※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シーダ
『ファイアーエムブレム暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 紋章の謎』
およびリメイク作『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎』に登場する物語のヒロイン。
クラスは「ペガサスナイト」

声優は以下の通り↓
ファイアーエムブレム 旅立ちの章「天野 由梨」
暗黒竜と光の剣(原作・箱田真紀)「佐久間 レイ」
ファイアーエムブレム黎明編/紫嵐編(原作・佐野真砂輝&わたなべ京)「鉄炮塚 葉子」
紋章の謎OVA「丹下 桜」

    概要     
アカネイア大陸の東方に位置する小さな島国「タリス王国」の王女。
小さな新興国の王女故か、庶民的で優しく穏やかな性格の持ち主で、高貴さ以上に可憐な容姿と心優しい性格で人々を惹きつける魅力を持っている。
本編ではその巧みな交渉術で、マルスに次いで特定の敵を説得して味方にする大きな役割を果たす。
また寝返らせる敵は全て男性ユニットである。

主人公であるアリティア王国の王子マルスとは相思相愛の仲であり、タリス王国とアリティア王国は同盟関係にある。
アリティアがドルーア帝国の襲撃により滅ぼされた際、マルスとその兵士たちはシーダの父、タリス王の計らいで匿われて、シーダは彼と共に成長した幼馴染的存在でもある。
主従関係を持とうとしないナバールからも命を懸ける価値ある人物と見られており、事実上の近衛兵であるオグマも生きる意味そのものを与えてくれた存在として心服している。

加入初期は普通くらいの強さだが速さがよく伸び、機動力にも長け、順調に成長させればかなりの戦力になることから、使っていたプレイヤーも多い。
FC、SFC版では、アイテム「飛竜の鞭」を使用することによりドラゴンナイトへ昇格する(ただし魔防が6下がる)
DSリメイク版では、アイテム「マスタープルフ」を使用することで前作同様ドラゴンナイトへ昇格できる。
またペガサスナイトの状態で使える「天空の鞭」を使用することで新たにファルコンナイトへ昇格できるようになった。
他にもリメイク版では専用武器「ウイングスピア」が登場し、性能はレイピアと同じ特効を持った強力な槍武器。


シーダの家族構成は、父王モスティン。
父王はタリス島の諸侯を統一し、タリス王国の初代国王となった人物である。
また母については本編では特に言及されておらず、書籍やOVAでは故人であったり存命であったり設定が一定していない。

余談だが、顔グラフィックは暗黒竜と光の剣では他のキャラと同じく1パターンであるが、紋章の謎では2パターンある。
『紋章の謎』第1部の顔グラフィックで『暗黒竜と光の剣』の顔グラフィックと同じ「首をかしげる」仕草は、任天堂開発第一部所属の寺崎啓祐の要望からでる。

暗黒戦争編(暗黒竜と光の剣)
グラ王国の侵攻で国を追われ、タリスへ落ち延びたマルスと2年の時をタリスで過ごす。
『暗黒竜と光の剣』及び『紋章の謎』の公式設定では暗黒戦争編の時点で15歳。
『紋章の謎』第2部の公式設定では英雄戦争編の時点で16歳である。
また『新・暗黒竜と光の剣』の公式設定では17歳である。

流れた日、タリス王国がガルダの海賊の襲撃を受けた際に救援を求めマルス一行の滞在する砦へ駆けつけ、戦線に加わる。その後、マルスが打倒ドルーア帝国のために兵を挙げ、彼女も愛するマルスのために参戦する。

暗黒戦争後、タリスに帰国し、マルスとの仲が噂されはじめる。
しかし、エンディング前にシーダが死亡してしまうと「アルテミスの定」が発生してしまうのでシーダは戦死させないようにしよう!!

数々の仲間を加える要員として非常に重要であり、暗黒竜と光の剣、新・暗黒竜と光の剣では「カシム、ナバール、ロジャー、ジェイク、ロレンス」を仲間にできる。
SFC版、紋章の謎第1部・暗黒戦争編では「カシム、ナバール、ロレンス」を仲間にできる。

有名な説得セリフは傭兵ナバールを仲間にする時の「それが駄目と言うなら、私をその剣で好きなようにして……」
ロジャーの説得では「あなたは愛を信じますか あなたには愛する人がいますか」など意味深な台詞を複数残したことが一部で有名であり、FEシリーズの中でも有名なセリフになったことは言うまでもない。

英雄戦争編(紋章の謎)
暗黒戦争から一年が経ち、大陸には平和が戻りマルスと婚約しマルスと共にアリティアに戻り、国の再興に励みマルスとの婚約を公に発表するとともに、婚礼に備えてアリティアに滞在し婚礼準備中も武術の修行を行なっていた。
『新・紋章の謎』の公式設定では18歳である。

しかし、盟主国アカネイア神聖帝国の皇帝となったハーディンから、辺境の地グルニアの反乱を鎮圧せよという命令を受け、疑問を感じつつも軍を動かすマルスの無事を祈り、カイン等と共にアリティアに残る。
しかしマルスがラングの非道な命令に歯向かった事によりアカネイア、グラ、オレルアン連合軍による襲撃を受ける。
その際エリス王女に助けられ、祖国陥落の悲報を携えマルスの元へやって来てそのままアリティア軍に参加し、再び長い戦いに身を投じる。

英雄戦争編でも多くの仲間を説得できる。
紋章の謎第2、部英雄戦争編(SFC版)では「サムトー」だけしか該当キャラが居ないが、DS版の新・紋章の謎では「サムトー、ロジャー、ジェイク」を仲間にできる。

『新・紋章の謎』では、マイユニット(クリス)とは双方共に面識を持っていなかったが訓練生時点で互いの身分を知った。
支援会話ては、残り物でシチューやお菓子を作ってみたり、オグマとの支援会話でも負傷したオグマに自身で調合した薬を渡すなど、小国タリスゆえの家庭的で庶民的な面が描写されている。

また料理についてはマイユニット曰く「かなり美味」とかなり好評である。
また、マルスと出陣前の会話では、身を案じるマルスからは戦線から退いてほしいと言われるものの、マルスを案じるからこそ戦いに出ると説得するなど、心の芯の強さもより強調されている。

今回も「天空の鞭」でファルコンナイトへの昇格できる。
後に英雄戦争と呼ばれるこの戦乱終結後、マルスと正式に婚礼を挙げアリティア王妃となる。

ファイアーエムブレム覚醒
英雄戦争から2000年後「古の英雄王」として名前のみ(後に配信専用キャラとして本人達を模した幻影が登場する)
配信チーム「暗黒竜と光の剣」やDLCマップで登場する。

ティアモとドニの支援会話Cではシーダを称えた歌があり、イーリス初代聖王の妻として伝説に残され、強さと優しさを兼ね備えた英雄として知られている。
ちなみにシーダを称えた詩は天馬騎士なら誰もが知っているらしい。