※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アベル
『ファイアーエムブレム暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 紋章の謎』
およびリメイク作『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎』に登場する騎士。
クラスは「ソシアルナイト」
紋章第2部では「パラディン」

声優は以下の通り↓
林延年「現、神奈延年」(電撃)
関俊彦(箱田)
成田剣(ラジオ)
置鮎龍太郎(OVA)

    概要     
若きソシアルナイトであり、緑の鎧と緑髪が特徴的な男性。
後のシリーズ作品で恒例となる赤い鎧と緑の鎧の騎馬ユニットのコンビの初代「緑」と呼ばれる側にあたる。

「黒豹のアベル」の異名を持ち、技と俊敏さに長け、カインとは良きライバルで猪突猛進タイプな彼と逆に違い落ち着いた性格であり、赤のカインとは良きライバル。
暗黒竜初期の公式イラストでは出っ歯でひょうきんな外見であったが、紋章の謎では美形の青年になっている。

第一部の初期値ではカインより技、速さが高いが、力が低い。
序盤ではやや攻撃力不足だが順調に育てば、最終的にはアベルとカインは共に強くなる。

暗黒戦争編(暗黒竜と光の剣)
タリスでのマルス挙兵の時から、他のアリティア騎士団と共に登場。
リメイク版の新・暗黒竜では序章2でフレイと共にマルスと合流する。

暗黒戦争後のエンディング後日談ではアリティア宮廷騎士団を除隊しマケドニア白騎士団の末妹エストと結ばれ、小さな店を始める。

英雄戦争編(紋章の謎)
第2部では騎士団を除隊しエストと共に穏やかな暮らしをしていた。
彼は物語後半で登場し、アカネイア帝国率いる連合軍の電撃的な侵攻を受け、祖国防衛に加わるが、恋人エストが帝国軍に囚われてしまったことからやむなく帝国軍に付く。

マルス率いる解放軍のアリティア帰還時には葛藤に苛まれながら、かつての主へ仇なす事を余儀なくされ敵対することになる。
アベルと対峙した時に、レスキューで救出したエストで話しかけると仲間になる。
ただし位置に気を付けないと彼の攻撃で撃破されてしまうので注意(彼女を失いたくないと葛藤しながら、当の彼女を分別も無く串刺しにしたりする)
またマルスでも話すと、エストを見捨てて寝返る決断を固めたりするが、当然その場でエストは敵兵に殺されてしまうので必ずエストは救出しておこう。

第二部の登場時には何故か退役したはずのアベルが、何とパラディンLV1で登場し、現役のカインがソシアルナイトLV9であるのに比べ衝撃を受けた者も多かった。
しかし、カインの方がレベルアップ回数も多く、クラスチェンジボーナスのあるので最終的にはカインに追い抜かれてしまう。
もし彼をレギュラーで使うなら星のオーブを持たせての育成が必須(SFC版のみ)
新・紋章の謎では星のオーブの成長率上昇効果がなくなってしまった…
やや能力上昇の期待値は下がるが訓練場でレベルアップを頑張れとしか言えん…

新・紋章のマイユニットとの支援会話ではアリティアで店を開き、妻と慎ましく暮らしたい夢があったが、アリティア騎士としても尽くしたい思いもあったが、長い間悩みに悩んだ末に騎士団を退役したことが明かされた。
アベルとの支援会話では、戦後の元の平穏な生活に戻れるのかと思い詰めており、エンディング後日談の失踪フラグをたてていた。

英雄戦争後のエンディング後日談では何も告げず突然姿をくらましたエストを捜しにアリティアを出たまま消息を絶つ。
ちなみにエスト死亡時のエンディング後日談ではエストを失った悲しみから国を出て消息を絶つ。

ファイアーエムブレム覚醒
英雄戦争から2000年後、ソワレとソールの支援会話によると「古の英雄王マルス」に仕えた伝説の赤と緑の騎士として伝わっている。