※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七条 アリア(しちじょう ありあ)
『生徒会役員共』の登場人物でありメインキャラの一人。

声優は「佐藤 聡美」

私立桜才学園高等部2年→3年。
役職は生徒会書記。

高級料理より庶民じみた料理が好き。
苦手な食べ物はアワビ(本人曰わく………とある部分に酷似しているとのこと)

本人曰く冷え性体質。
シノが羨ましがる程の巨乳の爆弾ボディ。
おっとり天然系のお嬢様。
学内成績はシノに1位を譲っているもののやはり優秀で、茶道、華道、書道と多くの稽古をこなす。
容姿端麗、成績優秀、作法や家事も完璧で、家が超お金持ちというまさにお嬢様を絵にかいた人物。
なのだが、これまたシノ以上にドキツイ下ネタを連発する。
特にアナルに関しての下ネタは豊富で「アナルセックスしたらお尻から子供が生まれると思ってた」
「便器に『肉』と落書きした(要するに肉便器のこと)」などの過去を話すとスズに凄まじくドン引きされた。

アリアは両親が青姦していたときに誕生したとのこと。
ちなみに家ではノーパンどころかブラジャーを着けていないこともある。
重いジョークが好きで、性的にマズイ発言を繰り返したり、それを抜きにしてもお嬢様特有の天然ボケを度々みせる。

貞操帯を着用しているかと思えば、ノーパン発言をしたり、アナリストっぽい発言をしたり、ジョークなのか本気なのか分からない発言が多い。 『生徒会役員共』単行本4巻おまけマンガにて、アニメ化に際し「よかったね、声優さんが引き受けてくれて」と発言し、津田タカトシに「その口が言うのか」とツッコまれている。
生徒会顧問の横島ナルコを除けば彼女が一番ヤバイ発言が多い。

生理用品はタンポン派と称している(基本的にはプールなどの緊急用なので非推奨である)

名言もとい迷言は「まぁ騙されたと思って食べてみて。
幼なじみのヒロインが非処女だったくらいの感覚で」