※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラゴンボールZ超サイヤ伝説(ゼット スーパーサイヤでんせつ)
1992年1月25日にバンダイから発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。

原作マンガ17巻から27巻(サイヤ人編〜ナメック星編)をほぼ原作通りに描いた作品。
ファミコン版の強襲サイヤ人、激神フリーザを足して割ったようなストーリーでオリジナル要素も多い。

   システム    
移動編
フィールドマップ上では徒歩と武空術(空を飛んで移動)
ファミコン版と異なり移動にバトルカードは消費しない。
徒歩での移動は敵との遭遇率が低いが、海や低い山なら移動できない。

武空術による移動は移動速度が速いが地上よりも敵に遭遇しやすくなる。
Xボタンを押すことで速度が上がる代わりに、エンカウント(敵との遭遇率)が格段に上昇する。
Yで通常の速度に戻せる。
Bでブレーキ。

おたすけカード
おたすけカードとは便利なアイテムの事であり、回復系から、補助系、戦闘で有利な効果がある物がある。
またイベントに関わる重要なアイテムもある。

クレジット
おたすけカードを購入するためのお金のような物。
入手するには修行場やダンジョンで拾ったり敵の落とすおたすけカードを売ると増える。

死亡した仲間のパーティ離脱
戦闘でHPが0になった仲間は物語後半のポルンガに復活させてもらうまで戦線に復帰できない。
ちなみにポルンガイベント以降に死んでしまうと二度と復活できない。

 本作の戦闘システム
戦闘は5枚のカードに文字と数字が入っておりその数字が高いほど強力な攻撃が出せ、選んだ後はバトルシーンが始まる。
戦闘はバトルカードで行われる星の数で(1-Z)が攻撃力、漢数字(一からZ)で防御力が決まる。
最大で戦闘に出せるのは5人でカードは使った分だけ次のターンに補充される。
ちなみに人数分のバトルカードを選ばなくてもXボタンを押すと戦うキャラを1〜4人にすることが出来る。
逃げるを失敗するとバトルカードの攻撃、防御が1つ下がる。

また、キャラクターの流派とカードに書かれている流派一致すると全体攻撃。
敵一体を攻撃する時は攻撃力が上昇する。
「必」と書かれたカードを選ぶと、KIを消費して各種の必殺技を繰り出せる。
ちなみにKIが不足している場合は必殺技を選ぶことができず、打撃攻撃を行う。
攻撃の順番は、カードの攻撃力が高い者であり、攻撃が同じ値なら防御力の順に決定される。
攻撃の後に、追撃攻撃を行う(約2倍の威力、回避不可)が発動することがある。

  キャラの成長   
敵を全滅させ、勝利すると経験値が貰え、一定の値になるとレベルアップする。
BP(バトルポイント)=キャラの強さであり、この値が高ければ高いほど強い。
最大値は9999999

悟空を除いた各キャラクターは最高レベルに達するに達するには莫大な量の経験値が必要。
ちなみに「悟空、悟飯、ベジータ」らサイヤ人は、戦闘中にHPが5以下になったとき、『かみさま、カリンさま』といったおHPが全回復する、お助けカードを使うとレベルアップする。

 施設、ダンジョン 
回復場
ブルマに話し掛けたり、メディカルマシーンに入ると全員のHPとKIが全快する。
ちなみにメディカルマシーンはナメック星から登場する。

交換場
クレジットを払っておたすけカードを買ったり、おたすけカードを売ってクレジットを手に入れたりできる。

修行場
建物に入ると修行することができる。
修行内容はクレジットカードを賭けた連戦を行い全てに勝利すると賭けた分が倍になる。
KIの修行は溜めたKIの量で最大KIの上限が上がる。

修行できる回数は各修行所で決められている。

洞窟
特定の場所への抜け道となっているダンジョン。
カプセルや穴を調べるとおたすけカードを手に入れられるが、毒ガスにより、ダメージを受ける。
また、おたすけカードを吸い込まれ「おたすけカードを失う」罠もある。