※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『東方地霊殿〜Subterranean Animism.』
タイトルの読みは「とうほう ちれいでん」
副題の読みは「サブタレイニアン・アニミズム」

   作品概要   
東方project第11弾となる作品で、2008年8月16日のコミックマーケット74にて頒布された。
今作も過去作同様に「EASy.NORMAl.HARd.LUNATiC」の4種類の難易度や全6ステージで構成されている。
難易度EasyでもコンティニューせずクリアすればグッドエンディングになるがEasyクリアではExtraステージが解放されず、Extraステージ解禁には難易度Normal以上をノーコンティニュークリアする必要がある。
自機は博麗霊夢と霧雨魔理沙の2名のみだが、地霊殿ではショットとスペルカード選択の代わりにパートナーを選択でき、自機の支援キャラを選択することでキャラ性能、ショット性能や霊撃性能を変え、計6種類の組み合わせを選択する事ができる。
しかし今作は永夜抄の操作キャラ入れ替えができる設定ではなく、支援キャラは地上に残るため本編には台詞のみの登場である(立ち絵なし)

   あらすじ    
比那名居 天子によって起こされた地震によって倒壊させられた博麗神社も再建され元通りになっていた。
冬のある日、博麗神社の近くに突如間欠泉が吹き出した。
博麗神社の巫女、博麗霊夢は温泉が湧けば里の人間だって参拝にくるに違いないと喜んでいたが、湧いてきたのは温泉だけではなく地霊――地底に住む者達であった。
この事態を重く見た幻想郷の妖怪達は、博麗霊夢、霧雨魔理沙たち人間を地底調査に派遣するのであった。

 登場キャラクター 
「主人公(自機)&支援キャラ
博麗 霊夢(自機)
八雲 紫(A装備)
伊吹 翠香(B装備)
射命丸 文(C装備)

霧雨 魔理沙(自機)
アリス・マーガトロイド(A装備)
パチュリー・ノーレッジ(B装備)
河城 にとり(C装備)

「ボスキャラクター」
・「キスメ」
1面中ボス。

・「黒谷 ヤマメ」
1面ボス。

・「水橋 パルスィ」
2面ボス。

・「星熊 勇儀」
3面ボス。

・「古明地 さとり」
4面ボス。

・「火焔猫 隣」
5面ボス、6面中ボス。

・「霊鳥路 空」
6面ボス(ラスボス)

・「東風谷 早苗」
Extraステージ中ボス。

・「古明地 こいし」
Extraステージのボス。