、かえんだま」を投げて状態異常にする戦略が使えない。