※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルナチャイルド
幻想の系譜に登場するキャラクター。

   概要      
月の名を冠する光の三妖精(呼称は三月精でもOK)。
明治16年、幻想郷がまだ外の世界と隔離されていなかった頃の八雲紫が作り出した理想の郷「マヨイガ」の結界が突如消滅し、紫家に攻め込んできたチルノ達に乗じて三妖精もイズタラをしにやって来た。

第二章で規定ターン数以内にチルノを撃破し、第二章外伝で三妖精を倒すと怪我をしてしまったルナを手当てしてもらい、自分達を優しくしてもらった恩を巫女に恩返しをする為にサニー、スターの二人と共に仲間に加わる。

本編でのユニットとしての設定
二つ名「悪嘘好きな月の妖精」
LV「1」
HP「17」
力「1」
魔力「5」
技「2」
速さ「2」
幸運「8」
守備「1」
魔防「6」
MV(移動力)「5」
武器LV「魔D」
スキル「一回休み、治療」
所持アイテム「雷術弾、傷薬」

クラスチェンジ後↓
二つ名「静かなる月の光」
クラスチェンジボーナス↓
HP「+3」
力「+1」
魔力「+7」
技「+4」
速さ「+3」
幸運「--」
守備「+2」
魔防「+5」
MV(移動力)「+1」
使用可能武器「札E」
追加スキル「貫通」

ユニットとしての性能、育成計画
ルナはレベルが1と低くレベル上げがしにくいが逆を言えばレベルアップのチャンスが多く、防御を除いた成長率が高くクラスチェンジすればとても強くなる。
クラスチェンジ後の「貫通」スキルは防御無視のダメージを与えられダメージ軽減スキルを持つ相手にもダメージが通りやすい。
また「治癒」スキルによる回復は序盤ではお世話になることが多い。

後半では三妖精で三位一体を組めばかなり強いユニットとして頼りになる。
しかしルナは防御が低く撃破されやすく、サニーの盗むを活かす為に後衛になる事が多い。
またルナを含めた三妖精を育成するにあたって注意点があり、三妖精は揃ってLV1で加入するので、安全の為にと三位一体で組んで運用したいととだろだが、常に三位一体で運用していると、獲得経験値が大きく減少してしまい成長が遅れてしまいがちになる。
なのでレベルが低いうちは強い味方と行動して弱った敵のトドメをさして経験値を稼いで育てたい。

短所は防御が伸び悩む事であり、LV20まで上げても10まで届かない場合が多い。
ちなみにクラスチェンジ後LV40まで上げても防御の値は20に届かない場合がある(最悪10程度までしか伸びない場合もある)
防御面に不安があり、ルナを先頭で戦わす場合ならレベルアップでの防御アップの吟味か、天界の桃でドーピングをしよう。
もしくは転生の宝玉で再育成もいいかもしれない。
再育成する際は「努力家」スキル持ちのユニットの後衛に着いてレベルアップしよう。